弾道計測器

6万円台で買える弾道計測器「Rapsodoモバイルローンチモニター」が結構使えそうなので特徴と取扱店を紹介しておく

Rapsodoモバイルローンチモニターの特徴まとめ
まさ
まさ
どうもまさです

当サイトでも「弾道計測器「スカイトラック」評価レビュー|精度が高くコスパ最高の計測器で買ってよかった」という記事で紹介したように、弾道計測器を購入しました

精度も高くて弾道データも詳細に把握できる点から、購入してからかなり気に入って使用しています

しかし30万円はしないにしても非常に高価な品物で、まだまだ一般的な価格ではないことは確かです

そんなことを考えていた矢先に海外ですでに話題になっていた「Rapsodoモバイルローンチモニター」という弾道計測器が非常に使えそうだし、面白そうだったので特徴と購入可能な取扱い店を紹介しておこうと思います

正直ここは残念だなと感じるところもあるので、そちらも合わせてお話しておきます

Rapsodo社はスカイトラックのハードウェアも担当している企業。野球などのポータブルトラッキングシステムを開発していることでも有名です

関連弾道計測器「スカイトラック」評価レビュー|精度が高くコスパ最高の計測器で買ってよかった

「Rapsodoモバイルローンチモニター」の概要

Rapsodo Mobile Launch Monitorの概要
  • 6万円台で購入可能
  • 飛びの要素に関するデータは一通り測定可能
  • ショットトレーサー機能によってスイングと弾道を映像で確認
  • スマートフォンをモニターとして使用

まず価格としては599ドル(日本円で62000円前後)ということから、一般的なプレーヤーでも手が出る価格設定ではないでしょうか

ぼくの感覚が狂ってきている可能性も感じますが、個人用として使える弾道計測器をこの価格で購入できるというのはかなり安いのでは?と思いますね

Rapsodoモバイルローンチモニターで計測できるデータは以下のとおりです

  • ボールスピード
  • ヘッドスピード
  • 打ち出し角
  • 打ち出し方向&ショットタイプ
  • 飛距離(キャリー)
まさ
まさ
以上の5つが計測可能ですが、スピン量の計測はできないようです

弾道とスイングを映像で楽しめるのはなんだかプロの試合映像を見ているみたいで、もの凄く楽しそう

個人的には欲しくなる理由はこれだけでも十分かなと思います

 

スマートフォンをディスプレイとして使用するコンパクトなデバイス

Rapsodo Mobile Launch Monitorスマートフォン

モニターにはスマートフォンを使用します(専用アプリがあるのでダウンロードが必要)

Rapsodoモバイルローンチモニターの本体自体も非常にコンパクトで、5.3インチというサイズ感だからほぼスマホと同サイズと考えて良いでしょう

非常にコンパクトで起動速度も速く、反応も優れているという点が海外メディアでも高評価の理由となっているポイントです

まさ
まさ
これだけコンパクトだと、スロープレーに注意すればコースでのラウンドでも使えそうな気がします

 

Rapsodoモバイルローンチモニターの精度

Rapsodo Mobile Launch Monitorの精度

実際には使用していないのでこの部分はなんとも言えませんが、海外のレビュー記事を確認したところ肯定的な意見が多く、精度に関しては好印象をもつ人が多かったです

当サイトの試打レビューでも度々登場している高精度弾道計測器GC2と比較してもほぼ同じボールスピードを計測できるということでしたので、信頼性については期待できる代物だと言えます

データ的には、GC2と比べても「距離の誤差も2ヤードから3ヤード以内」に収まり、一貫性のあるデータが取れるとのことで、ショットごとの極端なバラつきもなさそうです

まさ
まさ
GC2と比較しても誤差がないのであれば実戦レベルで使えるモバイル計測器といえるでしょう

スマホのアプリにデータを並べて比較するということも可能

Rapsodoモバイルローンチモニターの残念なところ

スピン量が計測できないところは正直残念ですが、この価格帯のモバイル弾道計測器としては現状しょうがないところなのかも知れません

また、屋内やネットでのショットでは計測できないようです。計測には50フィートから70フィートの距離がないと測れないみたいなので、あくまでも屋外での使用がメインとなる計測器です

まさ
まさ
自宅の庭などや、屋内での使用はできないので注意が必要なポイントです

 

Rapsodoモバイルローンチモニターを購入できるおすすめ取扱いショップ

現在では日本国内では取り扱っているのはショップはなく、入手自体な状況でしたが嬉しいことにUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさんでの取扱いが先日開始しました

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱い店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まとめ

Rapsodoモバイルローンチモニターのまとめ

Rapsodoモバイルローンチモニターの紹介でした

6万円台で購入可能な弾道計測器としては、映像で弾道を見れるし計測データも正確となればかなり安いかなと思います

資金に余裕があればスカイトラックの方がより詳細なデータを取れるのでおすすめですが、20万円以上はちょっと・・・と感じる方にはRapsodoがちょうど良いかも知れません

以上、6万円台で買える弾道計測器「Rapsodoモバイルローンチモニター」が結構使えそうなので特徴と取扱店を紹介しておく。という話題でした

関連弾道計測器「スカイトラック」評価レビュー|精度が高くコスパ最高の計測器で買ってよかった

関連個人で購入可能な「ゴルフ用 弾道計測器」|おすすめ機種6選【用途別に紹介】

関連【2019年版】腕時計型ゴルフ用GPSナビ|おすすめ人気ランキング