シャフト試打評価

プロジェクトXシャフト試打評価レビュー|飛距離のバラツキが少なく、安定感アップ

プロジェクトX試打評価レビュー

元ゴルフショップクラフトマンの専門家が、プロジェクトXシャフトの試打評価を行いました

まさ
まさ
どうもまさです

スチールシャフトといえば、トゥルーテンパー社の『ダイナミックゴールド』と、日本シャフトから発売されている『NS PRO 950』が有名。コントロール性能に優れることから、今でもスチールシャフトはプロの使用率も高いことで知られています

スチールシャフトにも様々なモデルがありますが、そんなスチールシャフトの中から、アメリカPGAツアーでの使用率も高く、パワーヒッターに人気の、トゥルーテンパー社『プロジェクトX』の試打を行いました

そこでこの記事では

  • プロジェクトXシャフトはどういったシャフトか
  • プロジェクトXシャフトを試打してみてのレビュー
  • こんな方におすすめ

以上の3点をメインに、データ計測をもとにした解説を交えながら、わかりやすくレビューしていきますので、是非シャフト選びの参考にしてみてください

プロジェクトXシャフトの概要

プロジェクトX概要
  • 入射角が緩やかになる
  • エネルギー効率が高い弾き系シャフト
  • 重ためでハッドヒッター向け

プロジェクトXはPGAツアーなど欧米の選手に非常に人気のあるモデルで、基本的にはハードヒッター向けのシャフトという位置づけです

特に最近のスチールシャフトの中では珍しいステップレスとなっているのも特徴のひとつ(シャフトに節がないもの)

現在はカタログ上で元調子という表記になっていますが、以前の販売元であったプレシジョン社時にはカタログに中調子という表記になっていました

これは計測上の関係もありますが、トゥルーテンパー社が計測した場合であるということで、実際にはプレシジョン社から発売されていた物と製品自体は全く同じです

2006年にトゥルーテンパー社がロイヤルプレシジョン社を買収し、関連商品はトゥルーテンパーの製品となりました

プロジェクトXはダイナミックゴールドやNS PROのようにシャフトにステップが無いのが特徴で、番手ごとに最適なしなりとなるように、手元側から先端側にかけての太さを変えています

高重量のスチールシャフトなのだけれども、カーボンシャフトのような加速感を味わうことができ、エネルギー効率が非常に高いモデルとなっています

またシャフトの中心部の剛性が高めに設定されている特性上、入射角が緩やかになるという効果も期待できるので、ヘッドが鋭角に入り過ぎる方にはもってこいのシャフトです

スペック&振動数

スマホからの閲覧の方は、表を横にスクロールしてご覧頂けます
フレックス 3456789PW
7.0(X+)重量119g
振動数337341346352360370375380
バランスD2D3
6.5(X)重量115g
振動数330335340346353360366372
バランスD2D3
6.0(S+)重量112g
振動数325331338342347355362368
バランスD2D3
5.5(S)重量107g
振動数320325333338344350357362
バランスD2D3
5.0(R+)重量105g
振動数316320325330335341348356
バランスD2D3

※振動数とバランスは参考値ですので、組み合わせるヘッドやグリップ、長さによって変化します。あくまでも目安としてお考えください

 

プロジェクトXシャフトの試打評価レビュー

プロジェクトX試打クラブ2

試打クラブのスペック

ヘッド本間ゴルフ TW747V
番手7番
シャフトプロジェクトX
フレックス6.0(S+)
総重量446.5g
バランスバランスD3.4

 

プロジェクトXの試打計測データ

プロジェクトX試打計測データ_Fotor
ヘッドスピード35.5m/s
ボールスピード48.3m/s
打ち出し角20.3度
サイドスピン460右rpm
バックスピン6192rpm
キャリー148ヤード
総距離158ヤード

4球試打をしてみての平均値のデータです

飛距離性能

ヘッドスピード35.5m/s
ボールスピード48.3m/s
キャリー148ヤード
総距離158ヤード

飛距離性能:

飛距離性能に関していうと、TW747Vに標準装着のDG AMT WHITEモデルを打った場合と比較してもほぼ同様の結果となりました

重量的にはこちらのほうが9gほど重たいのですが、エネルギー効率も高く、ボール初速も十分出ています

同一ヘッドなので、特段飛ぶようになるということはありませんが、持っただけで明らかに重く感じるクラブになっても飛距離性能に影響が出にくいのは非常に良い結果ではないでしょうか

