MENU
パター

2021年モデル ミズノM.CRAFTパターが発表。Ⅳ、Ⅴ、Ⅵの3モデルをラインに追加

2021ミズノ M.CRAFTパターに3モデルが追加

ミズノから2021年モデルとなるM.CRAFTパターⅣ、Ⅴ、Ⅵの3モデルが発表されました

ミズノが2020年1月(日本では2020年秋冬)。本格的にパター市場に打ってでた、軟鉄削り出しのM.CRAFTパターⅠ、Ⅱ、Ⅲに追加されるカタチです

新作の発売日は2021年2月4日。価格は299ドル

既存モデルは日本で40,000円で販売されていました

正直このパターはUSモデルを選択するほうがおすすめですね。長さも一緒だし、日本モデルはカスタムオーダー不可という謎仕様なのに価格だけが高い

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

日本モデルのメリットとしては2年間の保証が付くから、そのあたりが不安な方は日本国内モデルを選ぶのがベスト

2021 ミズノ M.CRAFTパターⅣ、Ⅴ、Ⅵ

ヘッド素材にはミズノの軟鉄鍛造アイアンと同硬度のS25Cが採用されています

さすがミズノってことで、M.CRAFTのパターの打感に関しては世界的にも評価が高かったのが記憶に新しいところ

ディープミーリングのフェースだから打感は柔らかめではあるけど、しっかりした打音が出るタイプで、距離感を出しやすいパターです

ヘッドパターンは下記の3つ

  • Ⅳ→ショートスラントネックで、ミッドサイズのディープスクエアバック
  • Ⅴ→ショートスラントネックのディープマレット
  • Ⅵ→ヘッド重量を増したフェースバランスの翼のあるマレット(クワガタ系)

 

ヘッドの仕上げのパターは下記の3種類

  • ホワイトサテン
  • ミズノブルーイオン
  • ミズノブラックイオン

ミズノのウェッジにもあるけど、ブルーイオンの仕上げは普通にカッコいい

USモデルでは、KBSツアーシャフトにラムキンのディープエッチングフルブルーコードグリップを装着されます

日本モデルが発売されるとしたら、グリップはゴルフプライドのツアートラディションになるはず。シャフトは不明

長さは恐らく34インチだと思います

 

▲ウェイトキットも付属

標準では8gのウェイトが2つ装着され、3gと13gのウェイトに交換することが可能

 

▲ヘッドカバーは既存モデルと一緒で、プレミアムパッチを付いたM.CRAFTカバーが付属します

おなじみのミズノカラーだけど、シンプルでカッコいい

ミズノ M.CRAFTのおすすめ取扱い店情報

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップです。コブラSPEEDZONEやSIM MAX Dなど多数購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

関連SIM2フェアウェイウッド・SIM2レスキューが適合リストに掲載|ハイブリッドが2機種に復活

関連テーラーメイド2021年モデル「SIM2ドライバー」が公開|高慣性モーメント低スピンらしい

関連キャロウェイ EPIC MAX・EPIC SPEEDが適合リストに掲載。気になるAIフレーム

関連記事