PR

用品関連

【試打評価】スリクソン Z-STAR(2023)|100ヤード以内では最強候補【口コミ・評判】

スリクソン Z-STAR(2023)試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。

2023年2月に発売したスリクソンZ-STAR 2023年モデル。 香妻陣一朗選手や、稲森佑貴選手などが使うボールですが、発売日に購入してから約4ヶ月間実践で使用したのでレビューしていきたいと思います。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

【結論】100ヤード以内でのスピン性能は最強候補

先に結論から言ってしまうと今回のZ-STARは特に100ヤード以内、つまりショートゲームでのスピン性能が最高クラスのボールへとさらに進化したなと感じました。

Z-STARシリーズは全部で3つありますが、その中でも特にスピン性能が高いですし、全メーカーの中でも突出した性能があります。

あとドライバーでの飛距離性能もかなり良かったのだけど、飛距離を優先するならZ-STAR XVやZ-STATダイヤモンドのほうが上だったので、Z-STARを選ぶならショートゲームのスピン性能をどれだけ重視しているかが重要となってくる

打感もシリーズ中では最もソフトなので、スピンと打感の柔らかさがほしいならZ-STARを選ぶと良いと思います。

ちなみに、Z-STARもかなり良いボールではあるけれど、個人的にはZ-STARダイヤモンド(2023)のほうがトータルの完成度は高いと思っているから好き。

スポンサーリンク

スリクソン Z-STAR(2023)の外観とスペック

スリクソン Z-STAR(2023)

Z-STAR ♦(ダイヤモンド)は前作同様3ピースウレタンカバーのツアー系ボール。

メーカー希望小売価格1ダース オープン価格
構造スリーピース
カバー高耐久0.6mm極薄スーパーソフトウレタンカバー
ミッド高反発アイオノマー極薄ミッド
コアスーパーソフトファストレイヤー D.G.大径コア ※D.G. : Dual Gradient
ディンプル強弾道338スピードディンプル
コーディング高摩擦Spin Skin+コーディング
ボールNo.1,2,3,4,5,6,7,8(DIVIDE 01、02、03、04)

スリクソン Z-STAR(2023)の切断
Z-STARの切断面がこちら。

スリクソン Z-STAR(2023)選断面

2023年のZ-STARシリーズは全部ぱっと見は2ピースっぽく見えるけど、ミッド層が白いのでわかりにくいだけでれっきとした3ピースボールです。

そして2023年のZ-STARシリーズ共通ではあるけれど、硬度分布を2段階に最適化したコアが使われているのが特徴。

これはスイングスピードに応じでスムーズにボールを変形させることでエネルギー効率が増したよってことです。

スリクソン Z-STAR(2023)のカバー

カバーの厚みはZ-STARダイヤモンドと同じ0.6mmの極薄カバーです。

あとコアは最も柔らかいそうです。

スリクソン Z-STAR(2023)のディンプル数

ディンプル数は338で表面コーティングはさらに摩擦力がアップしたSpin Skinコーティングが施されています。

スリクソン Z-STAR(2023)のライン

Z-STAR ロゴがこちら。

スリクソン Z-STAR(2023)の試打計測データ

それでは、ここからは実際に打ってみた際のデータを見ていきます。

ドライバーでの計測データ

  • ヘッド:テーラーメイド ステルス
  • ロフト:9.0°
  • シャフト:VENTUS TRブルー 6
  • フレックス:S
  • ボール:スリクソン Z-STAR2023
4球の平均データ
ヘッドスピード(m/s)45.7
ボールスピード(m/s)66.2
打ち出し角度(°)16.6
打ち出し方向(°)2.5(右)
バックスピン(rpm)2163
サイドスピン(rpm)-410(左)
ピーク時の高さ(yd)40
降下角度(°)42.6
センターからのブレ(yd)-10.2(左)
キャリー(yd)259.3
総距離(yd)280.6
スマッシュファクター1.45
当サイトのドライバー計測基準
  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ
GCQuadで計測

平均キャリーは259.4ヤードランを含めた総距離が280.6ヤード。(総距離はフェアウェイ上に落ちた場合の想定値)

今回の平均のヘッドスピードはGCQuad計測で45.7m/sでした。

平均キャリー260ヤードにはわずかに届かなったですが、想像していたよりも飛んでくれるボールであったことは先に言っておきます。

スリクソン Z-STAR(2023)のドライバー計測データ

バックスピン量平均は2100回転前後となっています。初速も66m/s以上をコンスタントに出せるので優秀です。

弾道の高さは当サイト平均と比較してみると「やや高い」ぐらい。

7番アイアンで計測データ(PING i230)

