新製品情報

ミズノST-G 220ドライバーが正式発表。ウェイト調整機能を搭載

ミズノST-G220ドライバーUSGA適合リストに掲載

ミズノの世界戦略ブランドであるSTシリーズの最新作と思われるドライバーがUSGA適合リストに掲載されました

追記:2021年9月13日、正式にST-G220ドライバーの発売が発表されました

モデル名は「ミズノ ST-G 220」

STシリーズ2021年モデルとしては3モデル目にあたります

ミズノゴルフUS公式サイト

ST-ZST-Xの国内モデルは2021年3月12日発売
まさ
まさ
ST-Zは当サイトでも試打計測を行っていますが、飛距離性能の素晴らしいドライバーであったことから期待はできます

合わせて読みたい

関連ドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶドライバーを厳選紹介

ミズノ ST-G220ドライバーが適合リストに掲載

ミズノ ST-G220ドライバーミズノ ST-G220ドライバー

2021年モデルとして発売されているST-ZやST-Xと異なる点はソールのトウ側とヒール側にそれぞれ配されている「ウェイト調整機能」、さらにヘッド後方部に記載されている「HIGH」の文字です。220は単にモデル名のはず

この調整機能を見て、まず初めに思い出すのがSTシリーズでは最大の調整機能を持っていた「ミズノST190 G」。恐らくこのドライバーの後継にあたるはず

調整幅はST-G220の方がパッと見は狭そうに見えますが、恐らくほとんど変わらないのではないかと思えます

ST-Gのフェースにはベータチタンが採用されているとのことで、ここに関してはST-ZやST-Xと同様

ウェーブテクノロジーも搭載されています

まさ
まさ
やはり気になるのが「HIGH」の文字。ここにも調整機能があれば面白い

現在適合リストには9°のロフトのみがアップされているので、ロフトバリエーションは1種類の可能性もあり

冒頭にも言いましたがST-Zがかなり飛ぶドライバーであったので期待はできます

 

ST-G220ドライバー正式に発表:21年9月14日追記

ST-G 220ドライバーの発売に関する正式アナウンスが行われました。USモデルの価格は499.95ドルで、10月14日発売です

今作も4度のロフト調整機能を搭載し、7度から11度まで変更が可能2つのウェイトをトウ側、ヒール側、ヘッド後方に好きなように配置することで好みの重心位置へと変更して弾道をカスタマイズできるギミックが搭載されます

 

今後新たな情報が入り次第、随時更新していきます

記事タイムライン

関連記事
新製品情報

テーラーメイドのP7MCアイアンがヨーロピアンツアーで発見される!2020年モデルのハーフキャビティモデルか?

2020年7月23日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ローリー・マキロイが2020年モデルと思われるテーラーメイドP7MBアイアンを実戦投入したことで話題になっていますが、ヨーロピアンツアーのベ …
フライトスコープmevo+の情報まとめ 新製品情報

フライトスコープmevoの進化版「mevo+」がPGAショーでお披露目。計測項目が増えて実用性が向上

2020年1月23日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ゴルフ用の弾道計測器も年々進化を重ねていますが、現状最もコンパクトなサイズ感で、詳細なデータを計測できることでも知られる「FliteSc …
新製品情報

コブラ、RADSPEED限定モデル「メジャーコレクション」を発表。全部で4カラー

2021年4月7日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
コブラゴルフはRADSPEEDドライバーに限定版「メジャーコレクション」を発表 ヘッドには2021年の男子メジャー大会にちなんだカラーバリ …
新製品情報

【2017】キャロウェイからAPEX MBというくそカッコイイ、マッスルバックアイアンが発売されるぞ!

2017年10月27日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最終更新日:2018年1月30日 どうもまさです。 キャロウェイのX-FORGEDに気おとられていましたが、めちゃくちゃカッコイ …