MENU
試打&評価

ZX4アイアン試打評価レビュー|フェードでしっかり飛ぶ中空【スリクソン】

スリクソンZX4アイアン試打評価レビュー

スリクソン「ZX4アイアン」の試打計測を行いました

今回は弾道計測機のmevo+を使ってデータ計測を行いましたので計測データを元にレビューしていきます

ZX7アイアンZX5アイアンと試打もしてきましたけどZXシリーズのアイアンはこれで3機種目

試打に使ったスペックは下記

  • 番手:7番アイアン(ロフト28.5度)
  • シャフト:日本シャフト ZEROS 8
  • フレックス:S
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

ZX4アイアンはフェードでもしっかり飛ぶ中空

スリクソンZX4アイアンバックフェース②中空構造。7番アイアンでロフト角は28.5°

中空のアイアンセットはスリクソンブランドでは初?だったでしょうか?(アイアン型ユーティリティはたくさんあるけど・・・)

というわけで、ZX4アイアンは完全な中空構造でロフトも飛距離特化のモデルです。実際に打ってみたので結論から言っておきますと、飛距離性能は非常に高く前評判通りの性能です

恐らく多くの方が確実に飛距離を伸ばせるだろうという飛びを実感しました。数値だけみると飛距離性能がトップクラスであるのは間違いありません

まとまりも良くておすすめなアイアンです

スリクソンZX4アイアン弾道イメージ②7番アイアンでキャリー170ヤード超えなんで、個人的には結構飛んでいます

飛距離が出て楽だというのは当然ありがたいのだけど、個人的に良いなと感じたのはフェード系の弾道が出やすいことです

飛ぶのに捕まりすぎず左方向へのミスがそれほど出ない安心感は嬉しいですね。ヘッドが大きくて重心距離もやや長いというのも影響しているのだと思います

ただし打感は完全な中空系のそれでした。制振材を入れているとはいえ、ここまでヘッドが大きいとさすがに軟鉄系とは程遠いフィーリングでした

飛距離を重視するけど左方向へのミスは出ないアイアンが良い。という方には相性が良いんじゃないかなと思います

トップブレードも厚め

スリクソンZX4アイアンアドレス②7番アイアンのヘッド

ZX5アイアンよりもヘッドが大きいです。ちょっと気になったのは7番でもアドレス時にはバックフェース側が少し見えてしまうところですかね

スリクソンZX4アイアントップブレード

しっかり厚みがあります

スリクソンは今まで多くのアイアン型ユーティリティを発売していますが、ZX4はそれをそのままアイアンセットに流用したんだとぼくは解釈しています

スリクソンアイアンらしいシャープさは乏しいです。ただ、そのぶん飛距離は出てくれるので、見た目と飛距離性能はやはりトレードオフになるのだなと感じさせられます

スリクソンZX4アイアンシャフト試打に使用したシャフトはゼロス8のS

それでは試打計測データと共に、ZX4の性能を詳しく見ていきましょう

試打計測のデータ

▼いつもどおり、4球の平均値を取りました

スリクソンZX4アイアン計測データ

下記が平均値だけをまとめた表になります

ヘッドスピード(m/s)39.7
ボールスピード(m/s)54.0
打ち出し角(°)17.1
高さ(yd)31.9
打ち出し方向(°)-1.2
バックスピン(rpm)5698.5
スピン軸2.9
センターからのブレ(yd)-5.7
キャリー(yd)171.3
総距離(yd)179.3

平均初速が54.0。キャリーは171.3ヤード

飛距離性能は申し分ありません。飛ぶ

打ち出しは28.5°のロフトなので17.1°と低めですけど最高到達点は31.9ヤードと結構高さは出ています

バックスピン量5698.5rpm

ロフト角を考えても飛び系でこれだけしっかりスピンが入るのはストロングポイントになりそう

打球傾向はフェード

左に打ち出す感じが多かったのでセンターからのブレは平均で左に5.7ヤードとなっております

まさ
まさ
期待通りの飛距離性能でした

試打評価レビュー

▼5項目の評価を付けさせてもらったのが下記

スリクソンZX4アイアン評価チャート

さて、評価チャートを作ってみましたが、こんな感じになりました。項目別にみていきましょう

飛距離性能は申し分なし

完全に飛距離特化のアイアンではあって試打結果も申し分ありません。確実に飛びます

平均キャリーが170ヤード超えは5点評価という基準を設けていますが、そこもクリアしております。歴代のスリクソンでは最も飛ぶアイアンなのではないかと思います(個人的に)

