MENU
試打&評価

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバー試打評価レビュー|捕まりは良くて打ちやすいけど。XP-1との違いがわからないぐらいXP-1

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバー試打評価レビュー

本間ゴルフの2021年モデルドライバーである「ツアーワールド GSドライバー」の試打を行いました

今回も今までと同様、弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いました。計測データをもとにどういったドライバーだったのかをレビューしていきます

見た感じでは以前本間が出していたXP-1ドライバーと似たような構造なんですけど、結論から言ってしまうと、捕まり具合も飛距離性能もXP-1とほとんど一緒

デザインこそツアーワールドっぽくはなったけど、結局何が変わったのかわからない・・・というぐらいにそのままという感じ

とはいえ飛距離性能はそこそこ出ますし、捕まりも十分良くて扱いやすいときている。基本性能は高くて多くのゴルファーにメリットがあるのも事実です

でもこれだったら安くなってるXP-1でも良いよなと思うっていうのが個人的な感想ですね

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

本間ゴルフGSドライバーソール

見た目はGSの方がXP-1よりもアスリート感が強くなっているから好きな人は多いかも

ソール後方にウェイトが装着されています。これによって旧モデルと比べて重心角が1.5°大きくなっていて捕まりやすくなっているそうです

Youtubeチャンネルに動画もアップしています

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバーの試打クラブスペック

本間ゴルフGSドライバーサイド

試打クラブはロフト9.5°で純正シャフトSPEEDTUNED 48のS

総重量は297g。振動数は232cpm

XP-1の時よりもシャフト重量がアップしているから総重量も重くなっています

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバーの試打計測データ

スカイトラック本体とipadproスカイトラックで試打計測

▼スカイトラックでの計測データが下記

本間ゴルフGSドライバー試打計測データ

▼平均値が下記

ヘッドスピード46.8m/s
ボールスピード68.6m/s
打ち出し角12.8°
打ち出し方向-0.05°
バックスピン2875.5rpm
サイドスピン-125.8rpm
センターからのブレ-5.7yd
キャリー252.0yd
総距離269.8yd

まず平均キャリーは252ヤード出ています。これは当サイトの基準値であるキャリー250ヤードを上回る数字

飛距離的には十分出ているのかなと感じます

ただバックスピン量が2000台後半の数値だったので、ここでロスが出ているのもわかります

サイドスピンは全体的にフックで、打球傾向はやや強めのドローボール

左へは最大16.8ヤード、右へは16.3ヤード。数字だけみると左右で30ヤード近いブレがありますけど、2球目でタイミングが合わず右にプッシュしてしまったのが理由です

ドロー系なので、左10ヤードから15ヤード程度に落下するのが基本的な形だと思います

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバーの評価

本間ゴルフGSドライバー評価チャート

飛距離性能は250ヤード以上のキャリーが出ているから水準以上は出ています。ただ驚くほど飛ぶって事もないですし、メーカーが+10ヤードを謳っていたほどのインパクトは無かったです

要因の一つとしては初速の出にくさが挙げられます

ここ最近試打をしてみてもめちゃくちゃ飛んだ!と感じるドライバーは平均値で70m/sに迫る傾向があるし正直物足りなさもあります。まあTR-20よりは良いと思います

あとバックスピンが若干多くてロスが出ています。もう一伸びなかった要因ですね

次に方向性と操作性、許容度についてです。捕まりは結構良くて好印象

重心角の大きさからもヘッドは確かに返りやすくて自然にドローが打てるタイプです

基本設計はスライサー向けという印象なんですけど、ヘッドは捕まるほうが個人的にも好きだからこの部分に関しては評価は高いです

あと、シャフトの影響もあると思うけど操作性は乏しいです。色々打ち分けるというよりはオートマチックにドローを打っていけるタイプなんだけど、ミスへは強いし万人向けのドライバー。簡単に捕まるし優しさは感じるので、多くのゴルファーが恩恵を受けられるモデルだとは思います

ちなみにこれぐらいのヘッドスピードならVIZARDのFPかFDでカスタムするのがおすすめです。純正シャフトだとタイミングがとりづらい印象。40m/s程度なら純正で良いです

繰り返しになるけど、TR-20よりは良い(笑)

 

▼ヘッド形状はさすが本間って感じで凄く綺麗です

本間ゴルフGSドライバークラウン

座りも良いし素晴らしいと思います

模様は人によって意見は別れると思うんですけど、ぼくはいらない派

 

▼打音は高めで弾き感を強調した打感。打感はXP-1の方が落ち着いた打球音で好きだった

本間ゴルフGSドライバーフェース

ラジアルフェースというものが採用されているらしいけど、XP-1との違いは打感ぐらいしか感じませんでした

 

▼トウ側まで伸びる結構深めの溝が入っています

本間ゴルフGSドライバースリット

何回言うんだって感じだけど、外観としてはカラーとデザイン以外にXP-1から何が変わったのかは正直なところわからないです

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバーの弾道イメージ

▼スカイトラックでの弾道イメージです

本間ゴルフGSドライバー弾道イメージまとめ

傾向としては明らかにドロー

右上は2球目なんですけど、プッシュした打球です

そのほかは全てフック回転で左側に落下しています。捕まりは申し分なし

 

▼一番飛んだのがこれ

本間ゴルフGSドライバー弾道イメージ

これは初速が70m/sに迫っていてスピン量以外はなかなか良い打球だと思います。これがコンスタントに出ていれば良かったなー

バックスピンが多いからカスタムすれば化ける可能性も残されています。が、ヘッドにそこまでの魅力を個人的には感じていません

本間ゴルフ ツアーワールドGSドライバーの試打動画

まさ
まさ
Youtubeチャンネルに試打動画もアップしています

 

総評

本間ゴルフGSドライバーソール

正直XP-1の焼き直し感が強いドライバーで新鮮味をあまり感じないドライバーでした

本音で言うと、デザイン以外にどこが変わったのか違いがさっぱりわからない。強いて言うなら打音が大きくなって弾き感が増したところぐらいかなと思っています

まあこれでXP-1よりも飛べば良かったんですけど、以前に計測した時と結果がほとんど変わらないし、捕まり具合も変わんなかったです

とはいえ基本的には打ちやすいドライバーだし、スライスは軽減できるから世の多くのゴルファーにとってはプラスの効果が働くとは思います

でもXP-1が安くなっているから、同様の結果を求めるならXP-1でも良いのかなと思います

合わせて読みたい

まとめ【2021】飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ばせるドライバー37機種を厳選紹介!

関連本間TR20 440・TR20 460ドライバー試打&評価|飛距離性能は正直ビミョーか?

関連本間ゴルフ『TR20V』アイアン試打評価レビュー|全てが高次元でまとまった軟鉄ハーフキャビティ

関連本間ゴルフ「TR20Pアイアン」試打評価!コンパクトなポケットキャビティで高い完成度

関連記事