PR

試打&評価

【試打評価】テーラーメイドP790(2023)アイアン|前作より遥かに飛ぶ中空の最高傑作【口コミ・評判】

ゴルフ雑記帳のまさです。

テーラーメイド P790(2023)を使ってみたい、あるいは購入を検討しているというゴルファーの方に向け、この記事ではテーラーメイド P790(2023)の計測に使用したクラブスペックからはじめ、弾道計測器GCquadを用いた試打データをもとに飛距離やスピン性能などのパフォーマンスについてレビューします

今作は「前作よりも飛距離性能が圧倒的にアップ」それでいて「性能のバランスが絶妙」。まさに中空アイアンの最高傑作と呼べるほどの完成度でした。

それではテーラーメイド P790(2023)のクラブスペックから、おすすめするゴルファーのタイプまで、本記事で詳しく解説していきます。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

テーラーメイドP790(2023)アイアンの試打に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイドP790(2023)
  • シャフト:モーダス105
  • フレックス:S
  • ロフト:30.5°(7番)
スポンサーリンク

【結論】前作より遥かに飛ぶ中空の最高傑作

結論から言っておくと、ロフトは一緒なのに前作よりも遥かに飛ぶようになっており、それでいてしっかり止まるしミスにも強さがある。カッコいい見ためで飛びと優しさを極めた中空アイアンの最高傑作と呼べる完成度。

メリット
デメリット
  • フェースがよく弾いて飛ぶ
  • シャープな見た目でもよく上がる
  • 打点ブレにも強くなった
  • 打感はそこまで柔らかくない

フェースの弾き感が増した印象がまず強くあるのが2023年モデルのP790。そしてその弾きに見合ったボールスピードが出てくれるので、前作と比べると1番手ほど飛ぶようになっているのが最も魅力的なところです。

さらに前作以上に低重心化を感じられ、ボールも上がりやすく、フェース下部での当たりにもさらに強さを増しています。

全体のバランスもよく非常に完成された中空アイアンですが、強いてデメリットを上げるとすればフェースの弾きが良すぎること。

ヘッド内にスピードフォームを入れて打感や打音の調整を行っているけれど、そこまで柔らかな打感ではありません。

ですが、その弾きが個人的には気持ちが良いと思っているので、よほどソフトな打感にこだわりがない限りは、すぐに慣れて気にならなくなると思います。

テーラーメイドP790(2023)アイアンの評価【レビュー】

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

使用した弾道計測器は世界中のツアープロも愛用するGCQuadです。

飛距離【10/10】

7番アイアンでの計測時のヘッドスピードは38m/s〜39m/sです。

今作は7番でロフト30.5°ですが、同種のスペックのアイアンと比べても明らかに飛びます。

具体的には、ロフト30.5°、30°の当サイトの平均キャリーが162ヤード(記事執筆時点)となっており、P790(2023)は10ヤードほど飛んでいるという結果です。

