MENU
試打&評価

スリクソン ZXユーティリティ試打評価レビュー|強弾道で飛距離重視のアイアン型ユーティリティ

スリクソンZXユーティリティ試打評価レビュー

スリクソンの2020年モデルのアイアン型ハイブリッドであるZXユーティリティの試打を行いました

今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データをもとにどういったアイアンだったのかをレビューしていきます

ZX5等と同様に高初速化を狙った構造とのことで、たわみを大きく生み出すヘッドとなっていますが実際のところはどういった性能になっているのでしょうか

ZXシリーズのウッドは割とこってり系の見た目なのですが、ZXユーティリティのデザインは非常にシンプルでミニマルなデザインになっています

スリクソン ZXユーティリティ0000

関連スリクソンZX5&ZX7アイアンの詳細がついに判明。特徴やヘッド形状まとめ

 

まさ
まさ
Youtubeチャンネルでも紹介しています

スリクソン ZX5ユーティリティの試打クラブスペック

試打にはスリクソンZXユーティリティの4番にNS950GH DSTのSを装着しています

4番でロフト角は23°、ライ角60.5°、重量は397g、バランスはD1です

ロフト角的にはノーマルロフト帯の4番アイアンと同じぐらいになりますね

 

スリクソン ZX5ユーティリティの試打計測データ

ZXユーティリティ試打計測データ

計測データの飛距離部分を見てみると、バラつきはあるものの200ヤードをキャリーで打てるので飛距離性能としては優秀なアイアン型ユーティリティです

要因としては初速もそうですが、バックスピン量が少なめなところかなと思います

高さ的には中弾道という具合でした

そして方向性に関する項目ですが、サイドスピン量的にはすべてフック系の回転となっています。ただスピン量的には少なめで曲がり幅もそんなにありません

着弾地点を見てみると最大でのブレ幅は左へ18.5ヤードで最小は左2.3ヤード

スリクソン ZX5ユーティリティの評価

スリクソン ZXユーティリティ評価チャート

飛距離に関しては今回は満点の評価になります

4番(23°)でキャリー200ヤードを狙えるのはかなり魅力的です。特性としては飛び系の強弾道ハイブリッドアイアンです

ティーショットでこの手のクラブを多様したい方にとっては強力な武器になりそうです

ノーティーアップ時ではバックスピン量がそれほど多くならない点と高さがめちゃくちゃ出るタイプではないところがポイントになるかなと思います

飛びのポテンシャルは高いですが、使いこなすにはドライバーでヘッドスピードが45m/sはないとボールが浮きづらくて中々性能を引き出せない可能性もあります

しっかりとスピン量と高さを見てから選んで頂きたいクラブです

そして捕まりの良さは申し分なし

基本的にはロングアイアンと同じようなクラブなので捕まりづらいとされるアイアン型ユーティリティですけれども、その中ではヘッドもターンしやすいのでこんな感じの評価です

ただキャリーのバラつきをみてもらえればわかるとおりミスヒット時の許容度は低め

15ヤードぐらいは変わっているので、ミート率が高くスイングの完成度は求められますね

 

▼ヘッド形状は癖がなく非常に構えやすい

スリクソン ZXユーティリティ0001

ストレートネックでトップブレードも厚すぎずスッキリとした見た目

 

▼ソールはそんなに広めでもない

割とソール幅は狭いほうだと思います

 

▼打感は結構良いです

スリクソン ZXユーティリティ0002

素材的にはZX5アイアンと同様で、打感はこちらも中々良い感じです

完全な軟鉄ではないし中空なので、それなりの弾き感は感じられるもののアイアン型ユーティリティの中では柔らかい打感です

 

 

スリクソン ZX5ユーティリティの弾道イメージ

▼スカイトラックでの弾道イメージです

ZXユーティリティ弾道イメージまとめ

弾道は一貫してドローです

右下は左方向に打ち出しているので18ヤード左にいきましたが、全体的にサイドスピン量は少なめ

曲がり幅自体は小さめです

 

▼これが打てれば最高

スリクソン ZXユーティリティ弾道イメージ0002

これが最もよかった打球ですが、これが打てれば文句なしだと個人的には感じております

まあちょっと難しめなのでミスした時は10ヤードはしっかり落ちます

 
 

総評

スリクソン ZXユーティリティ0000

飛距離性能はかなり優れていて、飛び系のアイアン型ユーティリティという感じでした

捕まりの良さも相まって打球の質も非常に強いです。なので強風時でも比較的安定するのがメリットかなと思います

ただバックスピン量の少なさが気になるので、ある程度のスイングスピードは出ないとドロップしてしまってキャリー不足になりそうではあります

基本的にはパワーヒッターで、ウッド型ハイブリッドだと吹き上がってしまう方向けという感じですね

そういった方にとっては強力な武器になるはずなので、是非試してもらいたい1本です

 

 

まさ
まさ
Youtubeチャンネルでも紹介しています

合わせて読みたい

関連【2020】松山英樹のクラブセッティング|ドライバーの長さやバランス、シャフトなどのスペックを詳しく解説

まとめ【2020】アイアン型ユーティリティおすすめランキング【やさしく飛距離が稼げる】

まとめ【2020年】アイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【最新版】

試打レビュースリクソン ZX5アイアン試打評価レビュー|名器の予感がする高性能キャビティアイアン

関連記事