MENU
プロゴルフ情報

【2021】パトリック・カントレーのクラブセッティング|米ツアー6勝のこだわりセッティング【WITB】

パトリック・カントレーのクラブセッティング

米ツアー6勝を誇る実力者パトリック・カントレーのクラブセッティングを紹介していきます

2020-2021シーズンはツアーチャンピオンシップにも勝利し年間王者にも輝きました

タイトリスト契約なのでタイトリストのクラブを中心に組み合わせ。クラブをあまり変更しないこだわり派の選手としても有名で、現在は旧モデルを継続して使っています

【2021】パトリック・カントレーのクラブセッティング

ドライバー:タイトリスト TS3

  • ロフト:9.5°(8.75°へ調整)-C1のポジション
  • シャフト:三菱ケミカル ディアマナZF 60
  • フレックス:TX

現行のTSi3ドライバーではなくTS3を使用中。フェースアングルをオープンにしてロフトを立てるように調整しています

TS3発売時には917D2を使っていて変更しなかったのですけど、ここにきてTS3へ変えています

シャフトはディアマナZF。重量は最近のトレンドである60g台をを選択しています

関連タイトリスト『TS2&TS3』ドライバー試打評価レビュー|弾道計測器で徹底検証

 

3番ウッド:タイトリスト915F

  • ロフト:15°-B1のポジション
  • シャフト:三菱ケミカル ディアマナZF 70
  • フレックス:TX

2014年発売のモデルである915Fを未だに愛用中です

当時から飛距離性能には定評があったこともあって現在も使う人が多い名器としても有名。シャフトはドライバーと同じでディアマナZFを装着しています

関連ディアマナZF試打してみたら方向性抜群のパワードローがめちゃくちゃ打ちやかった

 

ハイブリッド:タイトリスト816H2

  • ロフト:21°-B1のポジション
  • シャフト:フジクラ VENTUS HYBRID BLACK 10
  • フレックス:TX

ハイブリッドも古いモデル。2015年発売の816H2です

こちらはディアマナではなくてフジクラ製のVENTUS Hybridを

 

アイアン:タイトリスト 718 AP2

  • 番手:4番〜9番
  • シャフト:ダイナミックゴールド120 ツアーイシュー
  • フレックス:X100

タイトリストのT100へと変更していましたが、718AP2へと戻しています

 

46°、52°、56°ウェッジ:タイトリスト SM7

  • ロフト:46°-10F、52°-08F、56°-08M
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー
  • フレックス:S300

これも現行ではなくて旧モデルです。以前はSM5、SM6、SM7となっていたのが現在は3本がSM7に変更されています

 

61°ウェッジ:タイトリスト SM8

  • ロフト:61°
  • シャフト:ダイナミックゴールド ツアーイシュー
  • フレックス:S300

61°のみは現行のSM8を選択

 

パター:スコッティキャメロン ファントムX5

 

ボール:タイトリスト プロV1X

関連スピン系ゴルフボールおすすめ人気ランキング|抜群の飛距離とスピン性能

合わせて読みたい

関連ゴルフ世界ランキング上位15名のクラブセッティング

関連松山英樹クラブセッティング|スペックも詳しく紹介【最新版】

関連ザンダー・シャウフェレのクラブセッティング【最新版】

関連ブルックス・ケプカのクラブセッティング|メジャーに滅法強い男の勝負ギアを一挙公開

関連記事