MENU
試打&評価

SIM MAX Dドライバー試打&評価|シリーズ中では最も安定性が高く、トータルバランスに優れたドライバー

SIM MAX Dドライバー試打評価

2020年2月発売されたテーラーメイドのSIM MAX Dドライバーを試打しました

3世代に渡って展開されてきたMシリーズから、モデル名がSIMシリーズへと変更となりました

SIMシリーズにも3機種のヘッドラインナップが用意されているのだけれど、1つだけUSモデルのみの展開となります

それが今回取り上げた『SIM MAX Dドライバー』です

おおまかな特徴は以下のとおり

  • SIMシリーズの中では最も捕まりの良いモデル
  • フェース面積もシリーズ中最大で、ミスにも強い
  • 空気抵抗を減少させヘッドスピードをアップ

そしてこのページでは、「弾道計測器スカイトラック」を使ってのデータ計測をもとに、テーラーメイドSIM MAX Dドライバーの性能について書いていきます

まさ
まさ
結論から言うと、SIMドライバーのシリーズの中では、最も安定して飛ばせるドライバーでした

動画でも紹介しています

SIM MAX Dドライバーの概要とスペック

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

「Shape in motion」というのがキーワードになり、ドライバーヘッドのパフォーマンスを高めるため、新形状のヘッドになって生まれ変わったのがSIMシリーズ

『SIM MAX D』は3タイプあるヘッドの中では、最も捕まりを重視したドローバイアス設計になっているのが最大の特徴です

さらにフェース面積自体も、SIMシリーズの中では最も大きいとされていて、ミスヒットへの強さも高いドライバーです

残念ながら日本国内モデルとしての販売はされておらず、USモデルを購入するしか入手方法がないのが現状

関連テーラーメイド SIM(Shape in Motion)ドライバー|特徴についてまとめてみた【SIM MAX】

スペック

 テーラーメイド SIM MAX D
番手ドライバー
ロフト角(°)9°、10.5°、12°
シャフトUSTマミヤ Helium(フェアウェイゴルフでの純正シャフト)
長さ(インチ)45.75
ヘッド体積(cc)460cc
バランスD3

 

前作から進化したポイント

モデル名がMシリーズからSIMへと変更となり、新たに盛り込まれたテクノロジーがあるので、そこについてもご紹介しておきます

進化①イナーシャジェネレーターによる深重心化

SIM MAX Dイナーシャジェネエレーター

ソールの後方に伸びるように配置されているのが「イナーシャジェネレーター」と呼ばれるものです

クラウンのみならず、ヘッド側面もカーボンパネルにすることで軽量化を図り、極端に重たい重量物をヘッド後方に配置しているというもの

イナーシャジェネレーター自体は前作のM6にも搭載されていたのですが、SIM MAXでは、より大型のウェイトが設置されて、深重心化と慣性モーメントの向上に貢献しているとのことです

 

進化②アシンメトリーシェイプによる空力性能の向上

SIM MAX Dソール

もう一つの進化ポイントとしてアシンメトリーシェイプがあります

前述したイナーシャジェネレーターを斜めに配置することで空気の流れがスムーズになり、ハーフウェイダウンからインパクトにかけてクラブヘッドが加速するという構造です

ゴルファーによってはヘッドスピードが0.5〜1m/sはアップする可能性があるそう

 

試打に使用したSIM MAX Dドライバーのスペック

ヘッドテーラーメイドSIM MAX  D
ロフト角
シャフトTENSEI CK PRO WHITE
フレックスS
総重量312g
バランスD3
長さ45.0インチ
まさ
まさ
ヘッド単体での重量は195gなので、SIM MAXよりも2gほど重たいですね

ヘッド重量が195gということで、テーラーメイドのドライバーとしては、やや軽いというぐらいです

重さ的には3機種中で丁度中間の重量でした

標準での長さが45.75インチですが、45.0インチにカスタムして作っています

試打データと評価

SIM MAX Dスカイトラック弾道イメージSIM MAX Dスカイトラック弾道イメージ
ヘッドスピード46.8m/s
ボールスピード68.4m/s
サイドスピン59(右)
バックスピン2431rpm
打ち出し角16.2°
打ち出し方向3yd(右)
センターからのブレ17.4yd(右)
キャリー262.6yd
総距離283.9yd
4球打ってみての平均値のデータです

安定して飛ばせる飛距離性能

ボールスピード(m/s)68.4
バックスピン量(rpm)2431
打ち出し角16.2
キャリー(yd)262.6
総距離(yd)283.9

飛距離性能:

SIM MAXやSIMドライバーの時にも言いましたが、空気抵抗に関しては体感では感じられないので、効果が出ているかは不明です

ただ飛距離性能は高くて、平均キャリーが260ヤードを超えるという結果でした

当サイトのキャリー250ヤードを10ヤードオーバーでクリアしており、文句なしに飛んでいます

SIMシリーズ3機種中では、2番目の飛距離性能

バックスピン量も適正スピンで、ドロップするでも、吹き上がるでもないという感じで、SIM MAX Dは安定した弾道でキャリーをしっかり伸ばせるドライバーと言えるでしょう

