MENU
試打&評価

スリクソン ZX7ドライバー試打評価レビュー|飛びは本当に凄い

スリクソン ZX7ドライバー試打評価レビュー

スリクソンの2020年モデルであるZX7ドライバーの試打を行いました

今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データをもとにどういったドライバーだったのかをレビューしていきます

ZX5とZX7ドライバーは松山英樹プロがスリクソンのドライバーを久しぶりに使いだした事もあってめちゃくちゃ話題になったドライバー

今作ではリバウンドフレームと呼ばれるたわみの4層構造が最大のトピックで、剛性を変化させて大きなたわみを生み出して反発性能と初速アップを狙ったという特徴があります

結論から言っておくと、飛距離性能に関しては文句なしで飛ぶドライバーです。ただ安定度はZX5が上で、少しバラつきが出たのも正直な感想です

ZX7はシリーズ2作ある中ではやや浅重心タイプで投影面積も小さい小ぶりなタイプのモデル

スリクソン ZX7ドライバー0000

Youtubeチャンネルはこちら

スリクソン ZX7ドライバーの試打クラブスペック

試打にはスリクソン ZX7ドライバーに純正カーボンシャフトであるDiamana ZX60のSRを装着しています

ロフト角は10.5°、ライ角59°、重量は307g、バランスはD2です

 

スリクソン ZX7ドライバーの試打計測データ

スリクソンZX7ドライバー試打計測データ

上記の計測データのまずは飛距離部分を見ていくと、平均キャリーで256.8ヤードと申し分ないデータが出ています

飛びに関しては文句なしで最高レベルでしょう

特にボールスピードは平均値でも69m/s以上で70m/sに迫る勢いで、ぼく的には結構すごい数字です

バックスピン量も2700rpmあたりを推移していて、10.5度と考えるとスピン量も比較的安定していると感じます(3球目は打点が下目なのもあってバックスピンが増加しています)

そして方向性に関してですが、ここは左右へのバラつきは出てしまいましたが基本はドロー系でした

まあブレ幅的にはセンターから左に最大で22.1ヤード、右に28.6ヤードという結果で、ちょっとバラつきが出ているのは正直気になるところではあります

 

スリクソン ZX7ドライバーの評価

スリクソン ZX7ドライバー評価チャート

評価チャート的にはこんな感じです

飛びに関しては満点評価です。ロフト角10.5度でもこれだけのボールスピードが出せるドライバーは正直かなり貴重な存在かなと思います

飛ばしたいなら2020年モデルではファーストチョイスに入ってきても全く不思議ではありません

バックスピン量も2700rpmあたりを推移していて、中スピン系なのがわかります。ぼく場合は9.5度にすれば300rpmぐらいは落ちそうなのでより強い打球で飛ばせるはず(これは想像ですが)

上がりにくさもないし、むしろしっかり打球は上がってくれてそこは優しい印象もうけます

ただし、方向性に関しては少し厳しめです。ZX5と比べても操作性という部分では確かに優れているように感じますが、バラつきが出ているのも正直なところ

重心距離も短めで挙動的には結構敏感に反応するタイプかなと思いますし、スイングの安定度は少し必要になってくる印象はあります

まあそういった所もあるので許容度はこれぐらいの評価ですが、飛びに関する項目がずば抜けて優秀なので補える要素だと思います

飛びに加えて操作性重視なドライバーを求める方には非常におすすめです

 

▼ヘッド形状は中々綺麗

スリクソン ZX7ドライバー0004

ZX5と比べてより洋梨感の強い形状で、ヘッド形状はかなり綺麗な部類だと思います

ZX5のレビューでも言いましたがキャロウェイ感が強い

 

▼横から見るとこんな感じ

割とボリューミーな形状ですね

 

▼打感は良くないけど、パフォーマンスで補える要素

スリクソン ZX7ドライバー0003

打感に関しては言いとは全く思わないですが、これだけ飛んでくれると問題なく感じてきます

音的にはカーボンクラウン特有の乾いた音

打感によほどのこだわりがない限りは大丈夫だとは思います

 

▼性能には影響しないけど個人的に改善してもらいたい所

スリクソン ZX5ドライバー0005

ZX5でも同じですが、ここは性能には関係ないけど、個人的に改善してもらいたい所なので書いておきます

シャフトの脱着の時に触るネジ?の部分ですが、シャフトを外すとこれも取れるのはどうにかしてもらいたいです

危うく紛失しそうになったので、どうかはずれない構造にして作ってくれるとありがたいですね

まさ
まさ
シャフト交換するときは失くさないように注意しましょう

スリクソン ZX7ドライバーの弾道イメージ

▼スカイトラックでの弾道イメージです

スリクソン ZX7ドライバー弾道まとめ

基本はドロー系ですが、左上は逆玉が出てしまっています

サイドスピンは多めな印象

 

▼個人的に最も良かった弾道

スリクソン ZXドライバー弾道イメージ0001

個人的にはめちゃくちゃ優秀な数値。ロフト角9.5度ならさらに強い打球が出そうな気がします

 

総評

スリクソン ZX7ドライバー0000

飛びに関しては最高ですし、2020年モデルの中でも随一の性能だと感じました

ドライバーの飛距離をアップさせたいなら選択肢に当然入れていいモデルです

ただZX5と比べると少し安定度は下がってしまうので、飛びをとにかく重視するならZX7、安定して尚且飛びも求めるならZX5という感じでしょう

あとはドロー系が打ちやすかったのでスライサーの方で捕まりが良いドライバーを求めているなら結構おすすめできます

とにかく初速は出るし、スピン量も安定するので飛距離アップしたい方にはうってつけです

2020年のスリクソンはあたりです

Youtubeチャンネルはこちら

 

合わせて読みたい

関連【2020】松山英樹のクラブセッティング|ドライバーの長さやバランス、シャフトなどのスペックを詳しく解説

試打レビュースリクソン ZX5ドライバー試打評価レビュー|見事な安定度と飛距離性能

試打レビュースリクソン ZX5アイアン試打評価レビュー|名器の予感がする高性能キャビティアイアン

試打レビュースリクソン ZX7アイアン試打評価レビュー|キャリーの揃い方と方向安定性が秀逸

関連記事