MENU
試打&評価

レジンゴルフ「RZN HS-TOUR」「RZN MS-TOUR」試打評価レビュー|コスパに優れた、間違いなく飛んで止まるスピン系ボール

RZN HS-TOUR&MS-TOUR試打評価レビュー

RZN Golf(レジンゴルフ)のボールを、テックウインドさんから2モデルご提供いただきました

という事で今回は「RZN HS-TOUR」と「RZN MS-TOUR」を今回は試してみます

計測にはスカイトラックとmevo+を使用。データと実際にラウンドで使用した感想を元にどういったボールだったのかをレビューしていきます

結論から言っておくと「2モデルとも共通して初速は間違いなく最高クラスで飛ぶ。それでいてスピン性能も抜群で実戦向き。飛んで止まるボールを探している方におすすめ」という感じでございます

■良い点

  • 初速がめちゃくちゃ速い
  • 柔すぎないから距離感が出る
  • 大手メーカーのツアー系よりは安い。コスパ◎
  • アイアンでのスピン量は十分
  • アライメントライン搭載は嬉しい

 

■残念な点

  • カバー耐久性はあまり高くない
  • 箱の色と数字の色が逆でわかりにくい
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

RZNボールの概要

RZN Golfボール
 HS-TOURMS-TOUR
構造4ピース3ピース
カバーアンチスリップウレタンカバーアンチスリップウレタンカバー
マントルハイスピードマントル3Dスピードロックマントル
アウターコア3Dスピードロックレジンコア
センターコアソフトラバーソフトラバー
コンプレッション値10585
弾道中/高弾道中弾道
打感よりソフトソフト
ウェッジスピン多いやや多い
税込み想定売価4,980円3,980円

RZN Golfのボールにはボールのコアの部分にレジンと呼ばれる合成樹脂を使用しています

レジンは比重の軽い合成樹脂です。使用用途として有名なのは、歯の治療だったりペットボトルの原材料です

ラバーコアとの違いは、まずは反発力の向上です

そして、比重が軽いからボールの外側に重さを持たす事ができるというのもメリットです。これによって慣性モーメントがアップします

ボールの慣性モーメントが大きくなると何が良いの?という事だと思うんだけど、弾道の頂点を迎えてから本来だとスピンがほどけて落下していきます

レジンボールでは、頂点を迎えてからもスピンを持続しやすくなります。対空時間を伸ばすことが可能になるという事です

まさ
まさ
簡単に言えば、中々落ちてこないから飛ぶって事ですね。めっちゃ良くない?

あとはディンプルの中にさらに小さなマイクロディンプルというのがあって、濡れた状態でもスピン性能を維持できるようです

  •  ラバーコアよりも反発力がアップ
  •  比重が軽いからボールの外側を重くできる
  • 慣性モーメントがアップ。スピンがほどけにくくなる

さらに詳しい構造が知りたい方は公式ページも見てみて下さい

公式テックウインド

▼最近流行りのアライメントラインも搭載。これは嬉しい

RZN MS-TOURアライメントライン

RZN HS-TOURとMS-TOURの試打データ

▼試打にはディレットを使用

DIRETTO OP2ソール

 

ドライバーショットのデータ比較

RZN HS-TOUR試打データHS-TOUR
RZN MS-TOUR試打データMS-TOUR

▼平均値をまとめたデータが下記

 HS-TOURMS-TOUR
ヘッドスピード(m/s)48.047.9
ボールスピード(m/s)70.269.9
打ち出し角(°)13.212.8
打ち出し方向(°)-0.1-2.4
サイドスピン(rpm)-21.229.1
バックスピン(rpm)2968.73049.9
キャリー(ヤード)258.3256.4
総距離(ヤード)275.5273.3

平均のキャリーを見てもらえればわかるとおり、両者ともに250ヤードをクリアしています。飛距離性能は高いです

とにかく初速が速くて、70m/sを超えてきます。ディスタンス系なの?ってぐらいにスピードが出るから、ココはシンプルに素晴らしいと思います

HSの方が感触的には結構弾き感が強くて、球離れは速め。まあ実際に飛んでいくボールスピードを考えると違和感はありませんし、カチカチのボールのそれとは異なります。あくまでスピン系ウレタンボールの中では弾く感じです

MSの方がわずかに柔らかい。それでもこっちも弾きが強めです

そして数値的に気になるのはバックスピン量が多い事ではあります。3000rpmに迫るから、ドロップする心配っていうのは皆無なんだけど少し吹き上がり気味です。スピンがもう少し抑えられれば完璧だった

とにかくドライバーショットに関しては、どちらを選んでも問題ないぐらい肉薄した結果となりました

MS-TOURの方が想定ヘッドスピード(〜44m/s)となっているからか、バックスピン量はわずかに多くでています

推奨ヘッドスピード通り、45m/s以上出る方はHS-TOURを選択する方が良いです

まさ
まさ
スピンは正直多めだけど、初速は凄まじい。飛びのポテンシャルは高い

  •  スピン系ボールでは屈指のボール初速
  •  飛距離性能は優秀
  •  弾きの強い打感

 

