MENU
アイアン

PING i59アイアンが登場。2021年9月9日発売決定

PING i59アイアンが登場

G425ドライバーが発売されてから現在も勢いの衰えないPING。そこで今回は、新たなアイアンの情報を入手しました。モデル名は「PING i59」です

i59はブレード型のアイアン形状になっています。iシリーズということだからi210それかiBladeあたりの後継機種になるアイアンではないかと噂されていますが、ブレード系なんでiBladeと比べるのが順当かなと思います

※2021年4月24日追記:PGAツアー会場にて、ビクトル・ホブラン選手が実戦投入しました
※2021年7月21日追記:i59はiBladeの後継モデル。アルミインサートを内蔵

PING i59アイアン

なんども言いますがi59はブレードタイプのマッスルバック形状海外では未だに使用者の多い「i210」か「iBlade」の後継じゃないのかとの声が多いですがブループリントのような軟鉄鍛造アイアンのようにも見えます

▼一番最新のPING i59の画像が公開

i59のヘッド写真を見てみると、トウ側にはウェイトなのか、はたまた樹脂などの注入口らしきモノが見えます

恐らく樹脂インサートを注入するための穴かなと思いますが、果たしてどうなっているだろうか

アドレス時のヘッド形状などが公開

詳細なスペックはまだ不明ですが、ヘッドサイズはかなりコンパクトでトップブレードも薄くてシャープです

こちらは3番アイアン

まさ
まさ
GolfWRXでほぼすべての番手の写真が掲載されているのでご確認ください

PING i59アイアンの画像を確認する

2021年チューリッヒクラシックで登場

2021年PGAツアーチューリッヒクラシックの会場で、男子世界ランキング15位のビクトル・ホブランがi59アイアンを実戦投入したことがSNS上で話題となっています

PING i59はアルミインサートを搭載

i59では前作にあたるとされるiBladeとは異なり、アルミコアインサートを内蔵するとのことです

ヘッド内部に軽量のアルミパーツを内蔵することによって、周辺重量を増加しこう慣性モーメント化を実現しています。これによってヘッドサイズの大きなi210と同クラスのMOI値を実現したとのこと

プレーヤーテストの結果では前作比12%ものブレを軽減することに成功したようです。ほんとかよ!?と思うのですが、これは実際に打ってみないとなんとも言えないところですね

 

PING i59アイアンの発売時期

i59アイアンの発売日は2021年9月9日に決定

関連PING2021年モデルウェッジか、「GLIDEフォージドプロ」がツアー会場で確認

今の所情報としてはこんな感じ。また新たな情報が入り次第随時更新していきます

合わせて読みたい

関連【限定】エピックスピードトリプルダイヤモンド発売|取扱店と特徴まとめ【キャロウェイ】

関連記事