MENU
試打&評価

【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

PING Chipr(チッパー)試打評価

2022年7月、PINGからChiprというランニングアプローチ用のクラブが発売されました。

大手メーカーが大々的にチッパーを発売したのはかなり久々で個人的にはとても嬉しい出来事です。ぼくはチッパーが好きなので迷わず購入し早速ラウンドでも使用してみました。

ちなみに昔PINGからチッポというチッパーが販売されていましたが、それを現代風にアレンジしたというような位置づけだと勝手に思っています。

ロフトは38.5°で外観は完全にアイアン。この見た目なだけで体が硬直してしまうほどのアプローチイップスなのでそこが心配の種です。

PING Chipr(チッパー)のデザイン

結論から言うと、見た目はアイアンなのだけどしっかりとチッパーとして機能していて凄まじく打ちやすいです

従来のチッパーよりも距離感が出しやすく、いろいろな状況での対応力も高いことからメイン使用していくことを決めました。

これは使わないともったいないレベルのクラブです。アプローチでスコアを損している方は要チェックです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING Chipr(チッパー)とは

PING Chipr(チッパー)の見た目がかっこいい

PING Chiprはご覧のようにアイアン形状のチッパーです。

シャープにピンを狙えるランニングウェッジというのがキャッチコピーとなっていますが、冒頭でも触れたように見た目はほぼ普通のアイアンと変わりないデザインです。

これならチッパーを使うことに抵抗のある方でもセッティングに取り入れやすいのではないでしょうか。

PINGらしいデザインもけっこうカッコよくてチープさもまるでありません。

 

PING Chipr(チッパー)の見た目は9番アイアン

ロフト角は38.5°で、上からみるとますますアイアンなのがわかる。

 

PING Chipr(チッパー)のバウンス

ロフト的には最近の8番アイアン〜9番アイアンに相当しています。

 

周りから見るとただのアイアンにしか見えないため、パッと見はショートアイアンで転がしを選択しているだけに見えます。

 

プロギアR35

ちなみにこちらはプロギアが発売しているロングセラーチッパーR35。

パタータイプのチッパーの代表格で最近また売れ始めているというものです。

これが従来のチッパーだというのが一般的な認識だと思います。

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING Chiprの見た目はアイアンっぽいけれど、しっかりチッパーだった

この外観とロフト設定などを考えれば、別に普通の9番アイアンで転がせばいいのではないか?と考えるのが普通だし自然だと思います。

ただし、Chiprのライ角は70°一般的なパターと同じ数値なのが肝です。

これによってヒール側を浮かして構えたりする必要がありません。

パターと同じようにセットアップができ、なおかつアップライトなスイングができるので方向性が良くなりしっかりとチッパーとして機能します

まあ、このあたりはよくあるチッパーと同様なので、とくべつChiprが優れているというわけでもありませんけどね。

ようはこの見た目でもよくあるチッパー同様に簡単に打てるというのが強みです。

 

PING Chipr(チッパー)はボールを拾いやすい

見ためがシャープすぎるので難しいのでは?という懸念点がありましたが、優しくて安心しました。

さすがにチッパーというだけあってザックリのミスも出づらくてとても簡単です。これには安心しました。

 

PING Chipr(チッパー)のソール

ソールはそこまで広めに作られているわけではありませんが、バウンスはけっこう効いています。

ソールの作り込みの上手さ関してはさすがPINGと言ったところ。

ソールも超極厚だったりしないので、キャディーバッグの中で浮いたりしないのも良いところだと言えます。

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING Chiprは従来のチッパーよりも距離感が出しやすい

Chiprは従来のパター型チッパーよりも距離感が出しやすいです。これによって多くの方が取り入れやすいタイプのチッパーであると個人的には思っています。

一応Chiprはパターのように打てるとメーカーは謳っているのですが、確かにパターでも普段打っているような距離であればそれでも問題はなく、距離感もほぼ似たような感覚で打っていけます。

