試打&評価

SIM MAXドライバー試打評価|空力性能はわからないけど飛びは最高

テーラーメイドSIM MAXドライバー試打評価レビュー

2020年2月発売する、テーラーメイドのSIM MAXドライバーを試打しました

今回のモデルからは、MシリーズからSIMシリーズへと久々にモデル名が変更となります

ドライバーに関して言うと実際は3機種存在するのだけれども、日本国内では2種類のラインナップでの展開となります

それがSIMとSIM MAXという2モデルですが、この記事ではSIM MAXを取り上げていきます

おおまかな特徴は以下のとおり

  • 空気抵抗を減少させヘッドスピードをアップ
  • 低重心&高慣性モーメント
  • SIMドライバーよりも優しく高弾道

そしてこのページでは、「弾道計測器スカイトラック」を使ってのデータ計測をもとに、テーラーメイドSIM MAXドライバーの性能について書いていきます

まさ
まさ
Youtubeに動画もアップしたので、弾道イメージや打球音の参考にしてください

動画でも紹介しています

SIM MAXドライバーの概要とスペック

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

まさ
まさ
値段的に安いUSモデルを選ぶならフェアウェイゴルフがおすすめです

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

「Shape in motion」というのがキーワードになり、ドライバーヘッドのパフォーマンスを高めるため、新形状のヘッドになって生まれ変わったのがSIMシリーズ

そしてSIM MAXは、国内展開される2種類あるラインナップの中でも、より重心深度が深くて慣性モーメントの高いタイプとなっています

またSIMドライバーと比べ、SIM MAXの方がフェース面積が大きくなっている点にも注目したいところで、見た目にも安心感があるのが特徴です

まさ
まさ
正直なところで言うと、今までのMシリーズでの技術革新が斬新すぎて今回はインパクト的に弱いですが、性能が良ければ文句はないです

関連テーラーメイド SIM(Shape in Motion)ドライバー|特徴についてまとめてみた【SIM MAX】

スペック

 テーラーメイド SIM MAX
番手ドライバー
ロフト角(°)9°、10.5°、12°
シャフトTENSEI BLUE TM50
長さ(インチ)45.25
ヘッド体積(cc)460cc
バランスD2.5
総重量(g)298g(S)、296g(SR)、294g(R)

 

前作から進化したポイント

モデル名がMシリーズからSIMへと変更となり、新たに盛り込まれたテクノロジーがあるので、そこについてもご紹介しておきます

進化①イナーシャジェネレーターによる深重心化

SIM MAXソールphoto by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

ソールの後方に伸びるように配置されているのが「イナーシャジェネレーター」と呼ばれるものです

クラウンのみならず、ヘッド側面もカーボンパネルにすることで軽量化を図り、極端に重たい重量物をヘッド後方に配置しているというもの

イナーシャジェネレーター自体は前作のM6にも搭載されていたのですが、SIM MAXでは、より大型のウェイトが設置されて、深重心化と慣性モーメントの向上に貢献しているとのことです

 

進化②アシンメトリーシェイプによる空力性能の向上

SIM MAXアシンメトリーシェイプphoto by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

もう一つの進化ポイントとしてアシンメトリーシェイプがあります

前述したイナーシャジェネレーターを斜めに配置することで空気の流れがスムーズになり、ハーフウェイダウンからインパクトにかけてクラブヘッドが加速するという構造です

ゴルファーによってはヘッドスピードが0.5〜1m/sはアップする可能性があるそう

 

試打に使用したSIM MAXドライバーのスペック

SIM MAX試打クラブphoto by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562
ヘッドテーラーメイドSIM MAX
ロフト角
シャフトTENSEI BLUE TM50
フレックスS
総重量298g
バランスD2.5
長さ45.75インチ
まさ
まさ
ヘッド単体での重量は193g

ヘッド重量が193gと、テーラーメイドとしては軽め

M3なんかが196〜198gぐらいだったので、相当軽量化してきていますね

実際200g近くなると振りにくく感じる方が多くなるので、このあたりの調整は良いところだと思います

ちょっと長いのが気になるが、総重量が300gを切っているので大丈夫そうな気がします

試打データと評価

sim max試打計測2Dデータ
ヘッドスピード45.3m/s
ボールスピード65.4m/s
サイドスピン235(右)
バックスピン2517rpm
打ち出し角16.3°
打ち出し方向-3yd(右)
センターからのブレ-3.95
キャリー271yd
総距離293yd
4球打ってみての平均値のデータです

