MENU
試打&評価

【試打評価】PING G430LSTドライバー|飛距離・安定感・操作性のすべてが高次元のカーボンコンポジット【口コミ・評判】

PING G430LSTドライバー試打レビュー

おすすめ度

今回の試打評価はPING G430LSTドライバーです。

2022年モデルのPINGはカーボンクラウンを採用するだろうと言われていましたが、3モデル展開の中ではG430LSTのみに採用されていました。

440ccという小ぶりなヘッドサイズで低スピン性能を売りにしたタイプながら、安定性も損なわないための工夫のようです。

そしてG430シリーズでは共通のテクノロジーとしての変更点があります。前作よりも薄くなった反発フェースによる初速のアップ(中心部6%、周辺部が9%)、上下の打点ブレに強くなるバルジとロールの再設計です。

実際打ってみた感想としては、操作性の高いヘッドながら安定したスマッシュファクター(ミート率)の出るドライバーでした。低スピン性能も優秀なので、飛距離・安定感・操作性とすべてが高次元でまとまっています。

素晴らしいドライバーであることは間違いなく、小ぶりなヘッドが好きな方や操作性と安定性を両立したい方は要チェックなモデルです。

  • 長所:卓越した低スピン性能。小ぶりながらミスにつよく安定性が高い。操作性も◎
  • 短所:バックスピン量が少ないのである程度のスイングスピードやパワーは欲しい。
  • 結論:小ぶりヘッドとは思えない安定感のあるヘッド。スマッシュファクターも高めで推移しているうえに低スピン性能も優秀。ボールを操りながら飛ばせるドライバー。

それでは詳しいデータを見ながらPING G430LSTドライバーについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:PING G430LSTドライバー
  • ロフト角:10.5°
  • シャフト:PING TOUR 2.0 シルバー 65
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad

今回は10.5°での試打となりました。

弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

関連【予約開始】PING2022年モデル「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

PING G430LSTドライバーの試打計測データとレビュー

PING G430LSTドライバー計測データ

平均データ

ヘッドスピード(m/s)46.6
ボールスピード(m/s)67.4
打ち出し角度(°)15.8
打ち出し方向(°)-1.2
バックスピン(rpm)2201
サイドスピン(rpm)-275(左)
ピーク時の高さ(yd)39.8
降下角度(°)42.7
センターからのブレ(yd)-20(左)
キャリー(yd)263.9
総距離(yd)281.2
スマッシュファクター1.45

以上が計測データです。現在は下記が当サイトでの評価基準となります。ご了承ください。

  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ

PING G430MAXドライバーの平均キャリーは263.9ヤードランを含めた総距離が281.2ヤード

まず、いつもは9°のスペックを選択して計測を行うことが多いですが、今回は諸事情により10.5°での試打だったことを前置きしておきます。そんな中でも飛距離性能の高さは実感できました。

10.5°にしては打ち出し角・バックスピン量ともに低い値を示しており、ぼくの場合であれば9°にすることでさらなる低スピン化と初速アップが望めるだろうと考えます。

最大キャリーが266ヤード。ややミスしたと思った打球でも261ヤードのキャリーとなっています。小さめなヘッドサイズながらミスに対しての許容度の高さも想定したよりもあって安定性も高いと判断しました。

 

PING G430LSTドライバーの弾道とデータ

繰り返しになるけれど10.5°のヘッドにしては打ち出しが低めでスピン量も2200回転ほどで推移します。

中・低打ち出しで低スピンということなので、基本的にパワーヒッターが好みそうな打球の質でした。

驚きなのはスマッシュファクターです。大型ヘッドのG430MAXと同様ですがGC Quadでのスマッシュファクターが平均1.45を記録

ぼくは普段良くて1.43あたりが多いのですが、何故か毎回1.45以上が出てしまいます。不思議と数値がよくなるのはヘッドの性能の高さでしょう。

440ccというサイズのドライバーとは思えないほど許容度が高いです。スイングに対しての飛距離効率が極めて高いレベルにあります。

トラックマンと比較してGC Quadはスマッシュが出づらい傾向にあります。アマチュアの場合1.4以上出ていれば十分。

 

10.5°だったのでそこそこの高さがでましたが、9°にすればかなり弾道は抑えられます。高さが欲しいなら間違いなく10.5°を選択するほうがいいでしょう。

 

PING G430LSTドライバー弾道イメージ

弾道がこちら。

特別フェードイメージでもなくて普通に打てばそれなりに捕まってくれる感じでした。

サイズが小さいこともあってヘッドターンなどはしやすく操作性も良好でドロー・フェードの打ち分けも苦にはなりません。

 

PING G430LSTドライバーの安定感

それぞれの打球を重ねて見たのがこちら。

特別な操作をすることなく打った結果ですが良くまとまっているのがわかります。

スマッシュファクターの数値とこのまとまり感を見ればわかるとおりかなり安定感のあるヘッドでした。

小ぶりヘッドのドライバーの中では一つ抜けた性能だろうと思います。よくできています。

PING G430LSTドライバーはこんな人におすすめ

PING G430LSTドライバーがおすすめな方は以下

  • バックスピン量を抑えて飛距離アップしたい方。
  • 操作性と安定感を両立したい方。
  • 小ぶりなヘッドが好きな方

LSTは前作以前からそうですが、やはり低スピン性能は非常に優れています。今回は10.5°での試打でしたけれど、それでもしっかりとスピンを抑制することができていました。

