MENU
新製品情報

【USモデル出荷開始】PING i230アイアンを一足早くゲットできるおすすめ取扱いショップ情報

SNS上で徐々にその姿を現してきたPINGの2022年モデルであるi230アイアン

PINGが4年の歳月をかけて作成したモデルで、恐らく2022年後半で最も注目度の高いアイアンのひとつであることは間違いないでしょう。

そんなi230アイアンですが、国内モデルに先駆けてUSモデルの出荷が早くも開始されています。

既に注文が多数入っているそうなので一足早くゲットしたい方は早めにチェックしておくのがおすすめです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

USモデルと注文方法はこちら

created by Rinker
ご注文はカスタマーサポートまでの所に「FG」と入力すれば注文可能。

※上記リンクから購入ページに飛べますが、スペックをすべて選択したあと、画像にある一番下の「ご注文はカスタマーサポート」のところに「FG」という入力をしてEnterキーを押すとカートに入れるボタンに切り替わり購入が可能になります。通常はお問い合わせくださいになっています。

PING i230の購入ページ

フェアウェイゴルフに問い合わせると結局カスタムモデルのページを案内されるので、最初からカスタムモデルで注文すると早いです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

関連日本モデルとUSモデルの違いとは?お得なのは?安心して購入できるショップとは?

PING i230アイアンはUSモデルは11月10日発売。出荷も開始

長らく待たれていた名器i210アイアンの後継モデルであるi230ですが、国内モデルの予約と同時にUSモデルの予約も開始されています。国内モデルの発売は2023年1月19日。

USモデルは2022年11月10日発売(情報ソースはこちら。問い合わせでも確認済み)

今回はUSの方が発売が早いので、一足早く入手したいならUSを選択するのもアリです。PINGの場合はスペックは詳細に指定できるので自分好みのアイアンを作ることができます。

USモデルはこちら

created by Rinker
ご注文はカスタマーサポートまでの所に「FG」と入力すれば注文可能。

※上記リンクから購入ページに飛べますが、スペックをすべて選択したあと、画像にある一番下の「ご注文はカスタマーサポート」のところに「FG」という入力をしてEnterキーを押すとカートに入れるボタンに切り替わり購入が可能になります。通常はお問い合わせくださいになっています。

フェアウェイゴルフに問い合わせると結局カスタムモデルのページを案内されるので、最初からカスタムモデルで注文すると早いです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING i230アイアン

i230アイアンはツアープレーヤーが好むコンパクトなデザインながらマルチマテリアル5ピース構造を採用したハイテクアイアンです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

David Dusek(@daviddusek)がシェアした投稿

ハイドロパール2.0クロム仕上げで、ボディは431ステンレススチールが使用されています。

 

安定した飛距離コントロールと内臓するエラストマーインサートによって高い衝撃吸収力を発揮し柔らかな打感を実現しています。

PINGのエンジニアによるとi210で解析された望ましくない音の周波数を分離させ効果的に除去しました。これにより前作以上の心地よいサウンドとフィーリングを得られるようにキャビティバックを再設計したとのこと。

エラストマーインサートは軽量化にも一役買っていて、約21gの余剰重量を創出しました。

これによって重心位置を下げると同時にフェースのたわみ量も増加、エネルギー伝達が安定しボールスピードがアップするとしています。プレーヤーテストでは平均3ヤードの飛距離増加が確認されたのとのこと。

 

タングステンのトウウェイトを搭載することで許容性が向上。打点のバラつきにも強くなる構造です。

PINGはこれまでで最も寛容性の高い「i」アイアンと謳っています。

 

ヘッド形状がこちら。

ロングアイアンである3番から5番はi210よりもコンパクトなサイズとなっていて、ミドルからショートアイアンはi210と同じブレード長です。

 

ミルド加工によって精密に削りだされたMicro Max溝を採用し、ウェットな状況でも乾いた芝からのショットとの差を解消。様々な状況下で一貫したパフォーマンスを発揮します。

i230アイアンのヘッドスペックが下記

番手標準ロフト(°)パワーロフト(°)レトロロフト(°)ライ角(°)バウンス(°)
3191921595
422.52224.559.86
526252860.57
629.52831.561.38
73331.535629
83735.53962.810.5
941404363.512
PW4544.54764.113
UW5049.55264.113

今作ではロフトバリエーションが、標準ロフト、パワーロフト、レトロロフトの3種類を用意。好みの飛距離性能を選択することが可能。

↓USモデルは2022年11月10日発売。

USモデルはこちら

created by Rinker
ご注文はカスタマーサポートまでの所に「FG」と入力すれば注文可能。

※上記リンクから購入ページに飛べますが、スペックをすべて選択したあと、画像にある一番下の「ご注文はカスタマーサポート」のところに「FG」という入力をしてEnterキーを押すとカートに入れるボタンに切り替わり購入が可能になります。通常はお問い合わせくださいになっています。

フェアウェイゴルフに問い合わせると結局カスタムモデルのページを案内されるので、最初からカスタムモデルで注文すると早いです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

関連日本モデルとUSモデルの違いとは?お得なのは?安心して購入できるショップとは?

PING i230アイアンのおすすめ取扱いショップ情報

国内モデル(2023年1月19日発売)に先駆けてUSモデルは2022年11月に発売するとの情報があります。現在フェアウェイゴルフでもPING i230アイアンの予約受け付けが開始されました

USモデルは2022年11月10日発売(情報ソースはこちら。問い合わせでも確認済み)

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラLTDxドライバーやテーラーメイド ステルスを購入している間違いのないショップです。

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なのでUSモデルを購入する際の安心感が違います。

今回はUSの方が発売が早いので、一足早く入手したいならUSを選択するのもアリです。PINGの場合はスペックは詳細に指定できるので自分好みのアイアンを作ることができます。

USモデルはこちら

created by Rinker
ご注文はカスタマーサポートまでの所に「FG」と入力すれば注文可能。

※上記リンクから購入ページに飛べますが、スペックをすべて選択したあと、画像にある一番下の「ご注文はカスタマーサポート」のところに「FG」という入力をしてEnterキーを押すとカートに入れるボタンに切り替わり購入が可能になります。通常はお問い合わせくださいになっています。

フェアウェイゴルフに問い合わせると結局カスタムモデルのページを案内されるので、最初からカスタムモデルで注文すると早いです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

関連日本モデルとUSモデルの違いとは?お得なのは?安心して購入できるショップとは?

 

合わせて読みたい

関連【試打評価】PING i525アイアン|ブレード型なのに安定感抜群でやさしいアイアン【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING i59アイアン|凝った作りだけどほぼマッスルバック【口コミ】

関連PING G425アイアン試打&評価|超高弾道でマジでとにかく簡単なオートマアイアン

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

関連スリクソン ZX-7 MK2 LSが適合リストに掲載。2022年モデルがいよいよ登場か

関連【ノーメッキ】PING GLIDEフォージド PRO RAWが発売|プロ支給ウェッジが待望の市販化

関連【予約開始】三浦技研、MIURA MC-502アイアンを発表|前作よりもオフセットを少なくしたストレートネックアイアン

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事