試打&評価

SIMとSIM MAXフェアウェイウッド試打&評価|打感はVスチールと全然違うけど、性能面はしっかり進化

SIM&SIM MAXフェアウェイウッド試打評価レビュー

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの試打評価レビューです

まさ
まさ
どうもまさです

2020年2月発売のフェアウェイウッド、テーラーメイドSIMとSIM MAXの2本を試打してみました

Mシリーズからモデル名がSIMへ変更となったフェアウェイウッドで、テーラーメイドのフェアウェイウッドの歴史の中でも名器として人気のあるV STEELのソール形状を踏襲したデザインが話題となっています

おおまかな特徴は以下のとおり

  • 名器V-STEELのソール形状を踏襲
  • SIMフェアウェイウッドはヘッドにチタン素材を採用
  • テーラーメイド史上最も低重心なフェアウェイウッド

そしてこのページでは、「道計測器スカイトラック」を使ってのデータ計測をもとに、SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの性能について「クラフトマン」である私が正直に試打評価していきます

SIMとSIM MAXの違いがわかるように、2種類を比較してレビューしていきますので、どうぞドライバー選びの参考にしてください

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの概要

SIMシリーズのフェアウェイウッドは2種類展開(レディースモデルも含めると3機種)で、SIMとSIM MAXです

ラインナップとしてはドライバーと同様で、打球の上がりやすい方がMAXで、浅重心設計になっている強弾道モデルがSIMとなっています

今回のフェアウェイウッドにはほぼ前作、M5&M6の機能を継続使用していて、テクノロジー的な部分でみれば大きな変更点はありませんがもちろん変わっている点もあります

まずはヘッドサイズが180ccに大型化

そして、テーラーメイドの往年の名器である「V STEEL」のソール形状を復活して搭載していることで話題になりました

ソールの接地面積が減ることで、抜けの良さや定評のあるソール形状だったので、そのあたりにも触れてレビューしていけたらなと思います

まさ
まさ
値段的に安いUSモデルを選ぶならフェアウェイゴルフがおすすめです

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

前作から進化したポイント

前述したとおり、テクノロジー的にはM5&M6のものを流用する形になっているので、一見するとほとんど変わっていないように感じますが、新作になって変わっている部分もあるので紹介しておきます

進化①最新のマルチマテリアル構造に、Vスチールソールを融合

V STEELと呼ばれるテーラーメイドの過去の名器があったのですが、最新機種のSIMのソール形状に反映して復活(SIMとSIM MAXに共通)

実はこのフェアウェイウッドはぼくも長年使用していましたが、非常に振り抜きが良く、打感の良さが秀逸だった本当の名器です

ただ、最近のフェアウェイウッドと比較すると飛距離性能的にはやや見劣りするということから現在は使っていませんでしたが、それが現代に復活したというのだから、嬉しいに決まっているというもの

特にライの悪いところからのショットに威力を発揮するのが特徴です

進化②スライドウェイトを廃止したが、より重たいウェイトを搭載

SIMフェアウェイウッドの変更点ですが、M5ではソールにスライドウェイトがありましたが、SIMではそれは非搭載になっています

しかし、M5では65gだったウェイトが、SIMでは80gへと重量をアップしていることで、より低重心に進化しました

進化③ヘッドの大型化

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドに共通する進化ポイントにヘッドの大型化もありました

SIMは180cc、SIM MAXは185ccへとサイズアップ、前作比で40cc近くも大きくなっています

これも使用素材の軽量化の恩恵を受けての大型化であり、地味ながら飛距離性能の向上が見込める点です

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの試打&評価

試打クラブスペック

SIMフェアウェイウッド試打クラブSIMフェアウェイウッド photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562
SIM MAXフェアウェイウッド試打クラブSIM MAXフェファウェイウッド photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562
ヘッドSIM FWSIM MAX FW
ロフト角19°18°
シャフトスピーダーエボ6 661スピーダーエボ6 661
フレックスSS
総重量324g326g
バランスD2D2.5
長さ4343
まさ
まさ
総重量的にはSIM MAXの方が重ため

2種類を比較するということで、同じシャフトで同番手(#5)でのテストを行いました

 

