新製品情報

PINGの2022年モデルか?「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

SNS上で徐々にその姿を現してきたPINGの2022年モデル。

長らく待たれていた名器i210アイアンの後継モデルであるi230の写真が一部公開されました。

PING i230アイアン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gappy Hilmore(@allgolfequipment)がシェアした投稿

形状はi210を彷彿とさせます。

次期モデルはi220かi230という噂がありましけれど、バックフェースにはしっかりとi230の文字が見えます。ひとまずi230が来ることは確定かと思います。

もしかすると別にi220があるかもしれないのでまだ否定はできませんが・・・

さて、i230の話に戻りますが、PINGアイアンではお馴染みとなったトウ側のタングステンウェイトも装着されているようです。寛容性をアップするためのテクノロジー。

また、ティレル・ハットンが実際にテスト使用を開始していることを、Golf.comJonathan Wall氏もTweetしています。

現在のところヘッドの内部構造までは不明ですが、i59i525のテクノロジーが使われている可能性があるとGolf.comでは予想されている模様。

ヘッド内に棒状のなにかが入っているという特許画像も出ていたりもしますが、このあたりもまだ謎に包まれています。

まあ性能的はi59やi525の中間になるのではないでしょうか。

PING i230アイアンの発売時期は

まだ製品発表もされていないため、正確な発売時期は未定。

前作にあたるi210アイアンの発売が2018年9月6日でしたので、i230アイアンは2022年9月頃になるのではないかと個人的には予想しています。

 

写真が一部公開されたのみで、詳しい情報はまだ不明ですが、今後新たな情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

合わせて読みたい

関連【試打評価】PING i525アイアン|ブレード型なのに安定感抜群でやさしいアイアン【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING i59アイアン|凝った作りだけどほぼマッスルバック【口コミ】

関連PING G425アイアン試打&評価|超高弾道でマジでとにかく簡単なオートマアイアン

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事