MENU
試打&評価

ミズノ JPX921フォージドアイアン試打評価レビュー|驚異の性能で2020年最強候補

ミズノ JPX921FORGEDアイアン試打評価レビュー

ミズノの2020年モデルアイアンであるJPX921フォージドアイアンの試打を行いました

今回からは弾道計測機のmevo+を使ってデータ計測を行いましたので、mevo+での計測データをもとにどういったアイアンだったのかをレビューしていきます

高強度で反発力に優れたクロムモリブデン鋼をフェース素材に採用し初速性能を向上。さらにマイクロスロット構造によって高初速エリア自体も大きく拡大しているとのこと

JPX921シリーズではちょうど中間に位置するようなモデルです

ミズノ JPX921 Forgedアイアン0000

ミズノ JPX921フォージドアイアンの試打クラブスペック

試打にはミズノ JPX921フォージドアイアンの7番アイアンにMODUS105のSを装着しています

7番でロフト角は31°、ライ角61.5°、重量は422g、バランスはD1です

やや立ち気味ではありますが極端なストロングロフトではないですね

 

ミズノ JPX921フォージドアイアンの試打計測データ

ミズノJPX921フォージド試打計測データ

JPX921アイアンのまずは飛距離部分を見てみると、7番アイアンのロフト角31度としてはキャリーがかなり出ていてはっきり言って飛ぶアイアンであります

同ロフト帯のアイアンと比べても5ヤードから7ヤードほど飛んでいて驚異的な数値で、正直めちゃくちゃ驚いています

キャリーのバラつきも4ヤードぐらいなので安定性に関しても許容できるレベルにあるかと思います

そしてスピン軸を見てみるとすべてドロー系の回転となっていて捕まりも良好です

ミズノ JPX921 Forgedアイアン弾道イメージ0003

着弾地点は最大で左に12.1ヤード地点、最小は左に2.9ヤードと左側に終始集まっていますが、10ヤード以内のブレ幅となっていて結構安定性も高い印象です

最高到達点も平均値で31ヤードと高さも十分出ています

そしてバックスピン量はロフト角を考えれば多い方で平均値6200rpmとなっています

データ的には個人的に最高レベルの結果でした

ミズノ jPX921フォージドアイアンの評価

ミズノJPX921Forgedアイアン評価チャート

評価チャートを作成したところこんな感じになりました

まず飛距離に関しては満点評価です

7番アイアンでロフト角31度というスペックですが、ロフト角を考えると素晴らしい飛距離性能です

同じぐらいのロフト帯のモデルと比較しても明らかに飛んでいるし、目に見えて飛んでいます

それでいてバックスピン量が6000rpm以上入っている点がとにかく驚きで、やはり初速が出ているということなんですけど

フェース素材に使われているクロモリ鋼の効果なのかもしれませんし、初速アップを図るテクノロジーの効果はしっかりと実感できる結果となりました

あとキャリーのバラつきも4ヤードぐらいで安定感もあります

今回打った中で4球目はトップ気味だったのですが、それでも163ヤードとんで高さスピン量ともに十分

上下の打点ブレにも非常に強さを感じました

 

▼一貫性のある弾道

ミズノ JPX921 Forgedアイアン弾道イメージ0002

球筋は一貫してドロー系で捕まりは中々いい感じです

全体的に左に集まる傾向がありましたが、逆球も出ずに左右方向への安定度も優秀かと思います

ぼく自信は普段スライス傾向の打球を打っているんですけど、それでもこれだけしっかり捕まるという結果です

 

▼上からと横からのバラつき具合

高さのバラつきが本当に小さいのも素晴らしいです

3次元的にみても打球がしっかりと揃っている上に飛距離性能も高く、ミスへの許容度も優秀

とにかく2020年モデルの中でも最高クラスのアイアンでシンプルにおすすめできるアイアンです

まあ飛距離がいらない方には魅力はあんまりないかもしれませんが、飛んだ方が基本的には有利になるのでこのアイアンの強みはそのままメリットになる方が多いハズ

 

▼ちょっとグース気味だけど、ヘッド形状は綺麗で構えやすい

ミズノ JPX921 Forgedアイアン0005

わずかにグース気味ですが、形状的には癖がなくて構えやすい顔です

JPX921ホットメタルではフェース長の長くて少し気になる感じがありましたけどこちらはそれが無いのが嬉しいところ

見た目も損なわずに飛距離性能を引き出せている点が良いですね

 

▼ソール幅は適度な広さ

ソールは狭くもないけど広すぎるわけでもない中間ぐらいのサイズ感

見た目よりもフェース下目でのヒットでもしっかり上がってくれました

 

▼素材を考えると頑張っている打感

ミズノ JPX921 Forgedアイアン0001

やはり素材のクロムモリブデン鋼ということで、少し硬さを感じるのが正直な感想です

JPX921ツアーを打ったあとだとやはり違いがはっきりとわかります

個人的には良い打感とは感じないですけど、飛んで安定性もあるので十分許容できる部分かなとは思います

 

ミズノ JPX921フォージドアイアンの弾道イメージ

▼mevo+での弾道イメージです

ミズノJPX921フォージド弾道まとめ

弾道はドロー系

普通に打てば自然に捕まるといった感じの挙動でした

極端なフッカーの方以外であれば問題なく使える捕まり具合

ミズノ JPX921フォージドアイアンの試打動画

 

総評

ミズノ JPX921 Forgedアイアン0000

高弾道でスピンもかかる、それでいて飛距離もしっかり出る

これ以上ない性能で、打感以外の部分では非常に完成度の高いアイアンと感じました

捕まりも程よくといった感じだし、トップ気味でもしっかり打球が上がってくれたりとミスへの強さも嬉しいポイントかなと思います

2020年後半発売のモデルの中ではスリクソンのZX5アイアンもかなり高評価でおすすめですが、さらに飛距離が必要という方はJPX921フォージドを選択するのが良さそうですね

おすすめ度:

 

JPX921フォージドをなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん(2万円ぐらい安いです)

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSPEEDZONEやSIM MAX Dなどを購入しています(昨年はEPIC FLASH)

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

 

合わせて読みたい

まとめ【2020】中級者向けアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

まとめ【2020年】アイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【最新版】

試打レビューミズノ JPX921ホットメタルアイアン試打評価レビュー|高初速はウソじゃない新時代の飛び系アイアン

試打レビューミズノ JPX921ツアーアイアン試打評価レビュー|モダンなツアー系アイアン

関連記事