MENU
シャフト新製品情報

【GOST】MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEELの発売日10月25日発売!待望のユーティリティ用シャフトがついに購入可能になるぞ

modus3 graphite on steel
まさ
まさ
どうもまさです

以前「スチールとカーボンの融合?『MODUS3 GraphiteOnSteel』ハイブリッド用シャフトの情報まとめ」という記事も書いていますが、modusシリーズから待望のユーティリティ用シャフトの発売が決定しました

松山英樹プロもユーティリティクラブに装着するなど、世界的にも非常に話題になっていたシャフトです

製品が発売された際には実際に購入してレビュー記事をアップしたいと思います

そしてこの記事では、「MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEEL TECHNOLOGYのシャフトの特徴」についてクラフトマンである私がご紹介していきたいと思います

 

【モーダス125】MOUDUS3 SYSTEM3 Tour125試打評価レビュー|このシャフト、かなり良い!モーダス125シャフトがどういったシャフトがお調べですか? 日本シャフト人気スチールシャフトシリーズ モーダスの中から『NS PR...
モーダス3 Tour130
NS PROモーダス3 Tour130 試打評価レビュー【比較データ付き】|癖のない振り味に加えて距離のバラツキが少なく安定感抜群 コントロール性能やメイドインジャパンのクオリティによる品質の高さから国内外のツアープロやトップアマに絶大な人気を獲得した日本シャフト...

MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEELの特徴について

modus3 graphite on steel
  • スチールとカーボンの良いところどり
  • かなりの高重量モデルなので、ヘッドスピードが速い方向け
  • 松山英樹プロも長期間使用中のユーティリティ用シャフト

プロトタイプの段階ではGRAPHITE ON STEEL TECHNOLOGYの頭文字を取り、「GOST」と呼ばれていたスチールとカーボンを組み合わせた画期的なユーティリティ専用のシャフトです

気になる構造としては超軽量のスチールシャフトの上から、特許技術を駆使してカーボンシートを接着しているところで、今までにないフィーリングになりそう

このスチールとカーボンの融合によってカーボンシャフト特有の剛性コントロールのしやすさによる、打球の上げやすさ、飛距離性能の高さに加えてスチールシャフトのねじれの少なさによる方向安定性やスピンコントロールの向上が見込めます

スチールとカーボンのメリットのみを融合させてモデルで、今後のシャフト開発にも非常に影響を与えそうなシャフトです

まさ
まさ
プロトタイプと違い、GOSTの文字が赤色になっていてカッコいい

松山英樹も使用していることで大きな話題に・・・

松山英樹が使用するPINGのG410ハイブリッドや、全英オープンで使用したテーラーメイドP790UDiなどでも装着しているのが、今回新たに発売されるmodus3 graphite on steel

アイアンやウェッジ以外のクラブやシャフトに関しては比較的頻繁に変更する松山英樹プロですが、ことユーティリティ用のシャフトに関してはかなり長い期間MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEEL TECHNOLOGYを使用していることを考えてもかなりの性能の高さが伺えます

modusシリーズの共通点としては、操作性、コントロール性、正確性と、ボールを操ることに長けたモデルなので、今回のMODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEEL TECHNOLOGYもコース長の長いPGAツアーで200ヤード以上の距離を正確に狙っていくうえでも武器になっているのでしょう

【2019】松山英樹クラブセッティング
【2019】松山英樹のクラブセッティング|ドライバーの長さやバランス、シャフトなどのスペックを詳しく解説2019-2020シーズン版の松山英樹プロのクラブセッティングの紹介した記事です(最終更新日:2019年10月13日) 松山英樹プロの...

 

スペック的には高重量なモデル

フレックス重量
S92.5g
TOUR X92.5g
X102.5g
TOUR X112.5g

現状のスペックは4種類

最も軽いものでも92.5gと重さがあります。スチールシャフトがベースになっていることや、ツアープレーヤーなどが使用することを考慮した設計からも、ハードなスペックである事は否めません

内部のスチールシャフト自体は70gだそう

ドライバーでのヘッドスピードが45m/s以上出せる方でないと正直このシャフトのメリットの恩恵を受けるのは厳しいところでしょう

逆にヘッドスピードが速い方であれば、従来のカーボンシャフトよりもコントロール性を上げながら飛距離性能もアップさせることが可能なモデルといえそう

まさ
まさ
ドライバーのシャフトで60g台のシャフトを使用している方や、アイアンで100g以上のシャフトを装着している人がちょうど良い重さ

 

トルクは思ったよりもあるし、剛性分布を見てもクセがあまりなさそう

フレックストルク
S2.7
TOUR S2.7
X2.5
TOUR X2.3

スチールシャフトベースだと聞くとやはりハードな印象を受けやすいですが、スペック表からトルクを見てみると、90g台のユーティリティ用カーボンシャフトとしてはオーソドックスなトルクの設定

これを見てもわかるようにやはりカーボンシャフトよりのシャフトだなーという印象

同じような重量帯であるMODUS105だとRシャフトでもトルクは1.9、MODUS120のRだと1.8なので、通常のスチールシャフトとは大きく異なるようですね

MODUS3 HYBRID合成分布

この合成分布図はMODUS105との比較ですが、注目すべき点はシャフト手元側の剛性の高さでしょう

同じ手元調子の表記ですが、HYBRIDの方が手元側のしなりは少なさそうだなとは感じます

そうなると相対的に中間から先端よりの動きが出てきそうなので、弾道の高さやスピン量が増えることが予想されます

まさ
まさ
このあたりのフィーリングに関しても試打を行った際にはしっかりと確認したいところ

MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEELのツアープロの評価や感想

塚田好宣プロもMODUS3 HYBRIDをテストして好感触を得ているようで、アイアンまでこのシャフトにしたいというほどの評価の高さです

まさ
まさ
実際ロングアイアンに装着してみても面白そう

 

MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEELの発売日

発売日は2019年10月25日という予定になっています

まさ
まさ
購入可能になったら速攻で買います

2019年10月6日追記:予約注文が可能になりましたので、早速購入しました

 

まとめ

MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEEL TECHNOLOGYの最新情報でした

待望のユーティリティ用シャフトがついに発売されるということで、今からどのヘッドに装着しようか考えるのが楽しみです

購入してリシャフトした際には試打レビュー記事もアップしますのでご期待下さい

以上、【GOST】MODUS3 HYBRID GRAPHITE ON STEELの発売日10月25日発売!待望のユーティリティ用シャフトがついに購入可能になるぞ。という話題でした

 
TENSEI(テンセイ)CK Proオレンジハイブリッド試打評価レビュー:強弾道で安定性抜群の意外と優しいユーティリティ用シャフトTENSEI(テンセイ)CK Proオレンジハイブリッドの試打評価レビューです ウッド用カーボンシャフトとして現在プロ・アマを問わず大...
【2019年版】ユーティリティ用カスタムカーボンシャフトおすすめモデル9選どうもまさです ユーティリティが大流行していてアベレージゴルファーからトップアマ、はたまたトッププロまで多くのゴルファーが愛用していま...




関連記事