MENU
試打&評価

PING i59アイアン試打評価レビュー|凝った作りだけどほぼマッスルバック【口コミ】

PING i59アイアン試打評価レビュー

見た目は完全にただのマッスルバックっぽいけど、たぶん中空アイアンで、しかもとても凝った作りで話題の「PING i59アイアン」の試打を行いました。今回もデータ計測にはGCクワッドを使用しました

という事で、今回もGCQuadで計測したデータと実際に打ってみた感想をもとにi59アイアンをレビューしていきます

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

安いのはこちら

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

結論:マッスルバックユーザー以外には厳しい

PING i59アイアンのバックフェース③

アルミインサートが入っていたりとテクノロジー的な部分で言えば、とても凝った作りので、このボディにそれを詰め込んだのかと考えればそれは凄いことです。これは中空アイアンにカテゴライズされるのでしょうか?見た目は完全にブレードアイアン、いわゆる俗に言うマッスルバックです

「ブレードの顔して新構造」というキャッチフレーズなので、これを見ると、見た目よりも優しく打てそうな印象を持つかと思います。ぼくもその一人です

ところが実際に打ってみると、いわゆる1ピース軟鉄鍛造マッスルバックアイアンと基本的に一緒だと感じました

ミスヒットへの寛容性もキャビティ系アイアンほどではありませんし、ノーマルロフトなので飛距離も特段出ません

ネガティブな意見ばかりですが、ようするに「期待しすぎるな」ということです

今までマッスルバック系のコンパクトなブレードアイアンを使っていた人であれば、新テクノロジーの恩恵をわずかながら受けることができるかと思いますが、そうではなくて今までハーフキャビティやもっとわかりやすい中空アイアンを使っていた方が使うと難易度に戸惑うことになりそう

対象は既にマッスルバックユーザーです。特にソリッドでしっかり目の打感が好きな人や、バウンス角が大きめのブレードアイアンを使いたいと考えているならおすすめです

あとバックスピン量は半端じゃなくて、通常営業のグリーンなら不要なレベル。ほぼどんなグリーンでも止められそうです

PING i59アイアンの概要

PING i59アイアンのバックフェース①

外観は完全にマッスルバックアイアンなのだけど、このコンパクトヘッドの中に新テクノロジーを詰め込んでいるから恐ろしい

まさ
まさ
そのぶん価格も上がっているけれど、PINGの技術力の高さを感じるモデルです

 

PING i59アイアンのアルミインサート

ヘッド内はこんな具合で、中空?構造になっていて、主に3種類の素材で構成されています

一つは軟鉄鍛造ボディ、そしてフェースには17-4ステンテススチール。フェース後方にはアルミコアインサートを搭載(オレンジのやつ)。これによって最適な重心設計を施しているそうです

 

PING i59アイアンのバックフェース②

ボディは軟鉄鍛造なのでFORGEDの刻印があります

 

PING i59アイアンのウェイト

トウ側には重心位置を調整するためのウェイトが装着されています

i59はPINGのアイアンらしくバウンス角が大きめなのも特徴です。7番で8°あります

ロフト角はいわゆるノーマルロフトで、7番だと34°です

 

PING i59アイアンのトップブレード

トップブレードはかなりシャープです

 

PING i59アイアンのアドレス時の顔

形状はPINGという感じでトウ側が角張った形状です

 

PING i59アイアンの試打計測データ

GCQuad

弾道計測にはGCQuadを使用しています

▼計測に使用したクラブのスペックは下記

  • 番手:7番
  • ロフト角:34°
  • シャフト:MODUS115
  • フレックス:S

 

PING i59アイアンのGCクワッド計測データグレーの部分が平均値。ヘッドスピードは別画面に表示されていて、平均で38.9m/sです

▼平均値をまとめたものが下記

ヘッドスピード38.9m/s
ボールスピード48.4m/s
打ち出し角22.1°
打ち出し方向1.1L
サイドスピン110R
バックスピン8085rpm
ピーク時の高さ33ヤード
降下角度48.9°
センターからのブレ1.8L
キャリー147ヤード
まさ
まさ
バックスピン量の多さはブレードアイアンらしくとても多いです