スリクソン Z-STAR(2023)のアイアン計測データ

PING i230 7番アイアンでの計測結果です。

ミドルアイアンでのスピン量は6000回転ほどをキープできるので申し分ない結果ではあるけれど、Z-STARダイヤモンド(2023)よりは少なめです。

ミドルアイアンでのスピン性能は、Z-STARダイヤモンド→Z-STAR→Z-STAR XVという順

スリクソン Z-STAR(2023)のショートゲームスピン

Z-STARは100ヤード以内でのスピン量が極めて多いです。

ショートゲームスピンでは全メーカー中でも屈指のデータを計測できました。

スポンサーリンク

スリクソン Z-STAR(2023)のレビュー

スリクソン Z-STAR(2023)の切断

ショートゲーム時のスピン性能では全メーカー中でも屈指の性能を誇る「最強クラスのスピンボール」です。アプローチでのボールの乗り感も素晴らしく良い。

ということなんでショートゲームでスピンがとにかく入ってくれるボールが良いと思っている方には問答無用でおすすめ。

その上でドライバーでは想像していたよりも弾き感があって初速もしっかりと出てくれました。まあシリーズ中では一番飛びが弱いと感じるのが正直な感想ですが、XVダイヤモンドがかなり飛ぶから相対的に評価を下げてしまっただけで結構飛びます。

ショートゲームなどではスピンがガッツリ入るけれどドライバーでは適正〜やや少なめなスピンになるので推進力も非常に高いのが嬉しいボール。

スリクソン Z-STAR(2023)評価チャート

さて、今回もチャートを作ってみたのですがこんな感じになりました。

とにかく短い距離でのスピンが多いというボールです。ただ、ミドルアイアンなどでのスピン性能はZ-STARダイヤモンド(2023)のほうが上だなと思います。

そしてフィーリングはというと、ショートゲームやアプローチではかなりソフトな感触です。フェースへの乗りも抜群に良いですね。

ドライバーでの弾き感が前作よりも増しているのでショット時の打感はそこまで柔らかいとは感じなかったのでこういった評価となっています。

スポンサーリンク

スリクソン Z-STAR(2023)のまとめ

スリクソン Z-STAR(2023)

総合評価

ショートゲームでのスピン性能はさらに磨きがかかっていますし、ドライバーでは弾きがまして飛距離にも期待できるボールになりました。

トータルでみるとZ-STARダイヤモンド(2023)のほうがさらに完成度は高いなと思いますが、短い距離でのスピンを絶対的に重視したい場合はZ-STARを選べばいいでしょう。

まさ
まさ

ショートゲーム時のスピンは全メーカー中でも最強レベルの完成度。

メリット
デメリット
  • 100ヤード以内のスピンがとにかく多い
  • アプローチの時の乗り感がばつぐん
  • ドライバーでの弾きが増して前作よりも飛距離アップ
  • ミドルアイアンなどではZ-STARダイヤモンドのほうがスピンはかかる

おすすめな人

  • ショートゲームでとにかくスピンを効かせたい方
  • ソフトなフィーリングでアプローチやパターを打ちたい方

合わせて読みたい

関連ゴルフボールおすすめ人気ランキング31選|飛んで止まるボールを厳選紹介【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソン Z-STAR ♦(ダイヤモンド)2023|ほぼ理想形のツアーボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソン Z-STAR XV2023| プロV1xほぼ一緒で最強格【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリスト プロV1x(2023)ボール|風に最も強いツアー系【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリスト プロV1(2023)ボール|最高です。これが新基準!【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ツアーレスポンス 2022|コスパ重視ウレタンボールでは最強か【口コミ・評判】

関連【試打評価】PXGエクストリームボール|高初速&高スピンなコスパボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】コストコ カークランドシグネチャーVer2.0ボール|最強のコスパボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX5 Mk2ドライバー|スピンがしっかり入る安定系。飛距離は普通【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX5 Mk2 LSドライバー|低スピンで飛ばせる。松山英樹が使うのも納得のポテンシャル【口コミ・評判】

関連【試打評価】ロイヤルマックスフライ(2023)|糸巻き感は薄いけどドライバーではぶっ飛ぶ【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事