MENU
試打&評価

【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズ|特徴&種類をわかりやすく解説

【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズ

日本シャフト N.S.PRO レジオフォーミュラプラスシリーズの特徴と選び方について解説していきます。

日本シャフトはN.S.PRO 950GHやMODUSシリーズをはじめとした、スチールシャフトが有名ですが、ウッド用カーボンシャフトも非常に高性能です。

個人的にもレジオフォーミュラMBプラスを愛用しており、そのしなやかと安定性の高さに惚れ込んでいます。

最近だと、稲見萌寧選手がレジオフォーミュラMプラスをキャロウェイ マーベリックに装着して使っていることでも話題です。

【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズ1

そこでこのページでは、レジオフォーミュラ プラスシリーズ3本を実際に購入した筆者が、GC Quadの弾道計測とスペック計測のデータをもとに特徴についての解説とラインナップの紹介をしていきたいと思います。

シャフト選びの参考にしていただけると幸いです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます

N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズの概要と特徴

【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ プラス

日本シャフトにはアイアン用スチールシャフトの代表格となったMODUS(モーダス)シリーズがあります。

世界的にもツアープロ使用率が高まっており、高性能のみならず、高精度で高品質な点が評価されています。

そして今作、レジオフォーミュラプラスシリーズはそんなMODUS3とのマッチングを最適化するためのプレミアムカーボンシャフトというのがコンセプトのシャフトです。

MODUSシャフトを使っている方は是非ともドライバーやフェアウェイウッドに装着するカスタムシャフトの候補に、レジオフォーミュラプラス加えてみるのがおすすめです。

 

16軸組布の採用によって安定性をアップ

多軸組布シート

レジオフォーミュラプラスは16軸組布を採用していることが最大の特徴です。

ただし全体に16軸シートが使われているわけではありません。

  • 全長に7軸シート
  • 部分的に9軸シート

このように多軸シートを部分的に組み合わせることで、モデル毎に各部の剛性を調整することで特性に変化に持たせています。

多軸組布シートのメリットは下記

  • 周方向の強度が増す
  • シャフト挙動の安定性向上
  • 楕円化を防ぎつつ扁平復元力をアップ

当然コストはかかりますが”高弾性素材を使った素早くしなり戻るシャフト”や、”しなりの大きいシャフト”など、大胆な設計が可能になるメリットがあります。

 

T1100Gとナノアロイを搭載。弾き感はあるが安定性もプラス

レジオフォーミュラプラスには高強度・高弾性率の炭素繊維であるトレカt1100Gが使用されています。

ロケットや航空機など、高級宇宙分野でも活用される現在のところ最高強度の炭素繊維だと言われている素材です。こちらをシャフト全長に配しています。しなり戻りが素早くなり、弾き感のアップに一役買っています。

また、ナノアロイという素材も使用。これはツアーAD DIなどにも使われていることが有名ですが、シャフトの安定性を向上させる効果があります。

ナノアロイとは

 

低トルクの割にしなやかで扱いやすい

【試打評価】日本シャフト レジオフォーミュラMB+6

レジオフォーミュラプラスシリーズはスペック表をみると低トルクなのが目に付きます。

トルクはシャフトのねじれ戻りを数値化したものですが、数値が小さくなるほどスイング中の遊びが少なくなり、操作性がよくなるといわれています。

低トルクのシャフトは剛性的にも硬めのものが多いことが多く、フィーリングとしてはしなりが少なくピンピンした印象になりがち。

ところがレジオフォーミュラプラスはシリーズを通して不思議としなやかでマイルドな振り心地です。

これが良いか悪いかは別として、ハードすぎないフィーリングで余計な力が入らずスムーズに振っていくことができます。

ぼくはこの部分が一番気に入っているところで、とにかく振りやすくてタイミングがとりやすいシャフトです。

N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズのラインナップと特徴について紹介

N.S.PRO レジオフォーミュラ Mプラス

【試打評価】レジオ フォーミュラM+8
  • シリーズ中で最速のしなり戻り
  • 弾き感の強いシャフトが好みな方におすすめ
  • 走るけれど暴れにくい
  • モーダス130とベストマッチ

シリーズのなかでは一番手元と中間剛性が高く設定されています。

相対的に先端側に最も動きが出るように調整されており、しなり戻りが非常に速いことが特徴です。

振ってみると弾きの強さがわかりやすく伝わってくるのがハッキリとわかります。

当然、弾きを生かして飛距離を伸ばしやすいタイプなのですが、この手のタイプでは方向安定性にも優れているのがメリット。

【試打評価】レジオ フォーミュラM+2

加速感がめちゃくちゃあるのに打球がそれほどバラつきません。先が動きやすい中調子ですが、先端側に頼りなさがないのが理由です。16軸シートと、ナノアロイの効果がしっかりと現れていると感じます。

走る感覚や弾く感触が好きだけど、捕まりすぎてしまったり、暴れるシャフトは制御できないのが嫌だなと思っている方におすすめです。

ただ、性格がはっきりしているので、手元調子系の粘り感のあるタイプが好きなら避けたほうがいいでしょう。

関連【試打評価】N.S.PRO レジオ フォーミュラM+|飛びと安定性を兼ね備えた弾き系【口コミ・評判】

 フレックス重量(g)トルク調子
Mプラス 45
Mプラス 45
R47.06.3
S49.06.2
Mプラス 55R55.04.3
S57.54.3
X59.54.3
Mプラス 65SR65.02.9
S67.02.9
X69.02.9
Mプラス 75S75.52.5
X77.52.5