アイアンショットのデータ比較

HS-TOURアイアン弾道データHS-TOUR
MS-TOURアイアン弾道データMS-TOUR
 HS-TOURMS-TOUR
ヘッドスピード(m/s)39.639.5
ボールスピード(m/s)51.150.0
打ち出し角(°)18.117.6
高さ30.628.2
スピン軸-0.50.5
バックスピン(rpm)76467781
センターからのブレ-21.8-19.1
キャリー(ヤード)154.6150.4
総距離(ヤード)158.8155.5

HS-TOURとMS-TOUR両者ともにバックスピン量が非常に多い結果となりました

7番アイアンで平均値7500rpm以上は凄いスピン量です

比較してみるとMS-TOURの方がさらに多くて、これだけスピンかかれば大体どこでも止まるはず。まあHS-TOURも平均以上スピンはかかっているから、アイアンでの止まりやすさに関してはどっちを選んでも満足できそう

ただ、これだけスピンがかかると飛距離はどうなの?飛ばないんじゃない?と思うでしょう

ご安心下さい。飛距離的にはいつもどおり出ていると感じます。これは凄い

初速が出ている事が要因ではあります。ここはドライバーと同じ感じです

高さはHSのほうが出ています

まさ
まさ
スピン多すぎなぐらいだけど、飛距離もいつもどおり出る

  • バックスピン量は平均以上。どこでも止まる
  •  初速が出るから、飛距離もいつもどおり
  • 高弾道を求めるならHS-TOUR

RZN HS-TOURとMS-TOURのショートゲーム

アプローチでのスピンもしっかりかかる

RZN Golfアプローチ

ドライバーでの弾き感同様に結構弾く感触はあるけど、低く出ていくからフェースにはしっかり乗っているのだと思います

HS-TOURとMS-TOUR、両者ともにスピン性能は申し分ないです。アイアンショットのデータを見てもらえればわかるとおり、アプローチでも激スピンです。ショートゲームも安定します

ただ、アイアン同様に出玉が速くて強い。もしPRO V1などのボールを使っていたら、このあたりのフィーリングに関しては最初は慣れが必要かもしれません

まあ慣れの問題。1日ラウンドで使えば慣れてきます

ショートアプローチでの打感は、2つを比べるとMS-TOURの方が僅かに柔らかいです

パターの打感はしっかり目

RZN Golfパター

パターはしっかり目な感触です。個人的には嫌いではなくて、距離感を出しやすいフィーリングです

めちゃくちゃ柔らかい打感って事はないです

こちらも2モデルで比べるとMS-TOURの方が柔らかい。HS-TOURの方が芯がある感じです。パターだと少しスピードが出る感じがするから、打ちきれずにショートしがちな方はHS-TOURの方がおすすめです

RZN HS-TOURとMS-TOURの気になるところ

耐久性は高くはない

RZN Golf耐久性1

9ホール使ってみたボールの状態がこれ。柔らかいウレタン系カバーの宿命ではあるけど、耐久性はそこまで高くはないのなかなと思います

裏を返せばそれだけフェースに食いついているからスピン性能が高いって事ではあるんだけど、アマチュア的にはもう少し耐えてくれると嬉しい部分です

RZN Golf耐久性2

ささくれも出来やすかった。普通には使えるけど、気になる方は6ホールぐらいが限界かもしれない

パッケージが紛らわしい

RZN Golfボール

今回使用したRZN GolfのボールはHS-TOURとMS-TOURなんだけど、パッケージが紛らわしい

赤文字のHS-TOURが黒の箱

黒文字のMS-TOURが赤の箱

逆じゃん(笑)って感じなんだけど、当然これは性能には全く関係ないところではあります

ただ「あれ?これどっちだったけ?」って実際にぼくはなったし、購入する時に勘違いで間違って買ってしまう事もありえます

次期モデルが出るなら、なるべくわかりやすくしてもらいたいです。お願い致します

まとめ

HS-TOURはこんな方におすすめ

  • とにかく飛ぶツアー系ボールを求める方
  • しっかり目のフィーリングが好みの方
  • アイアンもアプローチもしっかり止めたい方

 

MS-TOURはこんな方におすすめ

  • コスパ重視だけど、飛んで止まるボールが良い方
  • ソフト目の打感が好みの方
  • アプローチスピンをとにかく重視する方

 

総合評価:

このボールは正直ノーマークだったんだけど、実際に打ってみると両者ともに飛距離性能がまずは優秀です。飛距離性能は初速がめちゃくちゃ出るから飛びに関しては申し分なしです

そしてアイアンやアプローチスピン性能も非常に高いです。少し球離れは速く感じるけど、飛んでいくボール事態はギュギュと止まってくれます

初めはこの飛び方に違和感を感じるけど、1ラウンド使っていけば普通に慣れてきます

とにかくこれだけ止められるボールでありながら、ドライバーショット時の初速の速さは魅力的です

全体的な完成度はかなり高いですし、大手のメーカーのスピン系と比べても安いから、そう考えるとめちゃくちゃおすすめできます。特にMS-TOURは4,000円以下で買えるからコスパは抜群です

まさ
まさ
飛んで止まるからシンプルにおすすめです

合わせて読みたい

まとめ【2020】スピン系ゴルフボールおすすめ人気ランキング|抜群の飛距離とスピン性能

関連記事