圧倒的な飛距離性能

ボールスピード(m/s)65.4
バックスピン量(rpm)2517
打ち出し角16.3
キャリー(yd)271
総距離(yd)293

飛距離性能:

はっきり言って、空力性能に関しては全くわからないし、体感で感じ取れる人がいるのかも疑問です

しかし、結果を見ると「嘘だろ!?」というほど飛距離が出ました

キャリーで270ヤード超えはココ最近では最も飛んでいます(ぼくの基準ではキャリー250ヤードが飛ぶドライバーの最低ライン)

初速だけ見ていくと、そんなに出てないじゃないかと感じますが、実はこれすべてフェード弾道での平均値です

スライス系の球筋でありながら、バックスピン量が2500前後に収まり、尚且打ち出し角が16.3°とかなりの高弾道

スピン量に関しては前評判どおりというか、予想通り適度な量が入ります

驚くほど低スピンで強弾道ですというわけではないですが、ボールあドロップするような心配もなく、コースでも安心して使用することができるでしょう

球筋はフェード系で、安定する

サイドスピン量(rpm)235(右)
打ち出し方向(°)-3.1(左)
打ち出し角(°)16.3
センターからのブレ(yd)-3.9

弾道&方向性:

前述したとおり、球筋はスライス系のフェードボールです

全体的に同じ箇所にボールが集まるという結果。方向性的には出る球筋が決まっているので、扱いにくさは感じませんし安定性という面では高評価です

サイドスピン量自体もそこまで多くないので、計算できる曲がり幅となっています

ここには前作から継承されているツイストフェースの効果が発揮されているのかなと感じさせられる部分といえるでしょう

打ち出し角は高めで、高弾道系の球筋

今回試打したのは9度でしたが、上がりにくさなどは全く感じませんでした

打感はやや硬質

打感&打音:

打音に関しては中・低音系です

ただ、打感は音の割にやや硬質な感じがするので、今回はこのような評価とさせて頂きます

柔らかい打感でないと駄目だという方だと少し違和感がある可能性がありますが、音が控えめなので、許容範囲です

捕まりにくさがネックになってきそう

優しさと振りやすさ:

優しいかと言われると疑問が残ります

というのもやはり捕まりにくさがネックになってきます

ぼく自身がもともとフェード打ちなのもありますが、日本人ゴルファーの大半がスライサーということを考えても、ドロー系の球筋を打ちにくいというのは難しさに直結します

計測時以外でも積極的にフックを打ちにいったのですが、ほぼストレート程度の球筋になりましたので、簡単にドローが打てるドライバーではないというのが正直なところ

純正シャフトはほどよいしっかり感

SIM MAXシャフト-2photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

標準装着シャフトであるTENSEI BLUE TM50ですが、フレックスSで重量が54gでトルクが4.4

中調子で若干先端部に動きがあるタイプです

実はUS三菱から販売されているカスタムシャフトのTENSEI CK BLUEの60と同様のトルク値です

実際にスイングしてみるとわかりますが、ほどよいしっかり感があって頼りなさはありません

ほとんどのゴルファー(40m/s強の方)はこのまま純正で使っても良いかなという重さと硬さだと言えます

関連世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介

オーソドックスで癖のないヘッド形状

SIM MAXアドレスphoto by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

形状的にはオーソドックスで癖のない形です

カーボン部分がグレーっぽくなっているので、前作よりも印象的には構えやすいなーと個人的には感じます

あとは座りが格段に良くなっているところはポイントアップです

Mシリーズでどうも気になっていた座りの悪さが解消されているので、それだけでもかなり嬉しいところ

実際性能は高いけど、座りの悪さから敬遠していた方も少なからずいたはずなので、これだけでもユーザーが増える要素になりそう

カスタムするならこのシャフト

ヘッドの捕まりにくさを考慮すると、カスタムするなら先端に動きがあるタイプの方が良いのかなと思います

最近のシャフトから候補をあげるなら、スピーダーエボリューション5TourAD VRなどでしょう

この2機種なら捕まりにくさを解消しながら、さらなる飛距離アップも実現できるでしょう

スピーダーエボリューション5試打評価|元クラフトマンがわかりやすく特徴を解説する2018年11月10日更新 どうもまさです フジクラのスピーダーエボリューションシリーズの2018年最新モデル「スピーダーエボリ...
ツアーAD VRシャフトを試打評価|特徴を元クラフトマンがわかりやすく解説するどうもまさです グラファイトデザインの2018年最新モデルシャフト、「ツアーAD VR」をじっくり試打をしてみました プロも実際に実...

