本サイトのコンテンツには、広告もしくは商品プロモーション(PR)を含む場合があります。

試打評価

【試打評価】ハザーダス スモークレッドRDX|飛ぶけど尖りまくったハードな中調子【口コミ・評判】

ハザーダス スモークレッドRDX試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。

今回はプロジェクトX RDXシリーズでは唯一とされる中弾道・中スピンモデル「ハザーダス スモークレッドRDX」の試打レビューです。

捕まりの良い中弾道が売りとのことですが、今回もGCクワッドでの弾道計測とラウンドテストを行ったので率直な感想を先に述べておきます。

メリット
デメリット
  • 弾き感が強く捕まりが良い
  • 低スピンで凄まじい強弾道
  • 軽量傾向だけどかなり硬いので叩ける
  • バックスピン量が非常に少ないのでパワーがないとキャリー不足に陥る可能性あり

日本人向けなハザーダスみたいなことをチラっと聞きましたけどやっぱりハザーダスだなーと思えるほど非常にハードなシャフト

ベンタスブラックよりも手元側が硬くて先端がちょっと動くなぐらいのイメージです。

それでは弾道計測器GCクワッドの詳しいデータを見ながら、ハザーダス スモークレッドRDXについてレビューしていきます。

ハザーダス スモークレッドRDXの概要とスペック(振動数や剛性)

ハザーダス スモークレッドRDX

ハザーダスのRDXシリーズの中で最も幅広い層にフィットするように作られたのがスモークレッドRDXです。

中弾道+中スピンということで、ほぼ低弾道系ばかりのシリーズにとっては貴重な存在となるモデル。手元と中間部を硬めにし先端はミディアムに設定されています。というのがメーカーの説明。

スペック
モデルフレックス重量トルクキックポイント
RDX706.5(X)71g3.7中調子
RDX706.0(S+)71g3.7中調子
RDX705.5(S)71g3.7中調子
RDX606.5(X)60g3.5中調子
RDX606.0(S+)60g3.5中調子
RDX605.5(S)60g4.5中調子
RDX506.0(S+)50g5.5中調子
RDX505.5(S)50g5.5中調子
RDX505.0(R+)50g5.9中調子

50g台〜70g台まで豊富なラインナップ展開をされており、キックポイントは中調子です。

今回ぼくが買ったのは60の5.5。

S相当なのですがカット前重量で60gであることからもわかるとおり、わりと軽量なシャフトです。

じゃあ70の5.5にしてカットすればちょうど良い重さになるかもなーとも思ったんですけど、日和ってしまって60の5.5にしたという感じ。

というようにスペック選びは難しい印象しかありません・・・

ハザーダス スモークレッドRDXのロゴ

手元がワインレッドで中間からブラックになっているデザインです。

RDXシリーズはHexTow®カーボンファイバーを採用し、より安定した挙動を実現しているのがシャフトの最大の特徴と言っていいでしょう。

これは最高品質の航空宇宙グレードの炭素繊維で実際に航空機の建造にも使われている素材です。

ゴルフシャフトにはRDXシリーズで初めて採用され、HexTow®HM54高弾性炭素繊維と高引張強度のHexTow®IM2C炭素繊維と組み合わされています。

ハザーダス スモークレッドRDX 5.5の振動数は272cpm

60の5.5(S相当)での振動数は272cpm。

60g台クラスのSシャフトではトップクラスに硬い数値です。ちなみに振動数だけみればツアーAD CQにかなり近いデータ。

ハザーダス スモークレッドRDXの中間剛性

次にセンターフレックス計で中間剛性を測ってみると5.57kgでした。

手元同様に中間もガチガチです。

手元剛性はツアーAD CQと似ていますが中間部までもしっかり硬いのがスモークレッドRDX。

もう少し先端寄りも計測を行ってみると5.62kg。

このポイントもかなり硬めな設定ですね。

手元〜中間部は相当硬いシャフトで先端に行くにつれてやや緩められているなぐらいです。

静的な計測ではベンタスブラックに良く似ているなと思います。

ハザーダス スモークレッドRDXの試打計測データ

それでは、ここからは実際に打ってみた際のデータを見ていきます。

  • ヘッド:テーラーメイド ステルス
  • ロフト:9.0°
  • シャフト:ハザーダス スモークレッドRDX 
  • フレックス:5.5
  • ボール:タイトリスト プロV1x
4球の平均データ
ヘッドスピード(m/s)45.9
ボールスピード(m/s)65.9
打ち出し角度(°)15.2
打ち出し方向(°)2.7(右)
バックスピン(rpm)1890
サイドスピン(rpm)-343(左)
ピーク時の高さ(yd)33.8
降下角度(°)38.3
センターからのブレ(yd)-6.7左)
キャリー(yd)259.5
総距離(yd)281.9
スマッシュファクター1.44

現在当サイトのドライバーシャフトの計測基準は下記になっています。

  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ
GCQuadで計測

平均キャリーは259.5.ヤードランを含めた総距離が281.9ヤード。(総距離はフェアウェイ上に落ちた場合の想定値)