 

N.S.PRO レジオフォーミュラ Bプラス

【試打評価】NSPRO レジオフォーミュラB+2
  • 極上の粘り感
  • 粘るけど遅れず戻ってきて安定
  • 低スピンで飛距離も魅力
  • MODUS120とベストマッチ

非常にマイルドな振り心地でとにかく粘り感が凄まじいシャフトです。

先端に16軸組布を採用し、特に先端側の動きは抑えるように設定されています。

さらに、シリーズの中では手元の剛性が最も低い典型的な手元調子。

手元側がグイッとしなってくれるタイプが好みならハマりやすいモデルです。切り返しでもタイミングが取りやすく、タメがほどけやすい方とも好相性です。

【試打評価】NSPRO レジオフォーミュラB+1

Mプラスよりもさらに安定性が高いと感じていて、とにかく先端側の動きが小さく弾道がまとまります。

Bプラスは手元調子なのにしなり戻りもそれなりに速いところもメリットです。

復元力が高い素材を使用しているので、手元調子にありがちなもたつきや振りおくれも起こりづらく、安定したストレートボールを狙っていけます。

先端剛性が高いですので、低スピンで効率よく飛ばせるのも嬉しいところ。

関連【試打評価】N.S.PRO レジオ フォーミュラB+|極上の粘り感と高い復元力【口コミ・評判】

 フレックス重量(g)トルク調子
Bプラス 45R46.56.3
S48.56.2
Bプラス 55R54.54.3
S57.04.3
X59.04.3
Bプラス 65SR64.52.9
S66.52.9
X68.52.9
Bプラス 75S75.02.5
X77.02.5

 

N.S.PRO レジオフォーミュラ MBプラス

【試打評価】日本シャフト レジオフォーミュラMB+5
  • 弾きと粘りが絶妙に融合
  • 最も癖がなくて万人向け
  • 安定感のドローで飛ばせる
  • MODUS105,115,125

弾きと粘りのバランスが絶妙なのがMB+です。

シャフトの中間から手元にかけて16軸組布シートを積層しており、スイング時のシャフトの変形を極限まで抑えています。

しなり戻りも速いのですが、Mプラスよりも中間の剛性を低く設定しているので粘り感もちょうど良い仕上がりに感じます。

シリーズの中では最も癖がないモデルで万人向けと言っていいでしょう。

【試打評価】日本シャフト レジオフォーミュラMB+1

安定してドローボールを打つことができるのですが、左への極端なミスなどは出づらいのも魅力的です。

注意点は、他の2モデルよりも重ために設定されているところ。

関連【試打評価】日本シャフト レジオフォーミュラMB+|粘りと走りの絶妙なバランス感【口コミ・評判】

 フレックス重量(g)トルク調子
MBプラス 45R49.56.4中元
S51.56.4
MBプラス 55R56.54.5
S58.54.4
X60.54.4
MBプラス 65SR66.53.0
S68.52.9
X70.52.9
MBプラス 75S77.02.6
X79.02.6

 

N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズの振動数と中間剛性

【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ MBプラスのセンターフレックス

レジオフォーミュラプラスシリーズ3本を振動数計とセンターフレックス計を使って計測しました。

振動数計は手元側の剛性、センターフレックス計は中間部の剛性の指標となり、どちらも数値が大きくなるほど硬くなっていきます

すべて6Sのスペックです

まとめた表

 振動数(cpm)中間剛性(kg)
Mプラス2675.12
Bプラス2584.21
MBプラス2644.67
  • Bプラスはわかりやすい手元調子系
  • MBプラスは中間の剛性
  • Mプラスは手元と中間がしっかり

BPプラスは手元も中間も剛性が低めで、とにかくスイング中にしなりを感じやすいシャフトです。実際に打ってみても、「おお。結構しなるなー」というのが第一印象となります。

Mプラスは手元側に行くにつれてしっかりしてくるので、先端の動きをはっきりと感じ取れます。わかりやすい弾き系シャフト。

MBは数値的にも中間に位置しています。手元側の感覚はMプラスに近いですが、シャフト中間部が動く素直なシャフトです。

N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズの特徴&ラインナップ:まとめ

【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズ1

日本シャフト N.S.PRO レジオフォーミュラプラスシリーズの紹介でした。

スチールシャフトのイメージが強い日本シャフトですが、カーボンシャフトも素晴らしい品質と性能です。

稲見萌寧プロがツアーで使用していることもあり、今後ますます注目を集めそう。カスタムシャフト好きは要チェックです。

以上、【選び方】N.S.PRO レジオフォーミュラ プラスシリーズ|特徴&種類をわかりやすく解説。という話題でした

合わせて読みたい

まとめ飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

まとめドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶドライバーを厳選紹介【口コミ・比較】

まとめ飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

まとめ世界中で話題のシャフト「TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介

まとめ【選び方】VENTUS(ベンタス)シャフト特徴&種類をわかりやすく解説

まとめモーダス3のラインナップと特徴を比較|違いや選び方について解説&まとめ

まとめデシャンボー使用シャフト LAGOLF「Tour AXS(ツアーアクシス)」ラインナップと特徴を解説

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事