MENU
ゴルフボール試打評価

【2019モデル】タイトリスト プロV1/プロV1X試打&評価|世界ナンバーワンボールの最新作の実力やいかに

2019タイトリストプロV1/V1X試打レビュー

どうもまさです

世界で使用率ナンバーワンのボールである、タイトリストプロV1・プロV1Xの2019年最新モデルが発売されましたので早速購入してみました

毎作しっかりと進化して性能面でも非常に優れたボールで、これから購入を検討している方も多いと思います

そこでこのページでは、2019年モデルのタイトリストプロV1・プロV1Xを実際に打ち比べ、データ計測を行ってみましたので、良かった点や気になる点を正直にレビューしていきます

同時期に発売されているスリクソンのボールもレビューいますので、ボール選びの参考にしてください

 

【2019】タイトリスト プロV1・プロV1Xの特徴

  •  驚異的なスピン性能がさらにアップ
  • ソフトな感触なのに高初速化に成功
  • プロV1で初めてイエローが登場

世界中に使用者がいるプロV1ですが、なんといっても最大の特徴はドライバーショットなどのロングゲームでの飛距離性能

プロがこぞって使用する理由はここにあり、コース延長による厳しいセッティングでも戦えるボールとして選ばれています

さらに飛距離がだせるボールでありながら、ショートゲーム時の柔らかいソフトなフィーリングとスピン性能が抜群で、スコアメイクに欠かせない性能が全て詰め込まれたボールです

圧倒的な飛距離とスピン性能、両方を高次限でまとめたボールを求めている方に最適なモデルとなっています

また、2019年モデルからプロV1シリーズとしては初めて?イエロー色が追加されました

カラーボールがなかったことでプロV1を使用してこなかったゴルファーの方にも、是非とも試して頂きたいボールです

 

【2019】タイトリストプロV1の試打レビュー

2019タイトリストプロV1

まずは数字の色が黒色のプロV1から試打を行いました

メーカーの公式ページによると

驚異的な飛距離性能

安定した弾道

ロングゲームで低スピン

風に負けない強い弾道

ドロップ&ストップ、ショートゲームコントロール

非常にソフトな打感

というのが大まかな特徴です。個人的にもプロV1の方はソフトな打感でスピン性能が高いという印象があります

ところが近年のプロV1は飛距離性能もかなり向上しているというのもあり、多くのプロがV1XからV1に移行しているという話もよく聞きます

それでは計測データを見ていきましょう

プロV1:ドライバーショット時の計測データと感触

プロV1ドライバー計測データ
ヘッドスピード(m/s)46.0
ボールスピード(m/s)66.8
打ち出し角(°)15.1
サイドスピン(rpm)110右
バックスピン(rpm)2812
キャリー(ヤード)251
総距離(ヤード)271

総合評価:

まずデータから見ていきますと、初速は66.8m/sと初速の速さは特筆ものです

ただしバックスピン量が2812と多めの結果だったのが残念です。ただしこれは、ややフェースの下目でヒットしたことも要因(ドライバーのフェース下部で打つとギア効果が働きバックスピン量が増加してしまう)なので、決してプロV1ボールが悪いというわけではございません

フェース中央から上目でヒットできればさらにスピン量は抑えることができます。逆に考えると、下目でヒットした場合にもかかわらずバックスピンが3000を超えていない点が素晴らしいと感じます

ぼくの場合は、通常だとキャリー250ヤードを基準にしているので、このスピン量にして251ヤードという数値は正直驚きを隠せません

はっきり言って飛ぶボール!

ミスヒット時でも飛ばせることを考えると飛距離性能的には文句なし!

最後に、打感的にはそれほど柔らかいという印象はなく、昨今のウレタンカバーのボールの中では普通ぐらいというのが正直な感想です

まさ
まさ
ミスヒットでも飛距離が出る、間違いなく飛ばせるツアー系ボール

 

プロV1:7番アイアンショット時の計測データと感触

プロV1アイアン計測データ
ヘッドスピード(m/s)36.2
ボールスピード(m/s)49.3
打ち出し角(°)21.4
サイドスピン(rpm)285右
バックスピン(rpm)6365
キャリー(ヤード)151
総距離(ヤード)161

総合評価:

