MENU
新製品情報

テーラーメイドSIMドライバーの詳細がついに公開|空力性能を最適化させたドライバー

テーラーメイドSIMの詳細情報
まさ
まさ
どうもまさです

テーラーメイド SIM(Shape in Motion)ドライバー|特徴についてまとめてみた【SIM MAX】」で紹介したテーラーメイドの2020年モデルであるSIMドライバーですが、ついに詳細な内容に関する情報が出てきました

というのもアメリカ本土では、各メディアが一斉に試打テストの情報を公開してきており、SNS上でも大いに盛り上がっています

そしてSIMはやはり「Shape in motion」の略で、空力効果を最大限化する為のテクノロジーとのことが判明し、ヘッド形状に特に重点をおいて設計が施されています

USモデル専門店フェアウェイゴルフにて取扱ページができました。1月10日から注文受付が開始になります

ショップに問い合わせたところ予約注文分に関しては、2月1日からの配送予定となっているようです

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

テーラーメイドSIMで新たに再設計されたイナーシャジェネレーター

アメリカ本土ではすでに各メディアが試打テストを行っているのですが、全体的に評価が高く、かなり期待できるドライバーと言えるでしょう

ここではSIMシリーズになって、前作と大きく変わった点について触れていきたいと思います

空気力学に焦点を移し、さらなる改善を図った

ゴルファーがより速いスピードを生み出すためにテーラーメイドが着目したのが、空力効果で、ヘッドの再設計を行う必要が出てきたということ

そのために事前に公開された公式映像にもあった軍事グレードの空力施設で実際に研究を行ったようで、SIMシリーズでは設計の主な焦点を空気力学へと移したそうです

SIMはドライバーのヘッド全体で気流を作り出すだけでなく、その気流が移動する角度を発見し、ヘッド形状にそれを反映しています

反発係数を最大化するのは、現在のルール上限界を迎えたといえますし、ボールスピードだけが飛距離への要素ではないので、ヘッドスピードを向上させるのは理にかなっているとも言えます

M6で使われた技術だが、再設計されたイナーシャジェネレーター

それに伴って新たに再設計されたのが「イナーシャジェネレーター」

M6で初めて搭載されたイナーシャジェネレーターというヘッド後方に重量を持ってくる突起物ですが、SIMではこれを約20度〜30度の角度で搭載しています

これはゴルファーがスイングする最後の3分の1にクラブヘッドが通過する基づいて設計されているようで、ダウンスイング時の空気抵抗を減らす効果があるとされます

飛距離アップに加えて、許容性を向上させるための最適な形状に再設計されているのが今回のSIMシリーズです

まさ
まさ
効果のほどは打ってみないとわかりませんが、クラウンではなくソール側で空気抵抗を軽減するところがテーラーメイドらしいとも言えますね

SIMドライバーのウェイトギミックがシングルレールに

前作ではM6に搭載されていたイナーシャジェネレーターですが、SIMではすべてのドライバーに搭載されています

これに伴ってウェイトの調整が可能なSIMドライバーはSLDRのようなシングルレールに変更となりました

テーラーメイドによると、シングルレールでも全く問題ないらしくてトレードオフはゼロとのこと

 

その他は前作から引き継いだテクノロジーが使われている

その他のメインとなるテクノロジーは前作から引き継いでいるのはやっぱり変わらないみたいですね

ツイストフェース、スピードインジェクテッドフェースなどです

まあ結構革新的なテクノロジーが立て続けに搭載されてきただけに、今回の空気抵抗の話はインパクトに欠けるのは正直否めませんね

それでも海外での評価は高めで、感触も良いみたいですね

 

USでは2020年2月7日発売予定

アメリカでは2020年の2月7日に発売予定とのこと、価格は549ドルで1月10日から予約注文が可能になるそうです

国内モデルもほぼ同時期なのではと思いますが、こちらも間もなくアナウンスがあるでしょう

USモデル専門店フェアウェイゴルフにて取扱ページができました。1月10日から注文受付が開始になります

ショップに問い合わせたところ予約注文分に関しては、2月1日からの配送予定となっているようです

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まとめ

Shape in motionなので、空力効果を向上させるというのは何となくわかっていましたが、もしかしたらそれ以外にもなにか隠されているのかなと思っていたのが正直なところ

とはいっても、クラブヘッドのスピードを最大化するというのも飛距離アップには重要な要素です

実際に試打したレビュアーの評価は概ね高いので、今回も性能面ではかなり期待できるモデルであることは変わりありません

個人的にはヘッドをセットアップした時の座りがよくなっているかどうかが気になる部分(前作はやたら右を向いてたから)

もう間もなく試打できるようになると思うので、試打際にはレビュー記事をアップしていきたいと思います

以上、テーラーメイドSIMドライバーの詳細がついに公開|空力性能を最適化させたドライバー。という話題でした

関連テーラーメイドSIMドライバーがツアーに登場!使用選手のスペックを紹介していく




関連記事