試打&評価

【名器試打評価】テーラーメイド M2フェアウェイウッド(初代)|最高のフィーリングと今でもトップクラスの飛距離性能【口コミ】

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド

今回はテーラーメイド「M2フェアウェイウッド(初代)」の試打計測を行いました(GCクアッドを使用)

今回は自分のほしかったシャフトが装着されたM2を中古で発見。正直、状態はそれほどよくなくてフェースやソールはボロボロでしたが、幸いクラウンやそのほかの部分はきれいだったので購入してみました。付いていたシャフトはスピーダーエボリューション1の661 Sフレックス。メーカー純正カスタムで好みのスペックが発見できてラッキーでした

購入価格は17000円ぐらい

初代M2フェアウェイウッドは今でも多くのプロが手放さずに使う名器中の名器。カーボンクラウンやスピードポケットと呼ばれるソールの溝、さらに軽量化を施されたホーゼルなど、今でもテーラーメイドのウッドに使われるテクノロジーが満載。つまり現行モデルと比較しても構造的には劣っていないということ

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド9

それでは詳しいデータを見ながらテーラーメイド M2フェアウェイウッドについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイド M2フェアウェイウッド(初代)
  • 番手:3番
  • ロフト角:15°
  • シャフト:フジクラ スピーダーエボリューション661
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

テーラーメイドM2フェアウェイウッド試打計測データ

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド1

▼平均のデータが下記

ヘッドスピード(m/s)44.7
ボールスピード(m/s)65.2
打ち出し角度(°)11.2
打ち出し方向(°)0.2(右)
バックスピン(rpm)3002
サイドスピン(rpm)-152(左)
ピーク時の高さ(yd)29.4
降下角度(°)39.2
センターからのブレ(yd)-5(左)
キャリー(yd)236.3
総距離(yd)251.0

以上が計測データです。キャリー236ヤード、トータル251ヤードは申し分ない結果といえます。飛距離性能は優秀ですので現在でも問題なく使えてしまいます。ちなみに飛ぶと評判のヤマハ RMXVDフェアウェイウッドは平均キャリー240ヤードでした

今回の計測ではボールスピードがしっかりと出ているのが飛距離に結びついた要因でしょう。2021年末時点で飛ぶとプロの評価も高いヤマハ RMX VDフェアウェイウッドが65.5m/s、M2が65.2m/sだったので肉薄しています。M2凄い!

ただ、今回は打ち出しが平均11.2°とやや低かったので、上がりやすさで言えば最新のモデルの方が上に感じるのも正直なところ。同時に降下角度が39.2°と浅いです。ランは期待できますが止めにくいとも言えます

M2フェアウェイウッドはカーボンクラウンを採用することで低重心化を図っていますが、これが発売された時よりもフェアウェイウッドはさらに高弾道化してきているんだなという事を実感しました

打ち出し角には少し不満がありますが、バックスピンはまずまず入るので地面から打ってもドロップする不安はあまりありませんでした。コントロールも効きます

弾道イメージはこちら

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド4

やや捕まるかな、ぐらいの捕まり具合に感じます。ほとんどストレートイメージとも言えるし、左右に曲げて打っていくのも可能な操作性の良さもあります

なんでもできる系のフェアウェイウッドで万能タイプ。ボールを操りたいならもってこいだと思います

弾道を重ねたイメージ

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド2

各ショットを重ねたものです。方向安定性は素晴らしいものがあります。左右にはほとんどぶれなかったので安定感に関しては最新クラブに引けをとりません。むしろ良いぐらい

左右高低のばらつき

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド3

バックスピンの量が多かったり少なかったりで高さに関してはブレが多少出ています。高低の打点ぶれは驚くほど強いということはありませんが、打点でスピン量をコントロールも可能なのが魅力でもあります

対して左右への誤差はほとんど生まれませんでした。素晴らしい安定性で、左右の打点ブレにはかなりの強さを感じます

テーラーメイドM2フェアウェイウッドは今でもトップクラスの飛距離性能

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド5

M2フェアウェイウッドは今でも余裕で使える飛距離性能の高いフェアウェイウッドです。スピンを抑えるように打てばキャリー240ヤードオーバーも出ました

さすがに最近だとフェアウェイウッドでもさらに飛ぶモデルが登場してきてはいるものの、カスタムシャフト装着モデルでも2万円以下で手に入ることを考えるとコスパも良いです

テーラーメイドM2フェアウェイウッドのヘッドについて

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド9

ソールのフェース寄りの部分に溝が入っています。最新もでるは蓋がされていますが、この当時は剥き出しの状態です

 

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド11

白と黒のデザイン。初代は白色の部分の面積が大きいです

 

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド7

M2フェアウェイウッドは顔がめちゃくちゃ良くてストレートなフェースアングルに感じます。最近のテーラーのフェアウェイウッドはツイストフェースの影響なのか、若干開いて見えてしまっていると思っています。とても構えやすいヘッド形状です

 

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド10

横からみるとこんな感じ

 

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド12

フェースがこちら。ややたま離れの遅いような打球感です。一瞬フェースに乗る感覚があるのでそれもコントロールしやすいイメージにつながってくるかなと思っています

パチーンと弾く打感ではないですがなかなか良いフィーリングです

テーラーメイドM2フェアウェイウッドの総合評価

【名器試打評価】初代M2フェアウェイウッド6

今ではかなり安く購入することができますが、飛距離性能はやはり今でもトップクラスの性能でした。結論、最新モデルに全く引けをとっていない高性能クラブです

さらにスピンコントロールもしやすく、操作性も良いです。ただ、最近のフェアウェイウッドよりは若干上がりづらい感覚はあります。3番ウッドの場合はフェアウェイウッドが苦手だとキャリーをそこまで出せない可能性もあるので注意が必要です

最近のテーラーの開いて見えるフェアウェイウッドがイメージに合わないならこれは結構おすすめ。ストレートでとても構えやすい顔をしていますしフィーリング面でもいうことがありません

改めて打ってみても良いクラブだと感じました。状態が良いものが見つかればチェックしておきたいフェアウェイウッドです

おすすめ度

合わせて読みたい

関連おすすめ名器フェアウェイウッド50選|現役で使える有能中古クラブを厳選紹介

関連フェアウェイウッドおすすめ人気ランキング|優しく飛ばせる人気機種を厳選【口コミ】

関連テーラーメイド2022年モデルは「STEALTH(ステルス)ドライバー」か。カーボンフェース採用の噂

関連SIM2ドライバー試打評価レビュー|めちゃくちゃ飛ぶしフィーリングも良くなった【テーラーメイド】

関連【試打評価】ヤマハRMX VDフェアウェイウッド|契約外プロが多数使用する話題のクラブ【口コミ】

関連【名器試打評価】テーラーメイドSLDRドライバー|一撃の飛距離は今でも最強クラス【口コミ】

関連【名器試打評価】プロギアRS-F2017ドライバー|打感・安定度・飛距離。全てがハイクオリティ【口コミ】

関連【名器試打評価】ナイキ ヴェイパースピードリミテッドフェアウェイウッド|スピンが入りやすくコントロール性抜群【口コミ】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事