MENU
新製品情報

PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

PING G430最新情報

PINGの2022年モデルとして以前から噂されていたG430がUSGA適合リストに掲載されています

G430が随分前から商標登録されていましたが、ついにその姿を現しました。

PING G430が適合リストに掲載

PING G430LSTフェアウェイウッドの画像

G430シリーズで初めてリスト登録されたのが、LSTの3番ウッドです。しかもレフティ用です。

現在のところはドライバーやハイブリッドはリスト登録されていませんが、時間の問題でしょう。

リストに登録されているヘッドのマーキング表示で特に気になるのが下記

  • ソール:TI FACE WRAP
  • ウェイトポート:PING
  • クラウン:CARBONFLY WRAP

 

ソールフェース寄りに書かれている「TI FACE WRAP」。フェアウェイウッドもチタンフェースを採用しているのでしょうか?ドライバーは以前からチタンフェースですから、フェアウェイウッドに新たに採用されたテクノロジーだと予想します。

そして大注目なのがクラウンに記載されているという「CARBONFLY WRAP」です。ついにPINGもカーボンコンポジットヘッドになるのは確定でしょうが。WRAPということなので包み込むような形状であることが予想されています。ここが面白そうです。

チタンフェースにカーボンクラウンと、大幅な軽量化を施していることが伺えます。PINGの文字が書かれている箇所がウェイトポートのようです。

ソール後方にはおなじみのバックウェイトが搭載されていることから、ソールには大量の外部ウェイトが配置されています。

凄まじい低重心なフェアウェイウッドになっていそうで、まるでテーラーメイド ステルスプラスに対抗したようなロースピンヘッドに仕上がっている予感がしますね。

 

PING G430のまとめ

PING G430がようやく適合リストに追加されました。

まだまだ謎に包まれた新作ですが、現段階での情報はこれだけです。

今後新たな情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

合わせて読みたい

関連【試打評価】PING i525アイアン|ブレード型なのに安定感抜群でやさしいアイアン【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING i59アイアン|凝った作りだけどほぼマッスルバック【口コミ】

関連PING G425アイアン試打&評価|超高弾道でマジでとにかく簡単なオートマアイアン

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PINGの2022年モデルか?「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

関連【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事