試打&評価

SIM MAXレスキュー試打・評価|完成度の高いユーティリティでプロ使用率が高い点も納得

SIM MAXレスキュー試打評価レビュー

テーラーメイドSIM MAXレスキュー(ユーティリティ)の試打評価レビューです

まさ
まさ
どうもまさです

2020年2月発売する、テーラーメイドのSIM MAXレスキューを試打することができました

SIMシリーズからはいわゆるハイブリッド系のユーティリティは、SIM MAXレスキュー1種類のみのラインナップとなります

おおまかな特徴は以下のとおり

  • Vスチールソールの復活による抜けの良さ
  • ツイストフェースによって打点ブレに強い
  • スピードポケット搭載で、フェース下目のヒットに強い

そしてこのページでは、「弾道計測器スカイトラック」を使ってのデータ計測をもとに、テーラーメイドSIM MAXレスキューの性能について「クラフトマン」である私が正直に試打評価していきます

関連テーラーメイドSIM MAXドライバー試打・評価|空力性能はわからないけど飛びは最高

関連SIMとSIM MAXフェアウェイウッド試打&評価|打感はVスチールと全然違うけど、性能面はしっかり進化

テーラーメイドSIM MAXレスキューの概要

 

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まさ
まさ
値段的に安いUSモデルを選ぶならフェアウェイゴルフがおすすめです

SIMシリーズでは唯一となるユーティリティ系のクラブであるSIM MAXレスキュー

SIMフェアウェイウッドにも採用されたことで話題になった、「Vスチールソール」をレスキューにも盛り込んでいます

そして捻れたフェースであるツイストフェースも継続して搭載

とまあ実際のところ、前作からの目立った大きな変更点はないものの、今までウッド型ハイブリッドクラブを使用してこなかった、ローリーマキロイダスティン・ジョンソンがクラブセッティングに加えたということで話題になっているというモデルになります

そういった要因も含めて、ここ最近のテーラーメイドのレスキューの中では最も前評判の高いレスキューとなっていますので、実際に性能面に期待している方も多いのかなと思います

関連テーラーメイド SIM(Shape in Motion)ドライバー|特徴についてまとめてみた【SIM MAX】

前作から進化したポイント

モデル名がMシリーズからSIMへと変更となり、新たに盛り込まれたテクノロジーがあるので、そこについてもご紹介しておきます

進化①Vスチールソールを搭載

SIM MAXレスキューのソール形状photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

SIMフェアウェイウッドにも搭載されているVスチールソールをレスキューに着けたという点が大きな変更点です

地面との接地面積が少なくなるので、抜けの良さに一定の効果があるというのがVスチールソール

抜けの良さは地面から打つクラブにとっては非常に重要な要素にはなってくるのですが、こればかりは打つ人の感覚で大きく変わってくるというのが正直なところです

個人的には若干の良くなったのかなという印象で、飛躍的にクラブの性能が向上した!とはなかなか言いにくい部分かなと思います

進化②トウよりの重心設計

SIM MAXレスキューになってからトウよりの重心設計になったとの記事が上がっているのですが、これはテーラーメイドの公式サイトにも記載されていないポイントです

関連ゴルフ人生で初めて! マキロイがバッグの中にウッド型UTを入れたぞ! 我々の14本のラインナップと似てくるか!?

2g分トウよりにウェイトを持ってくることで、フェースの返りすぎを抑えることや、慣性モーメントのアップなどの効果もあるとのこと

公式ページになぜ記載されていないのかなという疑問はありますが、地味ながら重心設計が変更されているようです

テーラーメイドSIM MAXレスキュー試打&評価

試打クラブスペック

SIMレスキュー試打クラブphoto by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562
ヘッドテーラーメイドSIM MAXレスキュー
ロフト角22度(#4)
シャフトTENSEI BLUE TM60
フレックスS
総重量339g
バランスD1
長さ39.75インチ

ヘッド体積は4番で102ccと前作のM5レスキューと同じです

テーラーメイドSIM MAXドライバーの試打計測データ

SIM MAXレスキュー試打計測データ
ヘッドスピード41.65m/s
ボールスピード56.8m/s
サイドスピン-87(左)
バックスピン5724.5rpm
打ち出し角15.0°
打ち出し方向-4.2(左)
センターからのブレ-16.1yd
キャリー191.5yd
総距離195.4yd
3球打ってみての平均値のデータです

4球の計測データを取ったのですが、1つデータを消失してしまいました。申し訳ございません

ヘッド形状

SIM MAXレスキューヘッド形状photo by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

前作M6レスキューの時もでしたが、形状的には非常に良くて、顔にこだわりを持つ方も満足できる人が多いのではないかなと思います

変に被ったりという事もなく、座りの安定感もありますので、すんなりアドレスできるヘッド形状です

飛距離性能

ボールスピード(m/s)56.8
バックスピン量(rpm)5724.5
打ち出し角15.0
キャリー(yd)191.5
総距離(yd)195.4

飛距離性能:

飛距離性能を見てみると、前作M6レスキューと比較してみてもそこまで大幅に飛ぶようになったという感じはありませんでした

やはりロフト角や、重量、素材面でも大きな違いがないのでしょうがないかなというのが正直な感想ですが、打点のブレにも強いので安定性は高いユーティリティです

バックスピン量が若干増加しているので、グリーン上での止めやすさはSIM MAXレスキューが上でしょう

まさ
まさ
飛びに関しては劇的には伸びていない

弾道&方向性

サイドスピン量(rpm)-87(左)
打ち出し方向(°)-4.2
打ち出し角(°)15.0
センターからのブレ(yd)-16.1

弾道&方向性:

M6レスキューから飛距離面では大幅な進化はないものの、弾道には違いが出ています

ぼく自身がスライス打ちなのもあり、左方向へ出ていますが、サイドスピン量を考慮しても方向性はかなり良いハイブリッドです

ヘッドの進化ポイントにもあるとおり、トウ寄りのウェイト配置による捕まりすぎを抑えるといったことですが、確かにサイドスピンが減っているので、確かな効果が出ていると実感できます

しかし普通に打てば捕まりの良い部類には入ってくるユーティリティかなといった印象

左方向へのミスを完全に消せるというタイプではなく、ほどほど捕まるといったタイプです

PGAプロなどは装着シャフトやアングル調整も施していると考えられるので、捕まりすぎや左へのミスを全く気にせず使えるといったものを鵜呑みにするのは少々危険ですね

打感&打音

打感&打音:

打感はやや硬めですが、前作のM6レスキューよりは打音が抑えられたこともあって、若干柔らかくなりましたが、ほぼ同じような印象です

打感に特別なこだわりがあるという方でなければそこまで気になりませんし、個人的には問題なく使えるレベルです

優しさと振りやすさ

優しさと振りやすさ:

オーソドックスな形状ながら、打点のバラつきにも強さがあって、安定して飛距離を出せるというのはSIM MAXレスキューの強みでしょう

ツイストフェースによる左右の打点ブレもですが、最も効果が期待できるのがスピードポケットです。フェース下目でのヒット時でも高さも出やすく、キャリーが安定しやすいというメリットがあります

 

純正シャフトTENSEIのフィーリング

SIMレスキューシャフトphoto by:テーラーメイド(テーラーメイド ゴルフ) 0120-558-562

今回から純正シャフトにはTENSEIが採用されていますが、中調子のモデルです

トルクがSで2.9なので、重量の割にしっかりしているという印象です

しなり感はあまりなく、パリッとした感じになっていますが癖がないので多くの方(H/s40前後)はこのまま純正装着のカーボンシャフトがおすすめです

Sは結構硬い印象なので、しなり感が欲しいなら見えをはらずに迷わずRを選択した方がいいでしょう

関連世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介

SIM MAXレスキューをカスタムするなら

トウよりのウェイトで捕まりは抑えられた印象ですが、それでもやはり捕まりの良いクラブ

カスタムシャフトの選択次第で、捕まりを抑えてより安定性を高めることも可能なので、左方向へのミスをなるべく減らせる候補を新しいモデルから上げておきます

現在のところだと、やはり筆頭は「TENSEIハイブリッドオレンジ」でしょう

カウンターバランスによってスイングスピードを上げながらも先端剛性の高さで捕まりすぎを抑えることが可能なので、飛距離を落とさずい方向安定性も確保できます

関連TENSEI(テンセイ)CK Proオレンジハイブリッド試打評価レビュー:強弾道で安定性抜群の意外と優しいユーティリティ用シャフト

また、重量が重くなることが問題なければ、スチールライクな振り心地の「モーダスGOST」も最適です

GOSTも捕まりすぎを抑えられますが、重量バリエーションが今のところは少なく、非常に高重量になるので、ドライバーでのヘッドスピードが45m/s以上の方が対象となります

関連【モーダスハイブリッドGOST(ゴースト)】試打評価レビュー|Graphite On Steel Tecnology2019年11月1日

テーラーメイドSIM MAXレスキューの総合評価:まとめ

SIM MAXレスキュー評価チャート
非常にバランスの取れたユーティリティで、全体的に高評価です
 
ヘッド形状の良さと、曲がり幅が狭く、安心感のあるクラブということで、200yd近辺を狙うユーティリティクラブとしての完成度は高いです
 
一定水準以上の飛距離性能も有していますし、プロがこぞってセッティング加えるというのもうなずけます
 
もちろん弱点もあって、若干打感が硬いといったウィークポイントはありますが、そこに目を瞑れば、性能の高さを享受できるでしょう
 

以上、テーラーメイドSIM MAXレスキュー試打・評価|完成度の高いユーティリティでプロ使用率が高い点も納得。という話題でした

SIM MAXドライバーをなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSPEEDZONEを購入しています(昨年はEPIC FLASH)

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

 

関連【2020】ユーティリティおすすめ人気ランキングTOP20|飛距離抜群で優しく打てるユーティリティを厳選紹介

関連テーラーメイドSIM MAXドライバー試打・評価|空力性能はわからないけど飛びは最高

関連SIMとSIM MAXフェアウェイウッド試打&評価|打感はVスチールと全然違うけど、性能面はしっかり進化

関連記事
PING ブループリントアイアン試打評価レビュー 試打&評価

ピン BLUEPRINTアイアン試打評価レビュー|イメージした弾道を具現化できるアイアン

2019年7月2日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ピンの鍛造マッスルアイアン「BLUEPRINT(ブループリント)アイアン」をようやく試打することができました そこでこのページでは、弾 …