試打計測データ

SIMフェアウェイウッド2D試打データSIMフェアウェイウッドの試打計測データ photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562
SIM MAXフェアウェイウッド2DデータSIM MAXフェアウェイウッド試打計測データ photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562
 SIM FWSIM MAX FW
ヘッドスピード42.2m/s42.7m/s
ボールスピード60.6m/s59.1m/s
サイドスピン170.7(右)151(右)
バックスピン4187rpm3858rpm
打ち出し角9.5°10.7°
センターからのブレ-8yd-10.1yd
キャリー220.9yd212.0yd
総距離234.2yd224.4yd
4球打ってみての平均値のデータです。

正直この時の試打は調子が悪くて、全体的にトップ気味でした(汗)

ヘッド形状

SIMフェアウェイウッド試打クラブ2SIMフェアウェイウッドのヘッド形状 photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

サイズ的に前作よりもやはり大きくなっているので安心感はアップしたかなという印象

よりシャローバックな形状になっているので、見た目からしてボールが上がってくれそうで、M5よりも明らかに簡単に打てそうです

クラウンの隆起が少なく見えますが、構えた時の違和感はありません

気になるのは、ややフェースアングルがフックに見えるところでしょうか

 

SIM MAXフェアウェイウッドのヘッド形状SIM MAXフェアウェイウッド photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

SIMよりもさらに大型化したSIM MAXですが、こちらの方がフェースアングル的にはストレートに見えてアドレスがしやすいです

SIMよりもクラウンに膨らみがあって全体的に丸い印象なので、こちらの方がより優しく見えるかなと思います

飛距離性能

 SIM FWSIM MAX FW
ボールスピード(m/s)60.659.15
バックスピン量(rpm)41873858
キャリー(yd)220.9212.0
総距離(yd)234.2224.4

飛距離性能(SIM)

飛距離性能(SIM MAX)

先に言ったように、全体的にトップしています(笑)

ただそのハンデを跳ね返すほどの飛距離性能の高さで、前作よりも飛距離自体は伸びています

本来フェースの下目に当たれば、ギア効果の影響でバックスピン量はもう少し上がるはずですが、なんとかこの程度で収まっています

こうなると、テーラーメイド史上最大の低重心化というのは信用できるかもといったところです

お馴染みにはなりましたが、スピードポケットという溝の効果はやはり高く、フェース下でのヒット時でも初速が落ちにくい点は、SIMフェアウェイウッドの強みでしょう

飛距離的にはSIMの方が出ていますが、やっぱり素材によるフェースの反発力の高さからくるものと思われます

まさ
まさ
トップ気味でも安定したキャリーが出せるのが強みといったところ

弾道&方向性

 SIM FWSIM FW
サイドスピン量(rpm) 170右151右
打ち出し角(°)9.510.75
センターからのブレ(yd)-8.1-10.1

弾道&方向性(SIM)

弾道&方向性(SIM MAX)

どちらも総じてフェード系の球筋ですがSIMに関してはサイドスピン量も少なめで、曲がり方向も一定しているので、方向性という面では優秀なフェアウェイウッドです

対してSIM MAXはSIMに比べてやや捕まります

ただ大きなスライスが最後に出ているので、ややマイナスポイントとなりました

とはいってもフェアウェイウッドという難しいクラブで、全体的にミスヒット気味なのも考慮すると安定感は高いクラブかなと思います

方向性ではSIMの方が優勢です

 

打感&打音

打感&打音(SIM)

打感&打音(SIM MAX)

チタン素材を使用しているからなのか、SIMの打感や打音はあまり良さを感じませんでした

結果は良いのですが、硬い打感ははっきりと好みがわかれそうなポイントです

SIM MAXの方がステンレスなのもありますが、もう少しフェースに食いつく感触があります

音に関しては感触との差異があまりないので、イメージ的には悪くないです

打感に関しては正直良いとは言い難い部分でした

ただ、ソールの抜けに関してはVスチールの恩恵か、非常に良い感触だったので、そこはプラス評価です

 

優しさと振りやすさ

優しさと振りやすさ(SIM)

優しさと振りやすさ(SIM)

ミスヒット時、特にフェース下目でのヒットへの強さが光ます

フェアウェイウッドのミスの多くがトップだと言われているので、そこに対する強さは優しさに直結してきますので高評価です

弾道が特段上がりやすいという感じではありませんが、初速が落ちにくく一定の距離を確保できるのは魅力といえるでしょう

ただ、2本ともにフェード系の球筋になりやすく、捕まった弾道を打つには技術を要するため、満点評価にはなりませんでした

 

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの違いは?

