MENU
距離計&用品

【評価レビュー】ショットナビ AIR|タッチパネル操作に対応した超軽量なゴルフウォッチ【口コミ・評判】

【評価レビュー】Shot Navi AIR20

ショットナビから世界最小・最軽量の時計型ゴルフナビ「Shot Navi AIR」が発売されたので、さっそく購入してみました。価格は29,700円です。

現在は、GARMIN Approach S62に満足しているのでメインとして使用していますが、大きくてそれなりに重たい、というのが気になるところ。ですので、より軽くて使用感や機能的に良いものがあれば乗り換えたいとは常々考えています。

そして今作はコンパクトなだけではなく、タッチパネルを搭載したというのも買ってみた理由のひとつです。

【評価レビュー】Shot Navi AIR13

そんなわけで、わりと期待はしていたのですけど、今回のぼくのポジションとしては、“価格のわりに中途半端な性能。そこまで積極的におすすめはしない”という感じとなりました。残念ながらガーミンから乗り換えることはないでしょう。

けれど、ゴルフウォッチの基本的な機能を、シンプルかつ快適に使えれば良いよ、という方にはなかなか使いやすいナビです

それでは、ショットナビAIRを実際にラウンドで使用した感想をもとに、良かった点とイマイチだった点を正直にレビューしていきます。購入の参考にしてもらえれば幸いです。

★スペックと仕様の詳細
寸法34 x 41.5 x 12mm(ベルト部除く)
重量20g(ベルト除く)
ディスプレイMIPカラー反射型液晶
高低差表示対応
バッテリーリチウムポリマーバッテリー
防水IPX7 / 3ATM(生活防水程度)
フル充電時間3時間(PC経由時)
使用時間GPS 使用時 最大約 8時間 ※3
データ更新方法PC : USB ストレージモードによるデータ更新
付属品充電器 / 通信用USBケーブル、クイックスタートガイド兼保証書

※1:当社調べ(2,000ヤード以上のコースを有するゴルフ場を対象)
国内・海外共にコース数は9ホール(OUT/INなど)を1コースと表示しています。
※2:海外のゴルフ場のデータは別途個別にダウンロードすることでご利用いただけます。
※3:使い方により連続使用時間が異なります。なお、連続使用時間は充放電の回数や経年劣化により減少します。

ソース:https://shotnavi.jp/snp/air/

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

 

ショットナビ AIRはタッチ操作に対応。直感的に動かせるようになったところは良い

【評価レビュー】Shot Navi AIR19

タッチ操作に対応したことで、スマートフォンのように直感的に操作ができるようになったところは単純に良いところです。

 

画面に表示されている部分をタップするだけなので、やっぱりタッチ操作は快適です。

ちなみに本体横にボタンが2つ付いていますが、上側が電源ボタン、下側は画面を戻したい時に押すぐらいの役割しかありません。なので操作に迷うことも特にないです。

 

タッチ感度はまずまず

さて、肝心のタッチパネル感度はまずまずでした。まずまずというのは、若干ですが、反応が鈍いなと感じるところがあったからです。

致命的なほど反応が悪いことはないので、慣れれば問題はありません。

どういう場面でそれを感じるかというと、計測画面で上下にスワイプすると表示が切り替わる仕様なのですが、その際に画面切り替えの反応がやや鈍いです。

 

ショットナビ AIRは本当に軽い。装着時の違和感もない

【評価レビュー】Shot Navi AIR2

まあ軽いしコンパクトです。

モデル名にAIRとあるとおりですね。

タッチ操作対応のナビで、ここまで軽量のモデルは今のところないので、お見事といえます。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR1左がガーミンS62、右がショットナビAIR

公式ページにはベルトを除いて20gと記載されていたのですが、ベルトを装着した場合の実測値は37.4gでした。

いや、ゴルフウォッチなんだからベルト込みで書いてよ!と思うところはありますが、それでも軽いことには変わりなかったです。

ガーミンS62と比べると半分とまではいかないけれど、24gほど軽い。軽さは間違いなく圧倒しています。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR14

本体の厚みもあまりなくてとても薄いです。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR11

装着した際でも厚みが気になりません。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR12

ベルトはやや硬めな質感ではあります。

とにかく、今作は軽量で着けていることを忘れるレベル。時計を着けたままゴルフをすることに抵抗を感じていた方などに最適だと思います。

 

ショットナビ AIRは以前のモデルよりも画面が見やすくなった

【評価レビュー】Shot Navi AIR16

ショットナビのゴルフウォッチの懸念点のひとつだった視認性の悪さは見事に改善されています

画面が本当に見やすくなりました。単純に嬉しいです。

従来品はバックライトが搭載されているわりには画面が暗くて、屋外では見づらいと感じるところがありましたが、ここは素直に評価したいところ。

 

ガーミンS62視認性

とはいえ、さすがにガーミンS62の方がより見やすいのは確かです。

このクラスにはまだまだ到達していませんが、価格が倍ぐらい違いますからね。ガーミンが良すぎるだけだし、まあ十分です。

 

ショットナビ AIRの精度検証

【評価レビュー】Shot Navi AIR10

信頼をおいているユピテルYGN7000と精度比較をしました。

2ラウンドで比較を行いましたが、200ヤード超の長距離測定でも3ヤード程度のズレしか起こりません。これはかなり精度が良いです。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR15