ちなみにZX5アイアンの7番では平均キャリーが158ヤードでした。ロフトが2.5度違うんで、当然ですけど全く違うモデルだと考えていいでしょう

弾道は高め。上がりやすい

スリクソンZX4アイアン弾道高さ

上がりやすさも十分です最高到達点は32ヤード近くを推移していて、とにかく高弾道だし簡単にボールを拾える優しさも実感できました。よって4点です

まさ
まさ
高さの揃い方はぼちぼち

打球傾向はフェード。操作性はあんまり

スリクソンZX4アイアン弾道③

打球はだいたいこんな具合いのフェード系になりました

スピン軸が左に傾くことは今回はなくて、とにかく安定したフェードです。ヘッドの挙動は落ち着いていてターンしやすいタイプではないからフックを抑えられる傾向にはあります

左方向へ打ち出す傾向が強かったです

スリクソンZX4アイアン弾道俯瞰

技術的な話をすると捕まえられるスイングをしている方の方が相性が良いです。完全なスライサーだと捕まりきらない可能性も感がられるのでちょっと厳しいかなと思います

操作性はそんなに良くはないですねとにかくオートマ感が強いので曲げて打つようなタイプではないから問題はございません。その分後述する許容度の高さに結びついていると思います

ミスヒットには中々強い

スリクソンZX4アイアン弾道イメージ②

中空アイアンのメリットどおり打点ブレには結構強いです。ミスしても縦距離のバラつきも小さいですし、安定してキャリーを出せます

方向性も同様です。左右両方への打球がでることもなくて安定しやすいです

まさ
まさ
打点が安定しない方でも安心して使える優しさは備わっていますね

ヘッド形状とフィーリング

スリクソンZX4アイアンアドレス①

重心距離が長めだからグースをつけて調整しているヘッドですね

ネックからの繋がりは綺麗なので違和感は少ないです。トップブレードも厚めで大きく見えるので安心感はあります

その分スリクソンらしさは薄れていてシャープな形状ではありません

横から見るとこんな具合

スリクソンZX4アイアンサイド

横から見てみるとソールがかなり厚いのがわかると思います

ソールがこちら

スリクソンZX4アイアンソール

打感は中空らしいフィーリング

スリクソンZX4アイアンフェース面

制振剤を内蔵しているようですが、打感は完全に中空アイアンです。弾き感もあるので軟鉄系には程遠い感触です

まさ
まさ
ヘッドの見た目どおりなので違和感はないですけど、過度な期待は禁物

ZX4アイアンの総評

スリクソンZX4アイアンバックフェース

中空構造のアイアンらしくミスにも強くて飛距離性能も非常に高いです。完成度は中々高いと思います

捕まりは意外と弱めだから、飛距離が欲しいけど左方向へのミスを軽減したいという方には最適な選択肢の一つになると思います

安定感も高いし、バックスピンも十分高いし高さもでます。飛んで止められるタイプなのでアスリートゴルファーの方にもおすすめです

難点は打感が期待していたよりも微妙だったことですが、それぐらいしか気になるようなところもない、まとまった中空アイアンです

おすすめ度

スリクソンZX4アイアンの最安値ショップ情報

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなる傾向があります

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年はコブラのラッドスピードなどを購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

ZX4アイアンの場合、NS950以上のシャフトを選択するならUSモデルが断然安くておすすめ(ZEROS8以下の重量のシャフトは選択できるスペックはありません)

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

試打レビュースリクソン ZX7アイアン試打評価レビュー|キャリーの揃い方と方向安定性が秀逸

試打レビュースリクソン ZX5アイアン試打評価レビュー|名器の予感がする高性能キャビティアイアン

試打レビュースリクソン ZX7ドライバー試打評価レビュー|飛びは本当に凄い

試打レビュースリクソン ZX5ドライバー試打評価レビュー|見事な安定度と飛距離性能

まとめ中空アイアンおすすめ人気ランキング|シャープな形状なのに打ちやすいアイアンを厳選紹介

まとめ【2021】アイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【最新版】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事