PING i59アイアン評価レビュー

PING i59アイアン評価チャート

 

飛距離性能には期待できないけど、バックスピンは絶大

PING i59アイアンのショットデータ

ノーマルロフトなので元々飛距離には期待していませんでしたが、やはり飛びません。そういうアイアンなのでそれで良いのだけど、バウンス角が大きめなのでもう少し飛んでくれるかなと思いましたが、そうでもありませんでした(バウンス角が大きいとダウンブローに入りやすくなるため)

ヘッド解析的にはそれなりにダウンに入っているんですけどね。やっぱりクラブの元々のロフトのほうが飛距離には影響が出やすいですね

飛距離が伸びなかったのはバックスピン量が7番で平均8,000回転を超えるというのも影響していると思います。プラスに捉えると、想像以上のスピン量でしかも降下角度も49°近いですから、これであればほぼどんなグリーンでも止められるでしょう

でも通常営業で普通のグリーンならここまでのスピン量は必要ないです。普段高速グリーンでラウンドしていたり、競技でグリーンに止められなくて苦戦しているという方にはメリットがありますが、そうでなければ宝の持ち腐れになってしまいそう・・・

まさ
まさ
とにかくスピンは凄い。そこは本当にトップクラスです

 

フェード・ドローの打ち分けはしやすい。が、難易度は高い

PING i59アイアン弾道イメージ

弾道はどちらにもコントロールできます。ドローでもフェードでも問題なく打ち分けられるので、ここはブレードアイアンらしくて良いところです

それよりも今回は新構造ということだから、ミスへの強さとか寛容性という部分に期待していましたけれど、特別な優しさは感じられませんでした。普通のマッスルバックと変わってないように思います。確かにこの小さいヘッドに色々な物を詰め込んできているのは凄いんですけどね

ヘッド構造のイメージによる過度な期待は禁物でございますし、これはPINGが「うちはこんなアイアンが作れるんやぞ」という技術力のアピールぐらいに思っておくのが良さげ

マッスルバックユーザーで、少しでもミスへの強いコンパクトなアイアンが良いと考えているならメリットがあるかもという程度です

 

しっかりした打感が好きならアリ

PING i59アイアンのフェース

どこかで1ピース軟鉄アイアンと遜色ない打感!なんて記事を読みましたけれど、全くそれはありませんでした

というか、メーカーの公式サイトにもソリッドな打球感と言っているし、その表現どおりだと思います

ステンレスフェースでアルミインサートなんで打球音が高めです。これはこういうものだと考えれば違和感はまったくないですけれど、1ピース軟鉄アイアンみたいな感覚を想像すると「なにこれ?」となるはず

しっかり目の打感が好みなら気に入ると思います。柔らかい打感が好きならブループリントの方が良いと思います

まとめ

PING i59アイアンのバックフェース③

素晴らしい技術力で、これだけの小さいヘッドに新構造を詰め込んだのは素直に凄いと思います。が、打ってみると見た目どおりだなーという印象の方がどうしても強かったです

見た目よりも優しく打てます!というアイアンではありませんから、打ち手の技術力も求められます。既にマッスルバックを使っていて、ソリッドな打球感が好きな方や、バウンス多めなモデルが好みならおすすめです

とにかくスピン量だけは凄まじいのと、バウンス角が多めなので実戦では力を発揮できるタイプです。寛容性への期待しすぎは禁物ですが、マッスルバックアイアンだと考えれば問題ありません

PING i59アイアンをできるだけ安く買えるおすすめショップ情報

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはRADSPEEDドライバーなど多数購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱いショップなので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

\メーカー正規ライセンス品取扱ショップ/

フェアウェイゴルフ公式サイト▶

※PING i59アイアン最安値

合わせて読みたい

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連マッスルバックアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連PING i59アイアンが2021年9月9日発売|特徴と最安値ショップ情報

関連PING G425MAXドライバーとG425LSTドライバー試打評価レビュー|安定性は間違いない

関連記事