MENU
新製品情報

【2023年モデルか】ミズノ ST-Z230、ST-X230が適合リストに掲載

ミズノの2023年モデルとされるST230シリーズが適合リストに掲載されました。

現在はドライバー3本、フェアウェイウッド1本、ユーティリティ1本の計5本がリストオンしています。

2022年3月にST220シリーズが発売しているので、ST230の発売も2023年春になることが予想されますが、今回はかなり早い時期での新作の登場となりました。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ミズノST230シリーズが適合リストに掲載

ST-Z230ドライバー

まずはST-Z220の後継モデルとなるST-Z230ドライバーです。

ソール後方にはカーボンが使用されていて、クラウンにもカーボンで採用されています。

注目すべきはST220シリーズで搭載されていた、ウェイブテクノロジーが確認できない点と、それの代わりになるのか「CORTECH CHAMBER」という文字がソール前方に記載されている点です。

なにやらインサートのようなものが搭載されているような雰囲気ですが、どういったテクノロジーなのかが気になるところ。

ソール後方にはウェイトが装着されています。

ST-X230ドライバー

こちらがST-X220の後継モデルとなるST-X230ドライバーです。

後方のウェイトがST-Z230とは異なり、ややヒール寄りに装着されているドローバイアスなモデル。

CORTECH CHAMBERというテクノロジーはこちらも同様に搭載されています。

 

新ラインナップなのか、ST-X230 PLTNMというモデルもリスト掲載されていました。

外観上はST-X230と変わらなそうに見えます。

 

ST-Zフェアウェイウッド

現在ST-Z230のフェアウェイウッドのみが掲載されていました。

ST220ではXのみしか無かったのに、今度はZというところが謎です。

こちらにもドライバーと同様にCORTECH CHAMBERの文字が記載されています。

嬉しいポイントとしては調整機能が搭載されているところでしょう。

 

ST-Z230ユーティリティ

ユーティリティもZのみが掲載されています。

ST220ではXのみだったので、フェアウェイウッド同様に謎。

さらにカチャカチャ付きも同じです。個人的にユーティリティでカチャカチャが搭載されているのは嬉しいポイントです。

ユーティリティでもウェイブテクノロジーは廃止されいる模様。

ミズノST230シリーズのまとめ

適合リストに掲載された段階なのでこれ以上の情報は今の所ありません。

今後新たな情報が入り次第随時更新していきたいと思います。

合わせて読みたい

関連【試打評価】ミズノ ST-Z 220ドライバー|異次元の安定性を誇る曲がらないドライバー【口コミ・評判】

関連PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PINGの2022年モデルか?「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

関連【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

関連スリクソン ZX7ドライバー試打評価レビュー|飛びは本当に凄い

関連スリクソン ZX5ドライバー試打評価レビュー|見事な安定度と飛距離性能

関連テーラーメイド ステルスグローレが適合リストに掲載。カーボンフェース+カチャカチャを採用。2022年秋に発売か

関連コブラ2023年ドライバーと噂されているAEROJETドライバーのリーク画像が削除される

関連【試打評価】ミズノ JPX923フォージドアイアン|飛びは並だけど優しさと打感は素晴らしい【口コミ・評判】

関連【試打評価】ミズノ JPX923ホットメタルプロアイアン|バランスの良い小ぶりな飛び系【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事