今回の平均のヘッドスピードはGCQuad計測で45.9m/sでした。

ハザーダス スモークレッドRDX弾道イメージ

わずかに平均キャリーで260ヤードを下回ってしまっているのですが、よく飛んでいるしシンプルに飛び性能は高いです。

ただ、ぼくにとってかなりハードなスペックであることは否定できない。

今回の平均打ち出し角は15.2°。これは当サイトの計測平均値よりは低めなデータです。

さらにバックスピン量は1890回転と非常少ないです。

メーカーが言うように中弾道と言ってもいいかなとは思いますが、スピン量の方はと言うと中スピンというよりは明らかに低スピンでした。

最高到達点はサイト平均で最も低いデータです。打球を抑えたいならいいかも。

ハザーダス スモークレッドRDX弾道まとめ

球筋はこんなイメージです。捕まりは悪くありませんが、ややドロップ気味の打球であることは否めません。

硬すぎて捕まりすぎている感はあるけれど、右に吹かすようなミスは全くというほど出なかったです。

1球だけプッシュアウトが出ているけど硬めなだけあってまとまりはあります。

安定性はまずまずといったところ。

ハザーダス スモークレッドRDXのレビュー

手元から中間までというより全体がかなり硬いシャフトです。

正直言ってここまでスペックダウンをしなければいけないと感じさせらるのは稀なほどで、市販されているモデルの中でも屈指のハードなシャフト。

ですが、スペックを下げたら重量もだいぶ軽くなってしまう所があるのでスペック選びは相当難しい印象です

軽くてもめちゃくちゃ硬いシャフトにしたいというように、明確にセッティングイメージができているなら良い選択肢にはなるかもなとは思います。

ハザーダス スモークレッドRDXの全体のデザイン

「手元部と中間が硬く先端がミディアム」というメーカーの説明は、優しそうな印象を受けますが実際は罠なんじゃないかなと思っています。

手元と中間が相当硬いので、それに対しては相対的にミディアムですが、そもそもの設定が超硬いから注意は必要です。

イメージしやすいところで言えばベンタスブラックよりも手元から中間は硬くてしなり感はほとんどありません。が、先端がほんのわずかに動くので捕まりはこっちが良いですよって感じです。

今回もチャートを作ってみましたがこのような感じ。

低スピン性能は全メーカー中でも屈指の性能です。バックスピン量を効果的に抑え込めるのが強みとなります。

また弾道も低くなりやすいのでヘッドスピード50m/s超えの超パワーヒッターでどうやってもボールを抑えられないというような方には最適です。

そういう方が打てば飛び性能は随分高くなると判断して9点を付けています。残念ながらぼくでは飛び性能を引き出すことは難しかったです。スイングスピードに自身があるなら使ってもらいたい。

しなり戻りに関しては、しなり量が小さいところからインパクトでバチッと弾く感じがあるので速い方に感じます。

ハザーダス スモークレッドRDXのまとめ

ハザーダス スモークレッドRDX

総合評価(3.5)

低スピン性能と弾道が抑えやすいのでパワーヒッターにとってはハマれば相当な飛距離が手に入ります。

メリット
デメリット
  • 弾き感が強く捕まりが良い
  • 低スピンで凄まじい強弾道
  • 軽量傾向だけどかなり硬いので叩ける
  • パワーがないとキャリー不足に陥る可能性あり
  • スペックダウンすると重量も軽くなるので注意

おすすめな人

  • ヘッドスピード50m/s以上でしっかりした弾き系中調子を探している人
  • バックスピン量をとにかく抑えたい人
  • 硬いけど右に吹かすミスを減らしたい人
  • 軽くてかなり硬めの中調子シャフトを探している人

合わせて読みたい

関連飛ぶカスタムシャフトおすすめ人気ランキング【ドライバー・フェアウェイウッド用】

関連【試打評価】ベンタスTRレッド|初代以上の弾き感と捕まり【口コミ・評判】

関連【試打評価】ベンタスTRブラック|硬い硬い硬い!だけど安定して超飛ぶシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】ベンタスTRブルー|これは叩ける!超安定の低スピンフェードシャフト【口コミ・評判】

関連テンセイプロホワイト1K試打評価レビュー|飛距離性能を維持しながら安定性を向上できる有能シャフト

関連【試打評価】三菱ケミカル カイリブルー|これは流行っても良い。スムーズなしなりのロースピン中調子シャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】カイリホワイト|ローフェードを操れる三菱の新ブランドシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】TENSEI PROオレンジ1K|無類の安定感だけどスペック選びに注意【口コミ・評判】

関連【試打評価】TENSEI Proブルー1K|ヘッドを選ばない万能シャフト【口コミ・評判】

関連プロジェクトXの新シャフト「DENALI」がツアーに登場。中弾道・中スピン系モデルか

 

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
アッタス11(ジャック)試打評価レビュー 試打評価

アッタス11(ジャック)試打評価【口コミ】しなり感はあるが方向安定性が高く、気持ちよく打てる万人向けカスタムシャフト

2019年11月26日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
人気カスタムシャフトであるアッタスの11代目となる「アッタス11(ジャック)」をようやく試打することができました ツアープロからの評価 …
テーラーメイドTp5&TP5X試打レビュー 試打評価

テーラーメイド『2019年モデル/TP5&TP5X』試打評価レビュー|今最も勢いのあるツアー系ボールの実力を徹底検証

2019年3月18日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです このページでは、テーラーメイドの2019年モデルのボールである『TP5』と『TP5X』の試打を行い、評価レビューをしていま …