PR

新製品情報

PING「ブループリントT」がツアーで発見された|PING軟鉄鍛造マッスルの進化版【最新情報】

PING ブループリントT

PING注目の2023年モデルアイアンとして「ブループリントS」というハーフキャビティアイアンがすでにツアープレーヤーの使用によって注目を浴びています。

そしてそれと同時に話題になっていたのが「ブループリントT」というアイアン。こちらは前作のマッスルバック形状を汲んだ流れだと予想されていましたが、やはりこちらはマッスルバック形状でした。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

PING ブループリントTがツアーで発見

2023年PGAツアー フェデックス セントジュードで発見されたのが新しいブループリントTです。

内部構造や仕様の変更についての詳細はまだ発表がされていませんが、外観から考察できる点がいくつかあります。

まずは以前のブループリントよりもブレード長が長めに設定されているように見えるところ。それでもサイズとしては非常にコンパクトですね。

トップラインは極めて薄くてシャープ、ソールもかなり狭いとのことです。オフセットもかなり抑えられており、現行モデルよりも更にストレートネックな雰囲気も感じ取れます。

また、フェースはi230にも採用されていたMicro Maxグルーブが流用されているように見えます。これは従来よりも溝の本数を増やしてラフやウェットな状況でもスピンを安定させるというもの。

まさ
まさ

PING ブループリントはツアープロの間でも使用者が多いので、今後どんどん露出が増えてくると思います。

今後新たな情報が入り次第随時更新していきます。

ブループリントSの情報はこちらPINGのNew鍛造アイアン「BLUEPRINT S」がツアーに登場【最新情報】

合わせて読みたい

関連中級者向けアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ・評判

関連【試打評価】PING G430MAXドライバー|最強に飛ぶ!曲がらないだけのPINGの時代は終わった。【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430LSTドライバー|飛距離・安定感・操作性のすべてが高次元のカーボンコンポジット【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430LSTフェアウェイウッド|期待どおり飛ぶけどパワーヒッター向け【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING iクロスオーバー|優しいのに強弾道で飛ばせるアイアンUT【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING i59アイアン|凝った作りだけどほぼマッスルバック【口コミ】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事