とはいえこれは従来のパター型チッパーも同様ですね。

しかし実際にラウンドしてみると、普段パターで打つよりも遥かに長めの距離を打つことや、グリーン手前に落としてクッションを利用したいシーンなど状況は様々です。

そういったシーンで、従来のチッパーであればキャリーのイメージが合わずに距離感がまったく合わないという声をよく聞きます。

たしかにチッパーは簡単に打てるけど、距離感が合わないので使えない。このような意見が多いです。

そこでChiprはというと、とにかくキャリーのイメージが出しやすいです。

これは形状がアイアン型だからという、ただそれだけだと思います。単純に今までやってきたウェッジだったりアイアンでのアプローチのイメージを再現しやすいです。

普通のパター型チッパーよりもキャリーとランの距離感に慣れやすいため、万人向けなチッパーと言ってもいいと感じているところ。

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING Chiprはさまざまな距離や状況に対応可能

PING Chipr(チッパー)は沈んだライでも使える

アイアン形状なのでこういったラフに沈んだライでも打ちやすいです。

ザックリや、ボールの下をヘッドがくぐってしまうことがないので簡単に打てます。

当然ランが多めには出るものの、パター型チッパーよりも対応しやすいのがメリットです。

 

PING Chipr(チッパー)はバンカー超えはキツイ

バンカー超えのシーンなどでもテストしました。

打つこと自体やハザードを超えることに関しては簡単に打てます。

ですが、やはりランが多めに出るので落ちてから相当足が使える場面でないと寄せるのは難しいですね。

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

ベアグラウンドなど超シビアなライはパター型チッパーの方が強い

公式サイトにはベアグランドも簡単だよ!みたいな写真があったので実際に打ってみました。

結論、このレベルのベアグラウンドだとさすが難しいです。

まあ普通のアイアンやウェッジで打つよりは遥かに簡単ですが、ここまでシビアなライになるとパター型チッパーの方が打ちやすいです。

 

プロギアR35でも打ってみましたが、やはりこちらの方が簡単で優しく打てます。

こういった芝が生えていない状況や、冬場のペタペタなライであればパター型チッパーの方が有利です。

夏場はPING Chipr、冬場はパター型チッパーという使い分けでも良いかもしれません。

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING Chiprの総合評価

PING Chipr(チッパー)の評価チャート

見た目が完全にアイアンだったので果たしてしっかりとチッパーとして機能するのかが心配でしたが、そこは杞憂に終わりました。

とても簡単にランニングアプローチが打てますし、イップス持ちのぼくでも楽に寄せることができます。

距離感がパター型よりも出しやすく、万人向けであると感じました。ランニングアプローチを簡単にしたいと考えているなら本当におすすめです。

あとデザインも今までのチッパーぽくないのも良いところです。

周囲の目が気になってチッパーを入れることをためらっていた方でも、これならセッティングに加えやすいところも嬉しいところだと思います。

おすすめ度:

国内モデルは人気で欠品中らしいのでUSモデルを選択するのもアリ。USモデルならフェアウェイゴルフがおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING ChiprのUSモデルならフェアウェイゴルフがおすすめ

予想外の売れ行きだそうで、国内モデルは欠品状態が続きそうです。というわけなのでPING ChiprのUSモデルを選択するのもアリです。

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん。

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラLTDxやテーラーメイド ステルスなど多数購入しています。

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なので安心感が違います

さらに、スチールファイバーなど話題のカーボンシャフトも装着可能なので、そういったクラブにしたい場合もフェアウェイゴルフではカスタムもできるのでおすすめです。

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい
関連ウェッジおすすめ人気ランキング|スピン重視や優しさ重視など、目的別に厳選紹介【口コミ&評価】

関連【試打評価】アナライズ MSウェッジ|アプローチをオートマ化できる簡単クラブ【口コミ・評判】

関連【試打評価】アナライズR25ランニングウェッジ|世界一やさしいチッパーのルール適合版

関連【試打評価】リンクス ステップオーバー25パターチッパー|異次元の優しさ。ただしルール不適合(泣)

関連ARTISAN(アーティザン)ウェッジを購入。猛烈なスピン性能で久々に楽しみなウェッジを買えた

関連【名器試打評価】PING G400MAXドライバー|最高峰の安定感を誇る名作【口コミ・評判】

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事