ここでは2機種の違いについて解説しきます

ヘッドの大きさロフト角

2種類の大きな違いはヘッドの体積とロフト角

  • SIM→180ccで19度(#5)
  • SIM MAX→185ccで18度(#5)

SIMの方がやや小さいサイズ感で、ロフト角も1度寝ています

これは、ソールのウェイトビスの位置を見てもわかるとおり、SIMは浅重心設計になっているため

スピン量を抑える重心設計ながら、打ち出し角を確保するための調整となています

素材の違い

SIMはチタン,SIM MAXはステンレスとなっています

打感にも大きな影響を与える要素です

比重の軽いチタンのほうが、余剰重量が生まれやすく、重心設計の自由度が高まりますが、その一方でコストが高くなるのでステンレス素材のフェアウェイウッドが現在では主流となっています

 

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの口コミや評判

 

SIMとSIM MAXフェアウェイウッドの総合評価:まとめ

SIMフェアウェイウッド試打評価チャート
SIM MAXフェアウェイウッド試打評価チャート
チャートを見ていくと、飛距離にステータスを全振りしたフェアウェイウッドというような評価となりました
 
ドライバー同様に高い飛距離性能が魅力的で、申し分のない性能。もう少し芯を捉えられれば弾道的には高さは出せるので問題ないかと思います
 
それにしても大型化によるメリットを見事にヘッド性能に落とし込んでいる点はさすがです
 
ただ、打感に関しては少々残念な印象だったので、次回作で改善されることを願っています
 

以上、SIMとSIM MAXフェアウェイウッド試打&評価|打感はVスチールと全然違うけど、性能面はしっかり進化。という話題でした

SIMフェアウェイウッドをなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSPEEDZONEを購入しています(昨年はEPIC FLASH)

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まさ
まさ
SIM MAXドライバーおUSモデルの純正シャフトは、VENTUSのブルーかレッドになります。VENTUSブルーの試打レビュー記事もありますので参考にしてください

合わせて読みたい。テーラーメイド関連記事

まとめ【2020】フェアウェイウッドおすすめ人気ランキングTOP20|優しく飛ばせる人気機種を厳選。現役クラフトマンがわかりやすく解説します

ドライバー試打SIMドライバー試打・評価|打点がバラついても平均以上の飛距離性能

ドライバー試打SIM MAXドライバー試打評価|空力性能はわからないけど飛びは最高

ドライバー試打SIM MAX Dドライバー試打&評価|シリーズ中では最も安定性が高く、トータルバランスに優れたドライバー

UT試打SIM MAXレスキュー試打・評価|完成度の高いユーティリティでプロ使用率が高い点も納得

アイアン試打SIM MAXアイアン試打・評価|高弾道ドローで方向が安定するキャビティアイアン

パター試打スパイダーS(2020)試打&評価|スパイダーっぽくないのに芯の広さが最高【テーラーメイド】

パター試打トラスパター試打&評価|新発想の三角ネックで安定性が見事にアップ【テーラーメイド】

関連記事
試打&評価

飛ぶと評判のテーラーメイドボール TP5、TP5Xを試打してみたので感想と評価【現在最強】

2017年12月7日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
最終更新日:2018年7月1日 どうもまさです。 テーラーメイドの契約プロが使用しているボール「TP5」シリーズを試打してみたの …
本間ゴルフTW-X試打レビュー 試打&評価

コスパ抜群のスピン系ツアーボール「本間ゴルフ TW-X」試打評価。安いのに性能はピカイチ!

2018年12月1日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです 2018年11月22日に発売された本間ゴルフのスピン系ツアーボール「TW-X」を試打してみましたので、感想を含めて評価を正 …
試打&評価

本間ゴルフ『TW-MB ローズプロト』アイアン試打評価レビュー|PGAツアー仕様のマッスルバックアイアン

2019年4月2日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ローズプロトアイアンに興味があるけど「実際どんな感じのアイアンかわからない」、「自分に打てるのだろうか?」と気になっている方もいらっしゃ …
TENSEI CK PROオレンジ試打評価レビュー 試打&評価

三菱ケミカルTENSEI CK PROオレンジ試打レビュー|振り抜き抜群で飛距離アップ!

2019年2月16日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介という記事でも紹介していますが、現在最もホットな …