バックスピン量を抑えて飛距離効率を高めたい方にはとてもおすすめ

そして操作性と安定性を両立したい方にもおすすめです。この2点は言ってみれば相反する性能なので操作性をとれば安定感が欠けてしまいます。その逆もしかりです。

ところがそのあたりのバランスがとてもよくとれていて、操作性も良いんだけれどミスへの許容度も高いですし、弾道のまとまりもよかったです。両方とも高いレベルで欲しいよなーと思っている方はチェックしてもらいたいところ。

あとは単純に小ぶりなヘッドが好きな方です。まあ構えやすいです。

PING G430LSTドライバーの外観やデザインについて

ブラックにネオンイエローのカラーリング。

ソール側だけみるとG430MAXと見分けがつきにくいです。ブラックにネオンイエローの組み合わせは個人的にかなり好き。

 

後方にはタングステンウェイトが装着されていてポジションを変更することで捕まり具合を調整可能です。

 

クラウンにはお馴染みのタービュレーターが搭載。

そして注目のカーボンフライラップテクノロジーを搭載したカーボンクラウンです。

タービュレーターのところまではチタンなので、境目がわかるようになっています。

 

PING G430LSTドライバーのヘッド形状

ヘッド形状がこちら。

まあ情報量が多くて正直ごちゃごちゃした見た目ではあるのだけど、サイズが小さい点と癖のないヘッドのカタチをしています。

 

PING G430LSTドライバーのアドレス時の見え方

アドレス時の見え方がこちら。ストレートアングルです。

ライ角は58°なのでややフラット。

かなり構えやすい印象です。

 

横からみるとこんな感じです。

 

PING G430LSTドライバーの打感

フェースがこちら。極薄の反発フェースになっているらしいですが、実際かなり初速が上がっているので効果は出ているのだと思います。

今作の打音ですが、カーボンコンポジットらしい打感と打音だなと思います。

G430MAXは金属音が強いですが、G430LSTはこもった音がしました。

大きく反響する感じではないので人によっては物足りなさを感じる可能性もありますが、低音系で落ち着いた打球音や柔らかい打感が良い方は好きな感じだと思います。

良い意味でPINGっぽさがありません。

PING G430LSTドライバーの総合評価

PING G430LSTドライバー評価

飛距離性能は高いです。低スピン性能も高く初速も出しやすい点などを考えれば飛びには期待してもらっていいです。

最も良かったのは小ぶりなヘッドながらPINGらしい安定感を高めてきたことでしょう。460ccクラスと比べても遜色ないどころか、それ以上と言ってもいいほどのレベルでまとまっています。

大型の方が安心感があるならG430MAXドライバーが非常に優秀なのでそちらをおすすめしますが、小ぶりなヘッドが好きな方ならG430LSTドライバーが面白いと思います。

おすすめ度

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

国内正規品を買うならゴルフ5公式オンラインストアがおすすめ

ゴルフ5公式オンラインストア

国内正規品のゴルフクラブをネット通販で購入するなら「ゴルフ5公式オンラインストア」がおすすめです

お得なポイントは多々ありますが、その中でも特にメリットになる点は下記

  • 最大5%ポイント還元。ポイントは実店舗でも使える
  • 5,500円以上で送料無料
  • 午前9時までの注文だと当日発送
  • 希望店舗にて最短30分で受け取り可能
  • オンラインストア限定クーポン&キャンペーン
  • 模倣品リスクがない
  • スペック交換企画もあって安心

ポイント還元率最大5%と高く、さらに楽天カードとアルペングループの提携クレジットカードからの購入だと6.5%までアップするのも魅力的

貯めたポイントはもちろんゴルフ5をはじめとしたアルペングループ各店で利用可能です

そしてなにより、国内最大手のゴルフストアなので模倣品リスクがありません。ぼくはゴルフ5オンラインストアに在庫があるなら優先的に利用しています

午前9時までの注文で当日発送してもらえたり、希望店舗での受け取りだと最短30分後には手に入るスピード感もありがたいところです

最後に、他のオンラインストアではなかなか利用できない最大のメリットをご紹介しておきましょう、それは購入後に満足できなかったら「無料で交換が可能(30日以内)」が利用できるところです。これは新製品などのクラブで行われるキャンペーンなので全ての商品が対象ではりませんが、商品ページに記載されているのでチェックしてください

交換キャンペーン:購入から30日以内に1回限り。実店舗への持ちこみに限ります。交換できるのは同一ブランド品。使用していても大丈夫。納品書兼領収書が必要

間違いない国内正規品のゴルフ用品を購入するなら、まずは候補に加えてもらいたいおすすめオンラインショップです

 

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連中級者向けドライバーおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連【試打評価】PING i230アイアン|ほぼ弱点なしの最高のアイアン。優勝です【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430MAXドライバー|最強に飛ぶ!曲がらないだけのPINGの時代は終わった。【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430SFTドライバー|スライサーの救世主になるドライバー【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

関連【名器試打評価】PING G400MAXドライバー|最高峰の安定感を誇る名作【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING i525アイアン|ブレード型なのに安定感抜群でやさしいアイアン【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G425MAXとG425LSTドライバー|安定性は間違いなく最高レベル

関連【試打評価】PING i59アイアン|凝った作りだけどほぼマッスルバック【口コミ】

関連【試打評価】PING G430アイアン|究極の安定感。パーオン率を上げたいなら買い【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430ハイブリッド|安定性は最高。飛びはそこそこ【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX5 Mk2 LSドライバー|低スピンで飛ばせる。松山英樹が使うのも納得のポテンシャル【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX5 Mk2ドライバー|スピンがしっかり入る安定系。飛距離は普通【口コミ・評判】

関連【試打評価】PING G430MAX フェアウェイウッド|上がりやすさと安定感が魅力【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事