MENU
試打&評価

【試打評価】オノフAKAアイアン 2022|飛距離と優しさを兼ね備えた全芯アイアン【口コミ・評判】

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン19

オノフ「AKAアイアン 2022」の試打計測を行いました。(GCクアッドを使用)

オノフ2022年モデルの飛び系アイアンがAKA。大型サイズのポケットキャビティタイプであり、優しく打てる系のアイアンです。

さらに今作では、フェースの厚みを2段階にすることで反発エリアを拡大。全芯主義というキャッチコピーを使うほどスイートエリアの大きさには自信がある模様。

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン6

それでは詳しいデータを見ながらオノフAKAアイアン 2022についてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン17
  • ヘッド:オノフAKA 2022
  • ロフト角:28°(7番)
  • シャフト:KBS TOUR LITE100
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad

弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

 

オノフ AKAアイアン 2022試打計測データ

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン

平均データ

ヘッドスピード(m/s)37.7
ボールスピード(m/s)51.9
打ち出し角度(°)22.3
打ち出し方向(°)-0.6(左)
バックスピン(rpm)4451
サイドスピン(rpm)-186(左)
ピーク時の高さ(yd)37.1
降下角度(°)49.0
センターからのブレ(yd)-5(左)
キャリー(yd)170.5
総距離(yd)183.4

以上が計測データです

キャリー170.5ヤード、トータル183.4ヤード

170ヤードを超えてくるので飛距離は申し分ありません。ロフトが立っていることを考えても上位の性能です。飛びを重視するなら選択肢にぜひとも入れてもらいたいと思います。

ボールスピードはそこまで極端に出るわけではありませんけれど、高弾道に加え余分なバックスピンがかからなかったことが飛距離の伸びに影響しています。

最高到達点も37ヤードですし、降下角度も49°と申し分ありません。高さで止めていくタイプです。

弾道イメージ

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン1

弾道はこちらです。

グースネックタイプのアイアンではあるのもも捕まりは穏やか。強く捕まるということもなく、ストレートな弾道をイメージしやすいです。とはいえフッカーよりもスライサー向き。

弾道を重ねたイメージ

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン2

弾道を重ねてみたものがこちらです

打球はやはりセンターライン上から左側へと集中しています。大きく捕まるわけではありませんが、右へ抜けてしまう不安もありません

高さはバックスピン量のバラつきが出ていることも影響し、すごく揃っているとは言い難いところがあります。左右方向はまずまずです。

 

オノフ AKAアイアン 2022は驚くほど低重心

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン3

オノフAKA2022は驚くほど低重心です。実際に打ってみても高弾道のショットを打ちやすいです。ボールが上がらなくて悩んでいる方であれば、その部分はすぐさま解消されるかもしれないという手応えを感じています。

フェース下部でのあたりでもボールが浮きやすいのは明らかに低重心化の効果でしょう。同時にたわみやすいフェース構造もそれを可能にしている理由でしょう。

データで見ても、打ち出し角(22.3°)、最高到達点(37.1ヤード)ともに最高レベル。ビッグなボールを楽に実現してくれました。高さを出しつつ飛距離が確保できているのはバックスピン量が関わっています。

バックスピン量は4400回転前後を推移しており、7番アイアンでの試打計測データと比較しては少なめな数値です。ボールがかなり強めに飛んでいくため、前へ進む推進力は素晴らしいです。

上がるだけではなく、飛距離もしっかりキープ、もしくは伸ばしたいと考えている方にはかなりおすすめすることができます。止まるかどうか?という点は心配無用。高さが非常に出やすいので、真上から落としてグリーンに止めていくことができます。

 

オノフ AKAアイアン 2022は飛距離が出るがスピン量は少なめ傾向

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン5

高弾道かつ飛距離も伸ばせるアイアンということで評価しているAKAアイアン2022ですが、バックスピン量は平均値よりも少ない印象があります。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン4

最もキャリーが出たのがこの打球。175ヤードがとても飛んでいますが、バックスピン量を見てみると3913回転。他の打球よりも捕まっていることも要因ではありますが、やはり少ないです。

スピン量を重視する場合はここが注意点となりますが、高さがかなり出やすいため、グリーンで止めること自体は苦にはなりません。

ラフからは少しフライヤーしやすい印象があったので、普段スピン不足かなと感じているならスピンの入りやすいシャフト(スチールならモーダス120など)かカーボンシャフトにすることをおすすめします。

 

オノフ AKAアイアン 2022のヘッドを見ていく

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン7

ポケットキャビティタイプのアイアンです。ぱっと見はシンプルな外観をしているのですが、優しさを凝縮したヘッドデザインです。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン14

トップブレードはまあまあ厚め。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン11

ヘッド形状はこんな感じです。グースも強めで、ヘッドサイズも大きい、さらにさきほど見てもらったようにトップブレードも厚いです。安心感は抜群なので、構えたときの威圧感はありません。

実際どこで打ってもキャリーが落ちる割合は最小限に抑えられていると感じますし、見た目と性能のギャップはないです。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン16

ボールに対して構えたのがこちら。グースはやはり強めです。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン9

ソールはやや厚め。極太ではありません。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン10

横からみるとこんな感じです。ソール幅があるのでバウンスはそこまで大きくはつけられていません。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン12

フェース面がこちら。フェース高も低めです。見ただけでボールが上がりそう。

 

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン13

フェース面にはミーリング加工が施されています。スピンを安定させる効果があるらしいですが、そもそもそんなにスピンが多くないので、ここに大きく期待する必要はないかなーと思っています。

そして打感ですが、これは正直言って硬かったです。弾きが良いというよりは硬いという感覚が勝ってしまいました。

 

オノフ AKAアイアン 2022の総合評価

【試打評価】オノフAKA 2022アイアン18

楽に高弾道を狙える超低重心アイアンです。スピン量は多くはかからないのでアイアンでも飛距離アップが高い確率で見込めます。

スピン性能は低めの評価となりましたが、そもそも高さが凄まじく出しやすいため、デメリット部分はカバーできています。

ボールの拾いやすさ、ミスヒットへの強さも高水準。レベルはかなり高いアイアンですが、グースが強い見た目と打感の硬さを許容できるかどうかが選択の分かれ目です。

ターゲットは明確で、見た目やフィーリングよりも結果重視。アイアンでも効率よく飛距離を伸ばしたいと考えている方におすすめです。

おすすめ度

合わせて読みたい
関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連【試打評価】オノフ KUROアイアン2022|すべてのレベルで使える万能中空アイアン【口コミ】

関連オノフKUROドライバー(2022)試打評価レビュー|圧倒的低スピンで激飛び【口コミ】

関連オノフ KURO 2020 ユーティリティ試打&評価|アイアン感覚で打てるウッド型ハイブリッド

関連PING G425アイアン試打&評価|超高弾道でマジでとにかく簡単なオートマアイアン

関連【試打評価】ゼクシオ12アイアン|超高弾道のオートマアイアン【口コミ】

 

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事