MENU
新製品情報

スリクソンZX5&ZX7アイアンの詳細がついに判明。特徴やヘッド形状まとめ

スリクソンZX5&ZX7アイアンの詳細 2

2020年秋発売とされるスリクソン「ZX7・ZX5アイアン」「ZXユーティリティ」が適合リストに掲載」という記事でモノクロの画像について触れていましたが、ZX7とZX5アイアンの詳細がついに判明しました

スリクソンZX7&ZX5ドライバーのテスト映像とヘッドの詳細が公開!形状と打音も良さそうだし期待できる」という記事はドライバーの試打映像などの公開情報を紹介していますので合わせてどうぞ

まさ
まさ
見た目はめちゃくちゃ気に入った!

 

スリクソン ZX5&ZX7アイアンがSRIXON UK公式サイトで公開

イギリスのSRIXON公式サイトにて先行して情報が公開されたZX5とZX7アイアン

欧州での発売予定日は2020年9月19日とのこと(店頭発売)、USモデルもほぼ同じ時期だと予想されます

BEATIFUL POWERというキーワードで登場した同モデルですが、シンプルでアスリートモデルらしさはそのままのようです

▼ZX7とZX5アイアン

シンプルでスリクソンらしいアイアン

数字のところだけが赤色が入っていて、ZX5はポケキャビ系アイアンとしてかなりカッコいいモデルに感じます

まさ
まさ
ポケキャビアイアンに移行したい気持ちが最近あるのでかなりそそられる

 

▼アドレス時のヘッドの見え方

どちらも軽くグースネック気味な感じで優しそうな印象

比べるとZX5の方がグースが強い感じ。トップブレードはZX7の方が薄くて切れ味が良さそうな雰囲気を感じさせてくれます

 

▼番手によって溝が革変わるプログレッシブグルーブ

スリクソンZX7アイアン0003

これはZX5もZX7も同じ機能で、8IからPWまではいかなる状況下でもアプローチショットのスピン性能を維持するために溝が鋭く、細く、深くなっています

 

▼抜けと滑りを良くするツアーVTソール

スリクソンZX7アイアン0005

V字型のソールで芝の上でもスムーズに滑ってくれる形状が採用されています

 

▼マルチピース構造

両者に共通しているのはトウ側のタングステンウェイト。MOI値を高めて安定性能と許容性をアップさせているとのこと

ZX5は鍛造のSUP10フェースによって反発力を向上させ、鍛造1020炭素鋼ボディを採用。衝撃による振動を吸収することで打感の向上にも一役買っているそうです

 

▼ZX5アイアンのメインフレーム

スリクソンZX5アイアン0002

ZX5アイアンはフェースの裏側にフライスパターンが施され、反発力を最大化しボールスピードをアップさせる働きがあるらしい

 

▼ZX7の肉厚設計

スリクソンZX7アイアン0002

打点位置がちょうど肉厚になるような設計になっていてソフトな打感となっているそう

まあこれは今までもあったから普通だなと感じます

 

まとめ

見た目はカッコよくて第一印象はかなり良いです

ただ構造的なモノなどを一通り見ていくと特別なテクノロジーは無さそうというのも正直な感想です

まあ実際に打ってみないと良さもわからないので、試打を行った際には改めてレビュー記事をアップしたいと思います

以上、スリクソンZX5&ZX7アイアンの詳細がついに判明。特徴やヘッド形状まとめ。という話題でした

 

合わせて読みたい

関連2020年秋発売とされるスリクソン「ZX7・ZX5アイアン」「ZXユーティリティ」が適合リストに掲載

関連スリクソンZX7&ZX5ドライバーのテスト映像とヘッドの詳細が公開!形状と打音も良さそうだし期待できる

まとめ【2020】中級者向けアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ&評判

関連記事