ドライバー新製品情報

テーラーメイド M5/M6のヘッド画像がついに公開!内部構造も判明!

テーラーメイドM5&M6画像と内部構造

どうもまさです

2019年に発売されるであろうというゴルフクラブの中で今最も注目度の高いのが「テーラーメイド M5&M6

以前に公開した記事「テーラーメイドM5ドライバーの画像流出 !!2019年新作モデルか」でリークされた画像ではやや微妙な画像でしたが、今回公開された写真は正真正銘、本物のM5&M6のドライバーになります

さらに気になる内部構造についても判明しました

是非最後までご覧ください

追記US直輸入ショップ フェアウェイゴルフにて取扱い開始

ぼくも普段よく利用しているUSモデル専門の直輸入ショップ「フェアウェイゴルフさん」にて販売が開始しています

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

ぼくが普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います

 

テーラーメイド M5ドライバーの写真画像

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@taylormadegolf M5 has been caught in the wild! Thanks @theequipmentjunkie

Rob Sladeさん(@rob.c.slade)がシェアした投稿 –

こちらがテーラーメイド M5ドライバーの写真画像です

黒と赤を基調としたカラーリングでまるでレーシングカーのようなデザインでカッコいい。こちらはソールのウェイトビスの位置を調整可能なタイプで、M3の後継機種という位置づけです

ウェイトでの弾道調整機能は「T-Trackシステム」、2つの10gウェイトを動かして弾道をカスタマイズすることが可能できます

ソールのフェース側にある溝には「SPEED INJECTED」の文字が刻まれており、M3,M4で採用されていたハンマーヘッドテクノロジーから更に進化した構造になっています

後述しますが、フェース内部へ樹脂を注入し、反発係数をルール範囲内で最大化するためのものです

さらにソールの大部分にカーボンが使用されている様子が画像からは確認できます。最近発表された老舗メーカーウィルソンの「Cortex」というドライバーもカーボンをふんだんに使用していたことを考えると、クラウンのみではなくソール部までカーボンを使うのは今後のトレンドになってきそう

ウェイト位置も興味深く、M3よりもソール後方ギリギリまでウェイトの位置が変更されています。より深重心にすることでミスヒットへの強さもアップしているようです

クラウンは今まで同様のツートンカラーとなっています

M5は460ccの大型ヘッドと、435ccのツアーモデルの2種類展開

 

テーラーメイド M6ドライバーの写真画像

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@taylormadegolf M6 also! Thanks @theequipmentjunkie

Rob Sladeさん(@rob.c.slade)がシェアした投稿 –

 

こちらはテーラーメイド M6ドライバーの写真画像

ナンバリングからしてM4の後継機種でしょう。M5とは違ってソール部のウェイト調整機能は無しでシンプルなソールデザインです

カラーリングは黒と赤でカッコいい。M6もソール部分までカーボン素材が使用されているのがわかります

後方にヘッドが長い雰囲気を感じますし、M5よりもよりオートマチック感が強そうです

M6にはノーマルタイプと、ドローボールが打ちやすいD-TYPEの2種類展開

 

 

テーラーメイドM5&M6、ヘッドのクラウン側の画像


クラウンの写真画像がこちら。以前のモデルと比較するとカーボンの比率がアップしているのが伺えます

ややマットな質感になっているような印象で、より締まった雰囲気でカッコいい

 

ハンマーヘッドが進化「SPEED INJECTED」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Are you going to be adding the Taylormade M6 to your bag in 2019? What are your thoughts on how it looks?? 🏌️⛳️

MD Golf – OFFICIAL 🏌️⛳️さん(@mdgolfofficial)がシェアした投稿 –

ソールのフェース寄りにある「SPEED INJECTED」の文字

以前のモデルではハンマーヘッドという機能が搭載されていましたが、今回新たに追加された新テクノロジーです

INJECTEDは注入するなどの意味で、フェース裏側に樹脂が注入されています

 

 

気になるフェースのビスは樹脂注入口

M5とM6の事前情報で特に気になるポイントはフェース面にある2箇所のビス

こちらはなんと樹脂の注入口でした

 

フェース裏の樹脂で反発係数をコントロール

▼2019年1月3日追記

テーラーメイド 樹脂画像参照元:golfalot

やはり前述したとおりINJECTEDということで、フェース面裏側に樹脂が注入されています

これはフェース反発係数値をコントロールするための樹脂とのこと

従来フェースは反発係数ギリギリでは作っていません。なぜかというとゴルフクラブも工業製品のため、どうしても製品誤差が生まれます。そのため、反発係数ギリギリに設定しておくとルール不適合品が出てきてしまい、一般販売できなくなってしまうからです

となると、一般販売されている製品のなかには反発力が弱い商品が含まれてくることもあります。これはユーザーにとっては困りものですよね

そこでテーラーメイドが行き着いたのがフェース裏へ樹脂を仕込み、反発力をコントロールするというもの。今回のM5&M6では反発係数オーバーのクラブをあえて作り、樹脂を注入することよりルール範囲内に収めるというものなっています

樹脂の効果によってフェースのたわみが少なくなり、フェース面の弾力性も小さくなることで反発係数をコントロールするというのは逆転の発想で、お見事というしか言葉がありません

当然ヘッド自体に製品誤差があるので、樹脂量は調整されるようですが、最大でも樹脂量は2グラムとのこと

この樹脂の効果で反発係数を最大まで押し上げた効果で、毎時2マイルのボール初速アップが実現できたとの発表があります。我々アマチュアゴルファーにも効果が期待できそうで非常に楽しみです

今までツアープロが使用するツアー支給品のみで提供されていた、反発係数の上限に近いクラブを、我々アマチュアゴルファーも使用できるというのですからありがたい素晴らしい技術です

 

 

テーラーメイドM5&M6の発売予定日

現在のところ発売予定日は2019年2月15日

価格はUSドルで499ドル

 

US直輸入ショップ フェアウェイゴルフにて取扱い開始

フェアウェイゴルフUSA

ぼくも普段よく利用しているUSモデル専門の直輸入ショップ「フェアウェイゴルフさん」にて発売が開始しています

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

ぼくが普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います

 

松山英樹プロもテスト中

松山英樹プロもM5をテスト使用しているようです

写真からもわかるとおりシャフトはおなじみのTourAD DIですね

 

 

まとめ

テーラーメイド M5&M6ドライバーの写真画像でした

いよいよ世界中が待望していた新作が公開されたということでワクワクが収まりません

今後も新たな情報が入り次第随時更新していきます

以上、テーラーメイド M5/M6のヘッド画像がついに公開!内部構造も判明!。という話題でした

関連記事