手元調子しか合わないよって方であれば、ディアマナZFが先端にも適度に動きが出るタイプなのでおすすめです

Diamana ZF試打評価レビュー
【評価】ディアマナZF試打してみたら方向性抜群のパワードローがめちゃくちゃ打ちやかった三菱ケミカルの2019年モデル「ディアマナZF」の試打評価レビューです。 計測には高精度弾道計測器GC2を用いて、どんな特徴があるのか、メリット・デメリットについても詳しく解説している記事です。...

まとめ:SIM MAXドライバーの飛距離性能は最高レベル

 
 
SIM MAXドライバーの評価チャート
飛距離性能に関しては文句なしどころではないくらい最高評価です
 
とにかく飛距離を伸ばしたいなら一度は試してみる価値があるというほどの性能と言えます
 
しかし、捕まりにくさがあるのでめちゃくちゃ優しいよとは言いにくのが正直なところ。とはいっても頂角機能も備えているので、フックフェースにしたりすればある程度は解消される部分でもあります
 
あと、空力性能に関してですが、体感で違いを感じ取ることは正直無理です(笑)
 
ですが、前作よりも飛距離が伸びているので、一定の効果があるのでしょう
 
最後に付け加えておくとアドレス時のヘッドの座りが見事に解消されているのが好印象です。こういったところは地味だけど、使い手にとっては重要な要素かなと思っています
 
とにかく飛距離性能が魅力的なドライバーなので、機会があれば是非試してみてください
 

以上、テーラーメイドSIM MAXドライバー試打・評価|空力性能はわからないけど飛びは最高。という話題でした

SIM MAXドライバーをなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSPEEDZONEを購入しています(昨年はEPIC FLASH)

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まさ
まさ
SIM MAXドライバーおUSモデルの純正シャフトは、VENTUSのブルーかレッドになります。VENTUSブルーの試打レビュー記事もありますので参考にしてください

 

まさ
まさ
Youtubeに動画もアップしたので、弾道イメージや打球音の参考にしてください

動画でも紹介しています

合わせて読みたい。テーラーメイド関連記事

まとめ【2020】飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ばせるドライバー33機種を厳選紹介!

ドライバー試打SIMドライバー試打・評価|打点がバラついても平均以上の飛距離性能

ドライバー試打SIM MAX Dドライバー試打&評価|シリーズ中では最も安定性が高く、トータルバランスに優れたドライバー

FW試打SIMとSIM MAXフェアウェイウッド試打&評価|打感はVスチールと全然違うけど、性能面はしっかり進化

FW試打テーラーメイド SIM MAX Dフェアウェイウッド試打評価レビュー|高弾道ドローが打てるでアマチュアに最適なモデル

UT試打SIM MAXレスキュー試打・評価|完成度の高いユーティリティでプロ使用率が高い点も納得

アイアン試打SIM MAXアイアン試打・評価|高弾道ドローで方向が安定するキャビティアイアン

パター試打スパイダーS(2020)試打&評価|スパイダーっぽくないのに芯の広さが最高【テーラーメイド】

パター試打トラスパター試打&評価|新発想の三角ネックで安定性が見事にアップ【テーラーメイド】

関連記事
ホンマ TW-S/TW-Xボール試打評価レビュー 試打&評価

コスパ最高「本間ゴルフTW-S・TW-X 2019」ボール試打評価|好評だった前作にラインナップを追加して進化

2019年10月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
本記事では、本間ゴルフ TW-S・TW-Xボール(2019)の試打評価を行っています どうもまさです 以前に「コスパ抜群のスピン系ツアー …
キャロウェイ EPIC FLASHシリーズ 試打レビュー記事まとめ 試打&評価

激飛びで話題沸騰!キャロウェイ EPIC FLASHシリーズ試打レビュー記事のまとめ

2019年3月6日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです AIが開発したフェースが話題になっているキャロウェイのEPIC FLASH。実際にボール初速が向上したことでプロの使用率も …
GAPR HI 試打レビュー 試打&評価

テーラーメイドGAPR HI(ギャッパーハイ) 試打評価|小ぶりヘッドなのに飛距離性能が抜群で優秀なユーティリティ

2019年5月17日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ロングアイアンの代わりにユーティリティクラブを多様するようになってから色々なユーティリティを試してきました 今回は以前「テーラーメイド …