150ヤードクラスでも、バックエッジで2ヤードずれるとか、その程度です。

100ヤード以内になるとほぼ一緒です。精度は非常に優れており、安心して使用できます。

 

ショットナビ AIRのイマイチな点

ここからは実際に使用してみた少しイマイチだなーと感じた部分も紹介していきたいと思います。

コースレイアウト表示が小さくて見づらい

【評価レビュー】Shot Navi AIR3

フルカラーコースレイアウト表示なのですが、これが小さくて正直見にくいなと感じました。

そもそも本体サイズが小さいですから、ディスプレイサイズも小さくなります。さらに1画面に距離もレイアウトも全部詰め込んだような状態です。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR16

レイアウトのイメージは掴めますが、ハザードが豆粒ぐらいにしか表示されていないのえ、バンカーの形状などが把握しにくいのは微妙だなーと思います。

今作はオートビュー機能というものがり、残距離に応じて画面が切り替わります。

なので、グリーンに近づけば、少し拡大されるのですが、それでも小さいから見にくいです。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR15

ユピテルYGN7000とは画面サイズが違いすぎるので、優劣はつけられませんが、バンカーの形状によってはマネジメントが変わってくるので馬鹿になりません。

 

S62 3点間距離表示

同じゴルフウォッチで比較した場合だと、ガーミンS62であれば任意で拡大できたりするので、戦略の立て方にも影響は出ます。

画面切り替えでレイアウト単体で見れるような機能があれば良かったのではないかなと思っています。

 

タッチ操作に対応したけれど、3点間距離表示は使えない

【評価レビュー】Shot Navi AIR19

ショットナビAIRはせっかくタッチパネル操作に対応したのに“3点間距離表示”が使えません

これはめちゃくちゃ残念だしもったいない。

 

【評価レビュー】Shot Navi AIR9

3点間距離表示というのはこういうやつで、任意の場所をタップすると、そこまでの距離と、グリーンまでの距離が同時に表示される機能です。

ガーミンS62ボイスキャディT9など、タッチ操作に対応し、なおかつレイアウト機能があるものには基本あるので、今作にもあるのかな?と思っていましたがやはり使えません。

レイアップしたり、ティーショットでどこを狙うか考えるときには結構使うので、タッチパネル対応をアピールするのであれば搭載してほしかったですね。

 

自動スコア入力がなくて少し不便

【評価レビュー】Shot Navi AIR7

スコア入力がホールアウトした時に自動で出てこないのは不便です。

入力のインターフェースも使い辛く、誤入力ばかりになってしまいます。なので、ぼくはほとんど使いませんでした。

ガーミンS62ボイスキャディT9などとまた比較してしまいますが、ホール終了後にスコア入力画面が自動で出てきたり、振動してスコア入力を催促してくるのでとにかく便利です。

ショットナビAIRは自分からスコア入力画面を呼び出さなければならず、どうしても忘れがちになります。

スコア入力機能はかなり使いにくいので要注意。

 

ショットナビ AIRの総合評価

【評価レビュー】Shot Navi AIR21

精度はすごく良いですし、信頼して使うことができます。ゴルフナビとしての基本機能は申し分ありません

新搭載のタッチパネル操作に関してもまあまあ良い出来だと思います。直感的に操作ができるので、誰でも簡単に使うことができますし、以前のモデルよりも格段に操作性が良くなりました。

そして何より軽量でコンパクト。なにも着けていないような感覚なので、時計を着けながらプレーすることに抵抗があった方にこそおすすめです。

ただし、画面が小さいことでレイアウト表示が見づらかったり、レイアウト内をタップして任意の距離を測れなかったりする点はマイナス。

29,700円の価格を考えると、機能的には中途半端な感じですし、コスパは可もなく不可もなしで普通です。

余計な機能は使わないから、とにかくシンプルに距離測定したい方向けのゴルフウォッチという感じです。

多機能で色々やりたい方には微妙に感じる可能性が高いので、そういう方はガーミンS62ボイスキャディT9を選択するほうが良いと思います。

【評価レビュー】Shot Navi AIR18

ちなみにバッテリーは18ホール使って40%残るぐらいです。

バッテリーもちは普通でした。

おすすめ度

合わせて読みたい

関連時計型ゴルフナビおすすめ人気ランキング|ゴルフウォッチを徹底比較【ゴルフスマートウォッチ】

関連ショットナビ クレスト評価レビュー|前作からの進化も乏しくて微妙【時計型ゴルフナビ】

関連【レビュー】ショットナビ レーザースナイパーnano|超小型だけどそれだけのレーザー距離計【口コミ・評判】

関連ボイスキャディA2評価レビュー|カッコいい見た目とグリーンの起伏がわかるコスパ最強モデル

関連【ガーミン アプローチS62評価レビュー&口コミ】進化したハイエンド時計型ゴルフナビ

関連【評価レビュー】ボイスキャディT9|最先端のテクノロジーを詰め込んだゴルフウォッチ【口コミ・評判】

関連ボイスキャディG3評価レビュー|簡単操作で誰でも手軽に使えるゴルフウォッチ

関連【評価レビュー】ショットナビ Granz(グランツ)|タッチ操作対応の超小型ハンディGPSゴルフナビ【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事