MENU
試打&評価

テーラーメイド スパイダーFCG試打&評価|ほんとにブレード型みたいなマレットで面白い

テーラーメイド スパイダーFCG試打&評価

どうもまさです

テーラーメイドの2020年モデルの新作パター「スパイダーFCG」を試打してみました

スパイダーの名前を持っていますが、少し前に試打したスパイダーSと同様にスパイダーっぽくない見た目で製品発表時から面白いコンセプトで凄く気になっていたパターです

まさ
まさ
最近はユニークなパターを毎回出してくるのでテーラーメイドのパターは個人的にも注目度が高いですね

それで試打してみての結論から言いますと、見た目マレットだけど本当にブレード型の感覚で打てる新感覚パターで凄く面白いパターでした

テーラーメイド スパイダーFCGパターの概要

テーラーメイド スパイダーFCG0000

ヘッドの総重量の3分の2を前方(フェース寄り)に配置することで、マレット形状ながらイントウインのストローク軌道の方にマッチするパターとなっているのが特徴的なモデル

スパイダーのモデル名を持つことでもわかるとおり高い寛容性も併せ持っているため、ミスヒット時もヘッド挙動が安定するというメリットがあります

そしてスパイダーXの時に採用されたヘッド上部にある白いライン。トゥルーパスアライメントのをスパイダーFCGにも採用しました

しかもスパイダーFCGでは縦のラインが加わったことにトゥルーパスTアライメントとなり、よりターゲットラインに対して正確にセットアップすることができるように進化もしています

まさ
まさ
33インチと34インチの長さのオプションがあるのですが、それぞれソールのウェイトの重さを変えて最適化しているのもありがたい

 

▼ソールを見るとウェイトが前方に寄っているのがわかります

テーラーメイド スパイダーFCG0010

アイアンで言う所のキャビティバックみたいな感じになっています

剛性を保ちながらウェイトをフェース寄りに持っていっていますね

テーラーメイド スパイダーFCGパターの試打&評価

テーラーメイド スパイダーFCG0015

今回試打に使用したスパイダーFCGは3種類のネック形状がある中のクランクネックタイプです

オーソドックスなブレードタイプを使っていた方が最も馴染みやすいネック形状でもありますね

長さは34インチを使用しています

 

見た目は完全にマレットだけど、ストローク感はほんとにブレードみたい

テーラーメイド スパイダーFCG0014

マレット形状でも最近ではフェースバランスではないモデルも多数ありますし、最近では珍しくもありません

正直なところ半信半疑で打ってみましたが今作のスパイダーFCGは見た目は完全にマレット形状なのにブレード型を打っているような感覚に非常に近いです

それでいてスパイダーらしくミスヒットへの寛容性も高いのも実感できて、これは凄く面白いパターになっていると感じます

イントウインで打つストロークタイプが合う方には操作性と寛容性を両立できるモデルであるのは間違いなさそうです

これは本当に新感覚ですね

 

▼見た目とは裏腹に操作性も良好

テーラーメイド スパイダーFCG0011

どこからどう見てもマレットなんですが、操作性が非常に良いから驚き

関連【テーラーメイド】 ショートパットが安定する「スパイダーツアーブラックパター」 試打レビュー【感想|評価】

 

ちょっと大きめぐらいのサイズ感

テーラーメイド スパイダーFCG0012

ヘッドのサイズ感としてはちょっと大きめなマレットパターという感じ

ブレード型のフィーリングを出してくれているのに、このやや大きめのサイズ感だと普段ぼくのように大型のネオマレットパター(スパイダーツアーブラック)を使っている人間にも安心感があっていいですね

小さいヘッドが良い方でも許容できるサイズ感だと思います

 

打感はしっかりめ

テーラーメイド スパイダーFCG0004

テーラーメイドパターの定番であるピュアロールインサートですが、スパイダーFCGの打感はしっかり目となっていました

スパイダーSでもピュアロールインサートがもちろん使われていましたが、そちらは結構柔らかい感触だったので結構違いが感じられます

ブレード感覚で打てるパターなので、このしっかり目の打感はマッチしていて好印象

音もしっかりと出るタイプなので距離感を合わせやすいですね

重心設計も大事だけれども、打った時の手に伝わるフィードバックもちゃんと作り込んでいて素晴らしい出来だと感じます

 

スーパーストローク ピストルGTR標準装着

テーラーメイド スパイダーFCG0009

標準でスーパーストローク1.0PTというグリップが入っています

かなり細めのスーパーストロークで、太くないのも感覚を活かしやすくなっていて良い感じ

 

テーラーメイド スパイダーFCGパターのアドレス時の見え方

テーラーメイド スパイダーFCG0013

形状としては四角いの見た目

ブラックボディにホワイトのアライメントラインのコントラストが効いていて視覚的にアドレス時のセットアップがしやすいです

個人的にはヘッドの後ろ側が直線的になっているのが良い感じで、丸みがあるよりも構えやすいです

 

総評

スパイダーFCG評価チャート

評価としては上のチャートのとおりです

マレット形状のメリットとブレード形状のメリットを良いところどりしたパターで、意外性のあるコンセプトですがしっかりとまとまっていて評価としてはかなり高いです

ただ万人向けというわけでもなくて、コンセプトにもあるとおりイントウイン軌道のストロークと相性が良いので、ストレート軌道で打ちたい方は素直に普通のスパイダーを選ぶ方が良いです

ブレード型に慣れ親しんでいるけど、ミスヒット時のブレやもう少し優しく打ちたいという方に最適なパターです

打感もしっかり目なので距離感も出しやすく、重心設計だけでなくてその辺りでもブレード感を出してきたりフィーリング面もしっかり作り込んでいて好印象です

おすすめ度:

以上、テーラーメイド スパイダーFCG試打&評価|ほんとにブレード型みたいなマレットで面白い。という話題でした

合わせて読みたい

まとめ【2020】パターおすすめ人気ランキング|スコアアップできる22機種を紹介

試打レビューテーラーメイド「SIM UDI」「SIM DHY」試打&評価|見た目よりだいぶ優しいドライビングアイアン

試打レビューテーラーメイド P7MB・P7MC・P770(2020)アイアン3機種がいよいよ発売!特徴と最安値の取り扱い店情報まとめ

関連記事