7番アイアンでの試打データです

やはり特筆すべきはバックスピンの量。個人的に7番アイアンで6000rpmいけば満足しているのですが、プロV1は平均値で6300を超えてくるという結果でした

ここまでスピンが増えるとよほど高速のグリーンでない限りはピタッと止めることができます

問題はバックスピン量が増えると飛距離が落ちてしまうのではないか?という不安がでてきますが、普段狙っている距離が打てているので全く問題ありませんでした

ドライバー同様にボール初速がアップしているのが、スピンがかかっても飛距離が落ちていない理由です

総合的にみてスピン量が増加しながらも、飛距離ロスせず今までどおりの距離感でグリーンを狙っていけるというボールです

それでいて今まで以上に止まるので、よりピンポイントでターゲットを狙って行くことが可能です

打感的にはドライバーショット時の印象と同じで、特段柔らかいということは感じませんでした

まさ
まさ
スピン量が増加するが今まで同じような距離感で狙っていける

 

【2019】タイトリスト プロV1X試打レビュー

タイトリストプロV1X

プロV1よりもやや硬めのフィーリングで飛距離重視のボールという印象が強いのが、プロV1X

メーカーの公式ページによると

驚異的な飛距離性能

安定した弾道

ロングゲームでの低スピン

理想的な中高弾道

ドロップ&ストップ、ショートゲームコントロール

ソフトな打感

という感じです

やはり飛距離を重視しているというのがわかりますが、実際のところはどうなのか

試打計測データを見ながら解説していきましょう

プロV1X:ドライバーショット時の計測データと感触

プロV1Xドライバー計測データ
ヘッドスピード(m/s)45.9
ボールスピード(m/s)66.6
打ち出し角(°)15.4
サイドスピン(rpm)140右
バックスピン(rpm)2789
キャリー(ヤード)251
総距離(ヤード)270

総合評価:

先に紹介しているプロV1よりもボール初速がでており、なおかつ高弾道でバックスピン量は少なめです

プロV1同様にフェース下部でヒットしてしまうことが多く、バックスピン量が2700台という結果でしたが、プロV1よりは少なめなのでより低スピン化できるボールであることは間違いなさそうです

ミスヒットでも飛距離が出るのでこちらも間違いなく飛ぶボールです

ただし、プロV1と比較しても飛距離的にはほぼ一緒ぐらいという結果なので、飛距離で考えるならどちらを選んでもいいのかな、と思います

打感は硬くはないが柔らかいと感じるほどでもなく、ややしっかり目

まさ
まさ
プロV1同様にミスヒット時でもしっかり飛ぶ!打感はちょっと硬め

 

プロV1X:7番アイアンショット時の計測データと感触

プロV1Xアイアン計測データ
ヘッドスピード(m/s)35.9
ボールスピード(m/s)48.9
打ち出し角(°)21.4
サイドスピン(rpm)315右
バックスピン(rpm)6670
キャリー(ヤード)148
総距離(ヤード)158

総合評価:

アイアンショットでのスピン量が非常に多いので、正直驚きました

7番アイアンでのバックスピン量はプロV1よりも300rpm以上多くなり、非常に止まるボールという結果です(男子プロは7番アイアンで7000程度)

これだけのスピン量だとほとんどのグリーンで簡単に止めることができると言っていいでしょう

ただ、ここまでスピン量が増えると飛距離的にはやや落ちて、平均で3ヤード飛ばなくなりました

こればかりはしょうがないところですが、このスピン量は素晴らしいの一言です

アイアンでスピン量が少なめな方にはうってつけのボールです

ドライバーショット時と同じでややしっかり目の打感です

まさ
まさ
プロV1よりもアイアンのスピン量は多い!少し飛距離が落ちる

 

まとめ

総合的にみて、飛んで止まるボールの代表格であることは間違いありません

試打をしてみて感じたのは前作よりも飛距離性能が格段向上している点。ミスヒットにも関わらず、キャリーで250ヤード以上の距離が出るのは個人的にビックリしています

しっかりとフェースの芯で打てればさらなる好結果が期待できるボールです

アイアンに関してはスピン量が増加しているものの、ボール初速もアップしているので、今までの距離でより止まるボールが打てるようになりました

総合的にみて、2種類のボールは打感以外にほとんど大差がないので打感で選んでもいいというレベルです

以上、【2019】スリクソンZ-Star&Z-Star XV試打&評価|ソフトフィーリングで飛んで止まる。という話題でした

【2019】タイトリストプロV1シリーズを安く買うならUSモデルがおすすめです

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがフェアウェイゴルフさん

ぼくが普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います




関連記事