SIMシリーズでは一番捕まりが良い。ストレート弾道

サイドスピン量(rpm)59(右)
打ち出し方向(°)3(右)
打ち出し角(°)16.2
センターからのブレ(yd)17.4

弾道&方向性:

SIMシリーズに共通しているのが、捕まりがそれほど良くなくて、フェード系の球筋になりやすいというところ

SIM MAX Dも極端に捕まるヘッドではなかったですが、シリーズ中では最もサイドスピン量も少なく、ストレートな弾道に近かったです

さすがにこれでも簡単にドローが打てるタイプではなかったですが、サイドスピンが少ないのはストロングポイントでしょう

もちろん今回装着しているTENSEI WHITEというシャフトの影響もありますので、シャフト次第ではまだまだ捕まった打球も打てそうな印象はあります

打感はやっぱり若干硬め

打感&打音:

打感や打音はやはり、やや硬めな感触です

SIMドライバーよりはまだ柔らかいですが、良い打感とはいい難いのが正直なところですね

とはいっても打音が高くないので全然許容できるレベルです

SIMシリーズでは最も優しく打てる

優しさ:

SIMシリーズでは間違いなく一番優しいヘッドです

捕まりにくさが弱点とも言えたのですが、ドローバイアス設計になっていることから格段に打ちやすくなっています

めちゃくちゃドローが打ちやすいほど捕まるという感じではありませんが、スライス回転が抑えられることで、よりストレートな弾道に近づきます

色々操作できるドライバーというよりは、真っ直ぐ大きな打球で飛ばしていくといったドライバーですね

ドローバイアス設計だけど、ストレートアングルで構えやすい

SIM MAX Dヘッド形状

ドロータイプのヘッドだけど、フェースアングルが被っていないのはめちゃくちゃ良いポイントです

SIM MAX Dも前作よりも座りが良くなっていて、ポンッとヘッドを置いただけで、真っ直ぐ構えられるのは最高です

アドレスのしやすさもクラブの性能だと思っているので高評価のポイントですね

 

カスタムするならこのシャフト

SIM MAX DのシャフトTENSEI WHITEぼくが選択したカスタムシャフト TENSEI CK PRO WHITE

今回は個人的に欲しかったシャフトだったので、TENSEI PRO WHITEを選択して購入していますが、捕まり自体はあまりよくありません

ヘッド性能を考えると、まだまだ捕まるタイプのシャフトを選択するのが良いのかなと思います

最近のシャフトから候補をあげるなら、スピーダーエボリューション5TourAD VRなどでしょう

この2機種なら捕まりにくさを解消しながら、さらなる飛距離アップも実現できるでしょう

手元重心のカウンターバランスにするならTENSEI CK PROオレンジが良いでしょう

オレンジはフェースが開きにくく、叩いていけるタイプなので手元調子でも相性が良いと思います

関連三菱ケミカルTENSEI CK PROオレンジ試打レビュー|振り抜き抜群で飛距離アップ!

 

まとめ:SIM MAX Dドライバーはシリーズ中最高の安定性

SIM MAX S評価チャート
飛距離性能はさすがSIMといったところですが、SIM MAX Dはドローバイアス設計ということで、丁度いい捕まり具合になっています
 
極端な捕まり系ではなく、あくまでSIMシリーズ中では捕まるといった感じなので、弾道的にはストレートイメージでした
 
フェース面も大きいことから、ミスヒットにも強い印象があります
 
ラウンドでも実際に使用しましたが、特にフェース先で打った時の曲がりが少なかったです
 
打感やらのフィーリング面では、そこまで良いドライバーではありませんが、飛びと安定性は抜群に良いモデルでした
 
個人的にはSIMシリーズの中ではトータルバランスが優れているので最もおすすめできるドライバーです
 
まさ
まさ
国内モデルがないのが本当に残念なモデルです
 
 

以上、SIM MAX Dドライバー試打&評価|シリーズ中では最も安定性が高く、トータルバランスに優れたドライバー。という話題でした

動画でも紹介しています

『SIM MAX Dドライバー』を買うならUSモデル専門店『フェアウェイゴルフ』がおすすめ

SIM MAX DはUSモデルのみの展開なのが残念なところ

とはいっても日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているので、価格的には国内モデルよりは買いやすいかなと思います

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSPEEDZONEを購入しています(昨年はEPIC FLASH)

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

合わせて読みたい。テーラーメイド関連記事

まとめ【2020】飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ばせるドライバー33機種を厳選紹介!

ドライバー試打SIMドライバー試打・評価|打点がバラついても平均以上の飛距離性能

ドライバー試打SIM MAXドライバー試打評価|空力性能はわからないけど飛びは最高

FW試打SIMとSIM MAXフェアウェイウッド試打&評価|打感はVスチールと全然違うけど、性能面はしっかり進化

UT試打SIM MAXレスキュー試打・評価|完成度の高いユーティリティでプロ使用率が高い点も納得

アイアン試打SIM MAXアイアン試打・評価|高弾道ドローで方向が安定するキャビティアイアン

パター試打スパイダーS(2020)試打&評価|スパイダーっぽくないのに芯の広さが最高【テーラーメイド】

パター試打トラスパター試打&評価|新発想の三角ネックで安定性が見事にアップ【テーラーメイド】

関連記事