特に良いなと感じる部分は入射角が緩やかになり、飛距離のバラつきが少ないところ

ぼくは基本的に入射角が鋭角なタイプのスイングなので、インパクトロフトが変わりやすく、飛距離にバラツキのでるシャフトは使いたくないのですが、プロジェクトXは入射角が緩やかになるので、飛距離が揃いやすいのが好印象でした

シャフトの中間部の剛性が高く、相対的に先端がほどよく走ることで入射角が緩やかになります
まさ
まさ
使えなくはないですが、個人的にはスイングスピードにもオーバースペックなので、使うなら5.5あたりをチョイスしてもう少し総重量を軽くしたいところです

 

弾道&方向性

打ち出し角20.3度
最大の高さ29ヤード
サイドスピン460右rpm
軸からのズレ(ターゲットライン)

左に2ヤード

方向性:

方向性に関しては素晴らしいの一言。4球打ってみて、全てターゲットラインから一桁のズレという好結果です

やはり全体的な剛性感が高く、スイング中のヘッド軌道は非常に安定します。こういったところも、ハードヒッターが多いPGAツアーなどでもウケている点だと感じます

ヘッドは走るんですが、極端に返りすぎることもなく、左へのミスもかなり軽減できます

 

フィーリング

フィーリング:

フィーリング的にはスチールシャフトを降っているというよりは、硬めのカーボンシャフトを振っているような感じ。ダイナミックゴールドのような粘り感は少なく、どちらかというと弾き感の強いシャフトという印象です

粘り感の強いスチールシャフト(ダイナミックゴールドなど)を今まで使っていた方だと違和感を感じるほどで、粘り感のあるシャフトが『グニャッ』とした表現だと、プロジェクトXは『ピンピン』しているという表現になりそう

スイングタイプ的には、シャフトが寝て入ったり、振り遅れて右プッシュが出てしまう方と高相性ですね

 

プロジェクトXの試打評価のまとめ

こんな方におすすめ

  • ヘッドスピードに自信のあるハードヒッターの方
  • 振りおくれのミスが出やすい方
  • ヘッド入射角を緩やかにしたい方

総合評価:

方向性が良く、入射角も緩やかになることで飛距離のバラつきも少なくなり、アイアンショット全体のクオリティを高めてくれます。アイアンの安定感をアップさせたい方におすすめしたいモデル

ただし、重量は重ためで、フィーリングとしても硬めのシャフト。参考までですが、ドライバーのヘッドスピードが45前後なら5.5あたりをチョイスするのが無難です

この記事が参考になったという方は是非シェアをよろしくお願いします!!

以上、プロジェクトXシャフト試打レビュー|飛距離のバラツキが少なく、安定感アップ。という話題でした

 

人気【2019年版】 アイアン用スチールシャフトおすすめ人気ランキング

関連記事
TENSEI CK PROオレンジ試打評価レビュー シャフト試打評価

三菱ケミカルTENSEI CK PROオレンジ試打レビュー|振り抜き抜群で飛距離アップ!

2019年2月16日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介という記事でも紹介していますが、現在最もホットな …
シャフト試打評価

見栄でシャフトを選ばない!! 知っておきたいシャフト選びのポイント

2018年2月18日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最近はクラブのスペックで見栄を張るのをやめた。むしろちょっと柔らかいなと感じるぐらいのシャフトの方が自分にはあってる。自分はXシャフト!って …
フジクラ スピーダーSLK シャフト試打評価

【スピーダーSLK試打評価レビュー】短尺専用シャフトでドライバーを44インチにして効果を検証してみた

2019年7月12日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
スピーダーSLKの試打評価レビューです 以前から気になっていたドライバー用のシャフトを入手しました それが短尺専用のドライバーシャフ …
シャフト試打評価

【モーダス125】MOUDUS3 SYSTEM3 Tour125試打評価レビュー|このシャフト、かなり良い!

2019年8月5日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
モーダス125シャフトがどういったシャフトがお調べですか? 日本シャフト人気スチールシャフトシリーズ モーダスの中から『NS PROモ …