MENU
試打&評価

スピーダーエボリューション6試打評価レビュー|試打データ付きでエボ6をわかりやすく解説します

フジクラ スピーダー エボリューション6 試打評価レビュー

スピーダーエボリューション6の試打評価レビューです

フジクラから2019年モデルとして発売されたスピーダーエボリューション6 これでシリーズ6代目

まさ
まさ
渋野日向子プロが全英女子オープン優勝時に使用していたことで話題となりました

そこでこのページでは、高精度弾道計測機GC2を使ってのデータ計測をもとに、スピーダーエボリューション6の良かった点と、ここはちょっと気になるという点をさらに詳しく正直に試打評価レビューしていきます

2019年9月5日発売予定

 

スピーダーエボリューション6の試打計測データ

スピーダーエボリューション6試打クラブ

試打クラブとしてはブリヂストンのTour B JDR(2019)のヘッドを用意しました。シャフトには挙動がわかりやすいだろうということで今回は50g台のモデルです

試打クラブのスペック
ヘッドブリヂストン Tour B JGR(2019)
ロフト9.5
シャフトスピーダーエボリューション6 569
フレックスS
バランスD2
総重量296g

 

スピーダーエボリューション6弾道とデータ
 スピーダーエボリューション6Tour B JGR 純正シャフト
ヘッドスピード45.646.7
ボールスピード66.167.7
打ち出し角度17.318.2
サイドスピン量62左515左
バックスピン量21622926
最高到達点4249
落下角度4248
キャリー261251
総距離284269
4球打ってみての平均値のデータです。使用球はSRIXON Z-STAR XV 2019年モデル

比較対象として、Tour B JGR(2019)の純正カーボンシャフトを用意しました。同一ヘッドでこれだけの違いが出るのでシャフトの影響は恐ろしいなと感じますね

2019 TOUR B JGRドライバー 試打レビュー
TOUR B JGRドライバー(2019)試打評価レビュー【ブリヂストン】ボールスピードの速さは凄いが・・・Tour B JGRドライバー(2019)の試打評価レビューです そこでこのページでは高精度弾道計測機GC2を使ってのデータ計測をもと...

スピーダーエボリューション6の飛距離性能

  • バックスピン量の低減で飛距離ロスを減少
  • 打ち出し角、最高到達点が低くなる
  • 風に負けない強弾道で飛距離アップ

同一ヘッドによって極端に飛距離差が出ましたが、特に顕著なのがバックスピン量の減少。キャリーで10ヤード総距離では15ヤードも飛んでいるという結果になり正直かなり驚きました

重量的にはスピーダーエボリューション6とJGRの純正シャフトはほぼ同じぐらいなのですが、ヘッドスピードとボールスピードが減少している点も面白い部分で、シャフトの挙動の違いでスイングスピードにも影響している模様

弾道的には打ち出し角が低く抑えられ最高到達点も低くなっています。前へ前へと飛ぶ強い打球になり、それに伴って落下角度も緩やかになるのでランも稼げているという結果となりました

先端剛性がTour B JGRの純正シャフトよりも高いので、ヘッドがアッパーに動きにくく結果としてフェースの上部でヒットしやすいこともバックスピン量減少には影響しています

飛距離性能的には無駄なエネルギーロスがなく、効率よく飛ばせるシャフトだという印象です

まさ
まさ
無駄なバックスピンや打球の上がり過ぎによるロスを軽減できていて、結果的に飛距離アップに繋がっています

スピーダーエボリューション6の挙動やフィーリング

  • シャフト中間部分に最もしなりを感じる
  • 先端の動きは少なめ
  • もたつかずにスイングにしっかりついてくるので操作性が高い

スピーダーエボリューションシリーズでは6代目となる「スピーダーエボリューション6

偶数のモデルは中元調子系のシャフトという流れなのがスピーダーエボリューションシリーズではお馴染みとなっていますが6も同様のタイプ。ベースとなっているのは4代目のスピーダーエボリューション4であることから似たような挙動はしているのだけれど、実際のしなり感はこちらの方がありますね

エボ4はシャフト全体でのしなり量は少なめだったことで追従性能が高くて結構叩いていけるシャフトに仕上がっており、そこがウケてヒットしたモデルでした

スピーダーエボリューション6もタイプ的には近く叩けるタイプには分類できるのですが、よりスインガー向けに味付けされているモデルだと感じます。そこを踏まえても正直スイングに敏感に反応する追従性能的にはエボ4の方が上だなあと感じますが、もたつき感もなくて操作性の高さは感じます

実際のところしなり量が少なめでハードに感じる方もいましたが、今作では少ししなり感も加わっている分スピーダーエボリューション6の方がより幅広い層にマッチしてくるシャフトだといえます。硬くてハード過ぎるのが苦手な方にも振りやすいでしょう

スピーダーと言えばシャフトの走りや弾き感があるというのがブランドイメージにあり、事前情報でも先端の走りも感もクローズアップされていましたが、実際に打ってみるとその部分は少し控えめで先端部の動きは少ない部類のモデルだと感じます。ここはエボ4の良さをそのまま継承した感じがして個人的には好印象

挙動的にはおとなしいのでインパクト付近でのフェース向きの管理もしやすいですし、ミスヒット時の当たり負けもしにくいので思わぬ打球が出てしまうというリスクは少ないでしょう。左へのミスも出にくくて安定感は非常に高いシャフトです

まさ
まさ
手元と先端がしっかりしていて中間がしなるタイプ。極端な動きをしないので安定感は高い

スピーダーエボリューション6を挿してカスタムするならこんなヘッドが良さそう

  • シャフトの操作性をさらに引き出すならヘッドも操作性のあるモデルが相性よし
  • 飛距離と方向性を両立させるなら高慣性モーメントで捕まるタイプがおすすめ

動きや癖が少なくヘッドの特性を引き出せるシャフト。できればヘッドも操作性の高いタイプと組み合わせたほうがヘッドの特徴を上手く引き出せるはず

候補としては、テーラーメイド M5キャロウェイ EPIC FLASHサブゼロ。国産メーカーであれば本間 TW747 455スリクソンZ785あたりが面白い

直進性性と飛距離の両立を求めるなら高慣性モーメントタイプのヘッドの中でも捕まりの良いモデルが良いでしょう、その中でもPING G410PLUSG410SFTタイトリストTS2は左へのミスを抑えながらミスヒットにも強くなり飛距離と方向性を両立できるでしょう

まさ
まさ
操作性の良いヘッドの性能を引き出せるシャフトです

スピーダーエボリューション6の総合評価:まとめ

こんな方におすすめ
  • シャフトに操作性を求める方
  • 余計な動きをしないシャフトを求める方
  • バックスピン量を減らしたいけどハードすぎるシャフトは苦手な方

総合評価

飛距離:

上がりやすさ:

方向性:

操作性:

許容性:

総合的にみて操作性が高いタイプですが、しなり感も適度にあることでバランスが非常に良く感じるシャフトです。名器スピーダーエボリューション4をベースにしているというのも頷ける完成度でした

シャフト自体には無駄な動きをせずにヘッドの特性を出しやすいので、できれば操作性の高いヘッドを装着するのがおすすめです

以上、スピーダーエボリューション6試打評価レビュー|試打データ付きでエボ6をわかりやすく解説します。という話題でした

【2019年版】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】どうもまさ(@masa_golf05)です。 ドライバーのシャフトってなにをお使いですか? 最近では『メーカー純正のシャフトじゃなくて...