アイアン

ケプカ使用のミズノJPX900 Tourの特徴と最安値取扱店まとめ

どうもまさです

2018年メジャー2勝を上げたブルックス・ケプカの愛用アイアンミズノ JPX900 Tourアイアン

US限定モデルで日本未発売ですが、今かなり話題のアイアンということで特徴と最安値で購入可能な取扱店についてまとめてみましたので参考にしてみてください

ミズノ JPX900 Tourアイアンの概要

ミズノのJPXシリーズのアイアンといえば大型のキャビティバックアイアンというイメージですが、JPX900 TourアイアンはUS限定モデルでガラリとイメージが変わっています

MPシリーズと同等の打感とJPXの飛距離性能と寛容性を併せ持った名器といえます

日本未発売モデルというのが不思議なくらいの完成度のアイアンです

スペック

素材本体:マイルドスチール(S25CM)精密鍛造/1025E
仕上げニッケルクロムメッキ・サテン仕上げ
番手3456789PW
ロフト(度)2124273034384246
ライ角59.560.060.561.061.562.062.563.0
バンス角22233456
長さ38.7538.2537.7537.2536.7536.2535.7535.50
総重量395406415425435444454462
バランスD2D2D2D2D2D2D2D2.5
シャフトスペック
シャフトダイナミックゴールド AMT
フレックスS300
重量112g〜130g
キックポイント手元調子

ロフトはノーマルロフトで特段立っているわけではなく従来のロフトを使っている方は距離感も問題なく使用できるでしょう

又、標準装着されているシャフトはトゥルーテンパー社のダイナミックゴールドAMT、このシャフトは番手フロー設計になっていて長い番手になるにつれ3グラムずつ重量が軽くなっていくシャフト

ダイナミックゴールドのフィーリングを残しながら振りやすさが向上しているシャフトです

有名な使用プロでいうとアダム・スコットや谷原秀人が使っています

ミズノ JPX900 Tourアイアンの特徴

MPシリーズと同等の打感にJPXのやさしさをプラスしたツアーモデル

コンパクトヘッドでヘッドのトップラインは薄め、ソール幅も狭く設計されているのでどんなライからでも抜群の抜けが味わえるアイアンです

コンパクトなヘッドサイズながらJPXシリーズで培った重心設計技術でボールが上がりやすく、芯も広めなのでミスヒット時の飛距離ロスにも寛容です

ミズノの特許「グレインフォージド」製法

超厳選素材であるマイルドカーボン鋼「S25CM」を使用し、更にミズノの特許「グレインフォージド製法」で作り上げた軟鉄鍛造アイアンです

打感はミズノの人気モデルMPと同等の吸い付く打感です

傷が目立たず反射を抑えるサテン仕上げ

メッキの仕上げが光沢を抑えたサテン仕上げになっていて、反射を抑える効果と傷が目立ちにくいという特徴があります

ミズノ JPX900 Tourアイアンの取扱店

楽天でも取扱いがありますが、やや高い値段設定になっていました

最安値で購入可能な取扱店を探したところUS直輸入の老舗ショップ「フェアウェイゴルフ」が最も安かったです(3万円〜4万円ぐらい変わりました)

ぼくも普段USモデルを購入するのに利用させて頂いているショップで購入画面も非常にわかりやすくて信頼できるおすすめのショップです

 

ミズノ JPX900 Tourアイアンのまとめ

ブルックス・ケプカの使用で話題性十分のJPX900 Tourアイアン

日本未発売で国内で持っているかたはほとんどいないレア物といえます

かなりの人気商品で在庫不足になっている店もでてきているので気になる方は早めにチェックするのをおすすめします

以上、ケプカ使用のミズノJPX900 Tourの特徴と最安値取扱店まとめ。という話題でした

関連記事