MENU
クラブ新作情報

渋野日向子使用モデル|PING SIGMA2パターの特徴まとめ

どうもまさです

PINGの最新モデルパター「PING SIGMA2パター

音にかなりこだわりを持って作られたパターで、柔らかい打感のフェースインサートながら音がしっかり出ることで距離感を出しやすいというのが特徴です

最近のPINGは同一モデルのなかで数多くの種類を展開してきますが、今回はヘッドカラー違いも含めて全部で10種類という豊富なラインナップです

2019年の全英女子オープンで優勝した渋野日向子プロも使用しているパターでもあり、今大注目のパターです

そこで当記事ではPING SIGMA2の10種類のヘッドラインナップの特徴と、PING SIGMA2パターを安く購入可能なショップの情報をまとめました

是非パター選びの参考にしてください

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

この記事では以下の内容について解説しています

PING SIGMA2パターのラインナップと特徴

ストロークタイプと相性の良いヘッドの紹介

安くお得なUSモデルを安心して購入可能なおすすめ取扱いショップの情報

関連【2019】渋野日向子の最新クラブセッティング|女子ゴルフ若手黄金世代の注目株

PING SIGMA2パターの概要

「トゥん。」という広告が印象的なPING SIGMA2パター

フェース表面に、PING史上最も柔らかい打感と言われるフェースインサート「ソフトPEBAX」を採用しています

ただし打感が柔らかすぎるとフィーリングは出しやすくなる反面、打球音が静かになるので距離感を出しにくいというデメリットもあります

実際にぼくが使用しているパター(スコッティキャメロンなど)もフェースインサートが装着されていないステンレスパター。耳から入ってくる音という情報は距離感を掴むためには非常に大事なのであえてフェースインサートが入っていないモデルを使用しています

しかし、PING SIGMA2パターは柔らかい打感の「ソフトPEBAX」インサートの内側に、しっかりした打感と音がでる「ハードPEBAX」を装着しています

これによりソフトな打感なのに打球音がしっかり出て距離感を合わせやすいという構造になっています

 

TR溝で転がり抜群

PINGの特許技術であつTR溝のフェースパターンで転がりが安定して狙ったラインに乗りやすく、ロングパットの安定感が格段にアップします

 

簡単に長さの調整が可能

PINGは以前から長さ調整可能なパターを販売していましたが、今回から採用されている長さ調整機能は見た目にもスマートでデザインも損なっていないためかなり素晴らしい機能

調整範囲は32インチ〜36インチ

いろいろな長さを試しながら自分に合うように調整ができます

 

発売日

国内モデルの発売日は2018年12月14日です

 

US直輸入ショップ フェアウェイゴルフが安くておすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安い!なるべく安く購入するならUSモデルがおすすめです

通常USモデルとなると長さが長かったりなど懸念点がありますが、PING SIGMA2は長さ調整がかんたんに行えるので問題ありません

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

PING SIGMA2パターのヘッドラインナップ

プラチナ仕上げと、黒いヘッドのステルス仕上げでそれぞれ5種類ずつの展開です。それぞれのパターヘッドごとにおすすめのストロークタイプ(ストレート軌道・インサイドイン軌道など)も紹介します

PING SIGMA2 ANSER(アンサー) プラチナム仕上げ

  • 薄いトップブレードでシャープな形状
  • やや軽めのヘッド重量で操作性が高い
  • シンプルで飽きが
PINGの伝統的なアンサー形状(ブレード型)
 
PINGのブレード型はトップブレードが細めで非常にシャープな見た目が特徴です
 
ヘッド重量も350gと他のSIGMA2パターよりも軽量になっているので操作性も高く、特徴的な打球音と相まって繊細なタッチをだすことが可能
 
2019年の全英女子オープンで優勝した渋野日向子プロも使用中のパターとして改めて注目を集めています
 
しっかりとヒットしてパッティングしたい方に最適なパターです
 
ストロークタイプ

軽いインサイドイン

USモデルを選ぶならならフェアウェイゴルフがおすすめ

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

PING SIGMA2 Anser(アンサー) ステルス仕上げ

  • 薄いトップブレードでシャープな形状
  • やや軽めのヘッド重量で操作性が高い
  • プラチナム仕上げより締まって見える

ANCERプラチナムと形状は同じですが、仕上げの色が違うタイプ

 
こちらのステルス仕上げのほうが黒色のためより締まってみえる印象です
 
この2種類は見た目のイメージで選んでも良さそう
 
ストロークタイプ

軽いインサイドイン

 

PING SIGMA2 ZB 2

  • 薄いトップブレードでシャープな形状
  • 高慣性モーメントでミスヒットに強いブレード
  • ロングパットが打ちやすい

見た目はANCERに近いですが、キャビティが深く、ヒールとトウ側へ重心をより多く配置していることで慣性モーメントが25%増加。打点ブレに強いヘッドに仕上がっています

