MENU
新製品情報

ミズノST-G 220ドライバーが適合リストに掲載。ウェイト調整機能を搭載

ミズノST-G220ドライバーUSGA適合リストに掲載

ミズノの世界戦略ブランドであるSTシリーズの最新作と思われるドライバーがUSGA適合リストに掲載されました

モデル名は「ミズノ ST-G 220」

STシリーズ2021年モデルとしては3モデル目にあたります

ST-ZST-Xの国内モデルは2021年3月12日発売
まさ
まさ
ST-Zは当サイトでも試打計測を行っていますが、飛距離性能の素晴らしいドライバーであったことから期待はできます

ミズノ ST-G220ドライバー

ミズノ ST-G220ドライバーミズノ ST-G220ドライバー

2021年モデルとして発売されているST-ZやST-Xと異なる点はソールのトウ側とヒール側にそれぞれ配されている「ウェイト調整機能」、さらにヘッド後方部に記載されている「HIGH」の文字です。220は単にモデル名のはず

この調整機能を見て、まず初めに思い出すのがSTシリーズでは最大の調整機能を持っていた「ミズノST190 G」。恐らくこのドライバーの後継にあたるはず

調整幅はST-G220の方がパッと見は狭そうに見えますが、恐らくほとんど変わらないのではないかと思えます

ST-Gのフェースにはベータチタンが採用されているとのことで、ここに関してはST-ZやST-Xと同様

ウェーブテクノロジーも搭載されています

まさ
まさ
やはり気になるのが「HIGH」の文字。ここにも調整機能があれば面白い

現在適合リストには9°のロフトのみがアップされているので、ロフトバリエーションは1種類の可能性もあり

冒頭にも言いましたがST-Zがかなり飛ぶドライバーであったので期待はできます

今後新たな情報が入り次第、随時更新していきます

記事タイムライン

合わせて読みたい

関連ドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶドライバーを厳選紹介

関連記事