MENU
アイアン試打評価

本間ゴルフ『TW-MB ローズプロト』アイアン試打評価レビュー|PGAツアー仕様のマッスルバックアイアン

まさ
まさ
どうもまさです。衝動が抑えられず、ジャスティン・ローズが使用しているマッスルバックアイアンを購入しました

ローズプロトアイアンに興味があるけど「実際どんな感じのアイアンかわからない」、「自分に打てるのだろうか?」と気になっている方もいらっしゃると思います

そこでこの記事では、本間ゴルフTW-MB ローズプロトアイアンを実際に購入した私が、データ計測を行った感想と使用感を正直にレビューしていきます

ぜひクラブ選びの参考にしてください

本間ゴルフ TW-MB ローズプロトアイアンの概要

本間ゴルフが2019年1月1日から契約した、アメリカPGAツアーを主戦場に戦うジャスティン・ローズのために製作したプロトタイプアイアンです

当初は市販化する予定はなかったそうですが、驚きなことにジャスティン・ローズがクラブをチェンジした直後に優勝するという快挙を成し遂げました

その後、反響の大きさから、急遽販売が決定したという敬意があります

クラブへの強いこだわりを持つローズの意見が反映され、0.5mm単位での調整を行ったモデルであり、非常にスマートでクールな外観をしていることでも話題となっています

関連ジャスティン・ローズのマッスルバックアイアン「TW-MBローズプロト」発売決定!【本間ゴルフTW747】

スペック

ヘッド素材/製法軟鉄(S20C)/一体鍛造
ヘッド仕上げ2層メッキ+サテン仕上げ
7番アイアンのロフト角34°
7番アイアンのライ角62.5°
フェースプログレッション4.8mm

 

本間ゴルフ TW-MB ローズプロトアイアン試打評価レビュー

ローズプロトアイアンの画像

試打クラブスペック(実際に購入したもの)

ヘッドTW-MB ローズプロト
ロフト角34°(7番アイアン)
ライ角62.5°(7番アイアン)
シャフトダイナミックゴールドAMT WHITE
フレックスS200
総重量436g
バランスD-2
まさ
まさ
ライ角がローズ仕様なので標準だとややアップライト。ぼくの場合は自分で調整ができるので、あえて標準のライ角で作りましたが、本来だとライ角も意識して作るのが正解だと思います

ちなみにぼくは身長が178cmでライ角的にはちょうど良い感じです

シャフトはダイナミックゴールドAMT WHITEをチョイス。ダイナミックゴールドAMTをエースとして使用していたので違和感なく変更できると考えてこのシャフトにしました

関連ダイナミックゴールドAMTを実際に使用してみての感想と評価【試打】

試打計測データ

ローズプロト試打計測データ
ヘッドスピード35.4m/s
ボールスピード48.1m/s
打ち出し角19.9°
サイドスピン121左rpm
バックスピン5557rpm
キャリー149ヤード
総距離161ヤード
ぶっつけ本番で7球打ってみての計測値の平均データです

ヘッド形状

ローズプロトヘッド画像

ヘッド形状:

切れ味の鋭さが伝わってくるクールな外観で、見た目は文句なしの満点です

トップブレードがストレートでターゲットに対してアライメントが取りやすく、とにかく構えやすいのが好印象。トウ側が立っているのとライ角がアップライトでいかにも捕まりやすそうな雰囲気があります

気になるのは、ネックが長めでソールも薄いことで重心位置がかなり高くなるように設定されています。 ここが打ち手を選ぶ部分になってきそうです

まさ
まさ
見た目は文句なしでかっこよすぎるアイアン!

ただし、人によってはヘッドが小さすぎて威圧感を感じるかなと思います

飛距離性能

キャリー149ヤード
総距離161ヤード

飛距離性能:

飛距離性能についてはノーマルロフトのマッスルバックということで期待はできません

平均値は上記のとおりですが、芯で捉えた時とミスヒットではキャリーで9ヤードの差がでました。ミスヒットには決してやさしくなく、しっかりスイートスポットでボールを捉える能力が求められ、ソールが薄く重心位置が高いのでスイングタイプとしてはダウンブローにヘッドを入れていける方に向いていますね

ただ、ソールは狭いなりにバンス角が2°ほどアップするように設計してあり、刺さりすぎないので意外にもダフリには寛容なタイプのマッスルバックアイアンといえます

軟鉄素材なのでロフト調整が可能です。ぼくも1度立てて使おうかなと検討中
まさ
まさ
決してやさしいとは言えませんが、ダフリのミスにはそれほどシビアではない印象です

※大ダフリはさすがに無理

弾道&方向性

サイドスピン121左rpm

弾道&方向性:

コンパクトなヘッドでライ角もアップライトなので捕まりはすこぶる良い感じです

とはいえサイドスピンの量もそれほど多くなく、基本的にはストレート系の弾道でターゲットを狙っていく感じで打っていけそうです

3球目はかなりドローを強めに打っていくイメージで打ってみたところ、しっかりコントロールできたドローを打つことができました

操作性も非常に高いアイアンで、捕まえたい時にはちゃんと捕まり、逃したい時にはフェードが打てる、といった具合に状況に応じて弾道を打ち分けていくことが可能です

まさ
まさ
アップライトな見た目で捕まりは良好。方向性・操作性ともに良い感じです

打感&フィーリング

打感&フィーリング:

打感についてはもう最高の一言で、これ以上なにを求めるのかというレベルです

素材は軟鉄のなかでも柔らかいとされるS20Cを採用していることと、鍛造マッスルバックが相まってフィーリングがめちゃくちゃ良いです

まさ
まさ
フェースに吸い付く打感でたまらなく柔らかいフィーリングです

本間ゴルフ TW-MB ローズプロトアイアンの試打評価まとめ:総合評価

こんな方におすすめ

  • 軟鉄鍛造のソフトなフィーリングを求める方
  • ダウンブローにヘッドを入れていける方
  • 操作性を重視し、状況に応じて球筋を打ち分けたい方

総合評価:

見た目や打感は言うことなしで最高にクールでカッコいいアイアンです

ただし、ソールの薄さやネックが長いことで重心位置が高め。ヘッドをダウンブローに入れていける方でないと芯よりも下でボールをヒットすることになり、薄い当たりとなってしまいます

ヘッドやネック軸周りの慣性モーメントが小さく操作性が非常高いので高低左右打ち分けたい方には最高でしょう

所有欲も非常に満たしてくれるカッコよさがあり、個人的にも買ってみてとても満足しています

カッコいいクラブでゴルフを楽しみたいという方は是非チャレンジしてみてほしいアイアンです

以上、本間ゴルフ『TW-MB ローズプロト』アイアン試打評価レビュー|PGAツアー仕様のマッスルバックアイアン。という話題でした

人気の記事【最新版】2019年 マッスルバックアイアン|人気おすすめランキング




関連記事