MENU
試打&評価

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール|意外とスピン性能の高い2ピースディスタンス【口コミ・評判】

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール12

今回はスリクソンの日本未発売ボールのSRIXON Q-STAR 2022ボール」の試打計測を行いました

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール3

日本モデルとしては未発売なので、このボールはUSモデルになります。ぼくはフェアウェイゴルフで購入しました

Q-STARは低コンプレッションの2ピースボール。ディスタンス系に分類して良いタイプだと思いますが、スリクソンでは最近お馴染みのスピンスキンコーティングが施されていたりするボールです

 

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール6

パッケージを確認してみるとグリーンサイドでのスピン性能は「MID-HIGH」、つまり中高だと謳っています。価格は1ダース3000円前後なので、メーカーいうようなボールであればコスパも良さそうでございます

なお、今回もいつものようにツアープロも使用する弾道計測器「GC Quad」を使って計測を行いました

それでは詳しいデータを見ながらスリクソン Q-STAR2022ボールについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

テーラーメイドsimドライバー11
  • ヘッド:テーラーメイド SIM
  • ロフト角:9.0°
  • シャフト:USTマミヤ アッタスダース
  • フレックス:S
  • ボール:ネクスジェン TOUR–SPEC2021(比較対象:タイトリスト プロV1x)
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

スリクソンQ-STAR 2022ボール試打計測データ(ドライバー)

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール

▼平均のデータが下記

 Q-STARプロV1x
ヘッドスピード(m/s)45.846.5
ボールスピード(m/s)65.567.2
打ち出し角度(°)16.615
打ち出し方向(°)-0.9(左)-0.9(左)
バックスピン(rpm)24562319
サイドスピン(rpm)157(右)-99(左)
ピーク時の高さ(yd)41.338.2
降下角度(°)44.842.8
センターからのブレ(yd)4(右)-9(左)
キャリー(yd)252.4260.0
総距離(yd)264.5273.6

以上が計測データになりますが、ご覧のようにキャリーは252.4ヤード、トータル264.5ヤードとなりました。正直もの足りない飛距離性能

Q-STARはコンプレッション72というコアの柔らかいボールであり、ヘッドスピード的にマッチしなかったというのも理由でしょう。実際の感触でも潰れすぎているなと感じるほどソフトなフィーリングでした

ヘッドスピードがあまり速くない方が相性は良いでしょう。つまりパワーヒッターでは逆に飛ばなくなってしまう可能性もあります

そして、これは実際にラウンドでも使ってみているんですけど、やはり計測結果どおり飛距離には期待ができません。結論、飛びは正直微妙でした

弾道イメージ

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール1

飛ばないものの直進性が高く、方向性は抜群に良いです。ショットを安定させたいならありです

高さとばらつき

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール2

打ち出し角は2ピース系らしく高めです。方向と同じように高さも揃ってくれています

余分なサイドスピンを低減できるので安定感の高さを実感できるボール

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

スリクソンQ-STAR 2022ボールのスピン性能を検証

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール14

実際にラウンドにも持ち出してGC Quadでスピン性能を確認しましたが、これが意外に良い感触でした

 

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール11

7番アイアンでのショットのデータです(使用クラブはRADSPEED 7番)

ドライバーとは違ってアイアンでは飛距離もでるうえにスピンもまあまあ入ります

  • Q-STAR:4698rpm
  • プロV1x:5374rpm

プロV1xと比べると600回転ほど少ないですが、スピンスキンコーティングの効果が出ているのかもと感じさせられる結果。正直言って期待以上です

 

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール10

グリーンに着弾したボールを確認してみると、これぐらいの止まり方です(41インチのアームロックパター)

 

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール9

こちらはPWでの計測結果です。8000回転弱のバックスピンなのでしっかりと止まります

 

そして肝心のショートゲーム。ショットと比較してみるとアプローチスピンは全然少なくて、やはり2ピースのアイオノマーカバーのボールだなーという結果です。プロV1xと比べるのもどうかと思いますが、1500回転近く違います

同時に打ち出し角も高くなるあたりアイオノマーカバーのボールらしいです。パッケージにグリーンサイドのスピンがMID-HIGHと書かれていましたが、HIGHは余計だし、むしろMID-LOWと記載してもいいぐらいでしょう

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

意外とスピン性能が高いがあくまでもディスタンス系

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール7

グリーンまわり、特に30ヤード以内ではディスタンス系らしくポーンと上がってしまってスピンがすぐにほどけてしまいますが、ショットに関していえばしっかりと止まってくれます

計測上の結果と実際の止まり具合にも違和感がありません。「意外に止まってくれるし、曲がりにくいから十分使える」という感想です。ショットの感触は本当に良いです

ツアー系スピンボールだとグリーンまわりで余計なスピンがかかってしまって転がりが計算しにくいと感じている方には割とおすすめ

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

スリクソンQ-STAR 2022ボールの耐久性

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール13

コスパにも影響してくる耐久性ですが、そこまでよくはなかったです

ささくれは比較的できやすく、カバー表面も削れやすい印象。耐久性の上がった最近のウレタンカバーのツアー系ボールと一緒ぐらいです

まあ1ラウンドは普通に使えます

スリクソンQ-STAR 2022ボールのデザインと構造について

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール8

Q-STARは2ピースボール。Z-STARなどと同様にSeRMを使用したスピンスキンコーティングされているのが特徴です

 

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール4

カバーは厚めですが、パッティング時のフィーリングも悪くありません。そこそこソフト

 

【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール5

2022年モデルのQ-STARはロゴ部分に太めのラインがガッツリ入っています。ラインを書く派の方にはありがたいデザインです

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

スリクソンQ-STAR 2022ボールの総合評価

スリクソンQ-STAR2022評価チャート
グリーンサイドでのスピン性能は2点

個人的に飛距離はもの足りなかったですが、曲がりづらくて安定感が高く、思いのほかラウンドでの使用感が良いです

無論、グリーンサイドでのアプローチではアイオノマーカバー系らしい挙動をするし、スピンもあまりかかりませんが、アイアンショットは期待以上でした

ドライバー同様にアイアンでもサイドスピンが減って曲がりづらく安定するうえに、風にもまずまずの強さを感じました。つまりスコアメイクはしやすい実戦向きのボール

結論、飛びよりも安定感を重視するならありですが、飛ばないのであんまりおすすめはしません

おすすめ度:

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

関連ゴルフボールおすすめ人気ランキング|スピン系とディスタンス系の飛ぶボールをジャンル別に徹底解説

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連「優しい&激スピンウェッジ」おすすめ人気ランキング|選び方も解説【口コミ&評価】

関連【試打評価】本間 TW-S/TW-X 2021ボール|価格とスピン性能は優秀【口コミ・評判】

関連【試打評価】ネクスジェンTOUR-SPEC 2021ボール|飛距離性能に優れたウレタンスピン系ボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール|食いつきが凄い!そして飛ぶ【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリスト AVX 2022ボール|プロV1よりも低スピン化させたいならアリ【口コミ・評判】

関連【試打評価】コストコ カークランドシグネチャーVer2.0ボール|最強のコスパボール【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事