 
そしてショートスラントネックになっているのでよりインサイドイン軌道で打っていきやすいのでロングパットが打ちやすくなっています
 
ストロークタイプ

強いインサイドイン

 

PING SIGMA2 KUSHIN C(クッシンC)

  • センターシャフト
  • 視覚的に対象的なデザイン
  • 重ためのヘッドで軌道が安定

センターシャフトのモデル「KUSHIN C」

 
シャフトを軸に対称的なデザインになっているフェースバランスなのが特徴。まっすぐストレートしていきたい方に最適なモデル
 
特にショートパットでひっかけに悩んでいる方におすすめです 360gとヘッドが重ためなのでストローク軌道も安定します

 

ストロークタイプ

ストレート

 

PING SIGMA2 FETCH(フェッチ)

  • ヘッド真ん中の空洞部分カップ内のボールを拾える
  • 非常に大きな慣性モーメント
  • ショートパットで右に外す方に最適

今回のSIGMA2パターで最も注目度の高いパター「FETCH」

 
ヘッドの真ん中にボールサイズの空洞がありますが、なんとカップの中のボールを取り出すことが可能! 見た目と意外な機能に加えてもちろん機能的にも優れています
 
非常に大きな慣性モーメントと365gのヘッドでショートパットの安定性が抜群。右にプッシュして外しがちな方におすすめのパターです
ストロークタイプ

ストレート

 

PING SIGMA2 TYNE 4(タイン4)

  • 角形状で目標に対してまっすぐアドレスしやすい
  • 重ためのヘッドで小さなストロークで打てる
  • ひっかけによるミスが出にくい

前作でも人気だったTYNEのヒールシャフトバージョン

 
角のような形状で目標にたいしてまっすぐアドレスがしやすくのが見た目の特徴です
 
高慣性モーメントでミスヒットに強いことに加えてヘッド重量が重く370gあります。これによって大きなストロークが必要とせず芯でとらえる確率がアップします
 
ヒールのショートネックにシャフトを装着してるため引っかけによるミスを軽減してくれ、左へのミスをが多いゴルファーにおすすめです
ストロークタイプ

強いインサイドイン

 

PING SIGMA2 ARNA(アーナ)

  • オーソドックスなマレット形状
  • 360gでやや重ためのヘッド
  • 捕まりがよく右に外しにくい

オーソドックスなマレット形状にブレードタイプでお馴染みのクランクネックを採用しているヘッド

 
クランクネックになっていることで捕まりがよく転がりの良いパッティングが可能です
 
捕まりが良いのでパッティングでもフェースが開いて右に外してしまう方おすすめ 捕まりが良いので距離感もあってきやすくなります
ストロークタイプ

軽いインサイドイン

 

PING SIGMA2 VALOR(ヴァラー)

  • 四角いヘッド形状
  • 驚異的な優しさ
  • ミスヒットに強く転がりが安定

四角いヘッドデザインが特徴的で、驚異的な優しと安定性を持っているパター

 
365gのやや重ためのヘッドでストロークも安定しやすく、ストロークタイプを問わず高い安定感が手に入ります
 
重心が深く転がり性能も高いのでミスヒットして転がりが安定しない方におすすめです
 
ストロークタイプ

軽いインサイドイン

 

 

PING SIGMA2 TYNE(タイン)

  • 目標に対してまっすぐアドレスしやすい
  • フェースバランス
  • ストレートなヘッド軌道

2本の角が特徴的で目標に対してラインのイメージが出しやすいパター

 
TYNE4と違いダブルベントのネック形状でヘッドがまっすぐ動きやすい。ストレートな軌道をイメージしやすい方にはこちらのTYNEがおすすめです
ストロークタイプ

ストレート

 

PING SIGMA2 WOLVERINE H(ウルヴァリンH)

  • 大型でミスヒットに強い
  • 大型ながら操作性がよく距離感をコントロールできる
  • 深重心転がりが良い

大型のマレット形状で高慣性モーメント。ミスヒットに強く常に転がりが安定するタイプですがクランクネックでややインサイドイン軌道でストロークしていきたい方にマッチするパターです

ショートパットの精度が抜群に高く、短いパッティングを確実にいれていきたいけどブレードの感覚で打っていきたい方に最適

ストロークタイプ

軽いインサイドイン

 

PING SIGMA2パターを安く購入するならUSモデルがおすすめ

はじめに紹介しましたが再度ご案内します

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安い!なるべく安く購入するならUSモデルがおすすめです

通常USモデルとなると長さが長かったりなど懸念点がありますが、PING SIGMA2は長さ調整がかんたんに行えるので問題ありません

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

まとめ

PING SIGMA2のタイプ別の特徴と安く購入可能なショップ情報でした

多くのバリエーションがありますのでどんなゴルファーにも対応可能な点がPINGならではです

以上、渋野日向子使用モデル|PING SIGMA2パターの特徴と最安値取扱い店情報をまとめました。という話題でした

関連【2019年版】パターおすすめランキング|人気の24機種を厳選紹介




関連記事