特にボールスピードが3m/s速くなっていることが飛距離アップの要因。

スピン性能【7/10】

バックスピン量は特別少ないということはないですが、同ロフト帯と比べると200回転〜400回転ぐらい少ない値を推移します。

平均よりはちょっと少ないのでこのぐらいの評価です。

ただ、後述もしますけど上がりやすくなっているので相殺できている部分でもあります。

ヘッド形状(構えやすさ)【10/10】

非常にきれいなカタチをしています。

オフセットは適度についていますがクセが全くありません。

トップブレードがやや厚い印象もありますが、中空アイアンなので気にはならないでしょう。

弾道高さ(上がりやすさ)【9/10】

最高到達点は40ヤード付近で、同スペックの平均よりも5ヤード近く高いデータです。

バックスピン量はやや少なめではありましたが、非常にボールが上がりやすいことでカバーできています。

前作よりも低重心化されているとも感じられ、中空アイアンでもボールが上がりづらいと感じている方でも楽に打てるアイアンだと思います。

つかまり【8/10】

捕まりは良いか悪いかで言ったらまあまあ良い。という感じです。

中空にしてはかなりストレートネックタイプのアイアンですが、重心距離はそこまで長さを感じないし、フェースターンもしやすいので右に抜ける不安はありませんでした。

また、すさまじいストロングロフトでもないため滑る感じもなく扱いやすい。

打感【8/10】

弾き感が強くそれでボールスピードが出て飛ぶというアイアンです。

見た目よりも反発するタイプの打感だったので、柔らかなフィーリングを求めていると少し違和感を感じるかもしれません。

それでも個人的には弾きの良さが気持ちいいし、結果にもしっかり反映されるので評価を下げることはしませんでした。

寛容性【8/10】

打点ブレには左右よりも上下の方が強い印象。トップのミスや、ティーアップした場合に上目に当たったときなどでロスが出にくく安定感は高いなと感じています。

見た目よりはうんとやさしい。

抜け【8/10】

ソールの抜けについてはこちらもまあまあ良い。マッスルバックの超薄いソールのアイアンと比べると劣るけれど、中空系のなかだとだいぶ抜けの良いアイアンです。

操作性【8/10】

操作もある程度できるので、フェード・ドロー・高い球、低い球と打ち分けたい方でも満足できるレベル。

総合評価【8.4/10】

総合評価は10点中8.4点。かなりの高得点です。

何と言っても見た目には前作とそれほど変わっていないのに飛距離がめちゃくちゃ出るようになったのは驚きでしかありません。本当にすごい進化をしています。

そしてその他の項目も平均以上の出来。バランスが絶妙で完成度が物凄く高いです。

スポンサーリンク

テーラーメイドP790(2023)アイアンをおすすめする人、おすすめしない人

カッコいいのにめっちゃよく飛ぶアイアン!

ということでおすすめするゴルファー、おすすめしないゴルファーの方は下記

おすすめしたいゴルファーはこんな方

  • 見た目にこだわりつつも飛距離の出るアイアンが欲しい方
  • 飛ぶだけじゃなくて、コントロール性能も譲れない方
  • 高弾道の打ちやすい中空アイアンが欲しい方

おすすめしないゴルファーはこんな方

  • バックスピン量の多さをとにかく重視したい方
  • ソフトな打感じゃないと納得できない方
  • 飛びすぎるのが嫌な方
スポンサーリンク

テーラーメイドP790(2023)アイアンの試打評価まとめ

前作から見た目はほとんど変化していないので、そこまで大きな期待をしていませんでしたが、めちゃくちゃ進化していて驚かされました。

歴代のP790アイアンの中でも最も飛距離性能が高く、それでいてバランスの取れた性能で中級者から上級者までおおいに満足できる仕上がりです。

これはまじでおすすめできる中空アイアンです。

メリット
デメリット
  • フェースがよく弾いて飛ぶ
  • シャープな見た目でもよく上がる
  • 打点ブレにも強くなった
  • 打感はそこまで柔らかくない

テーラーメイドP790(2023)アイアンの商品情報

#3〜#7 ヘッド素材/フェース素材 (製法)軟鉄 [8620] (鋳造) + 内蔵タングステンウェイト + SPEEDFOAM AIR™ / クロモリ鋼 [4140] (鍛造)
#8〜PW ヘッド素材/フェース素材 (製法)軟鉄 [8620] (鋳造) + SPEEDFOAM AIR™ / クロモリ鋼 [4140] (鍛造)
番手ロフトライ角
31960.5
42161
523.561.5
626.562
730.562.5
83563
94063.5
PW4564
合わせて読みたい

関連中級者向けアイアンおすすめ人気ランキング|口コミ・評判

関連アイアンおすすめ人気ランキング|優しくて打ちやすいモデルを厳選

関連テーラーメイド TP Reserve ミルドパター発売開始|特徴&取扱ショップ情報まとめ

関連【試打評価】テーラーメイドP7MBアイアン(2023)|外ブラ最高峰の打感と操作性【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイドP770アイアン(2023)|コンパクト中空アイアンの中では屈指の完成度【口コミ・評判】

関連【試打評価】オノフKUROアイアン(2024)|絶品!アスリート系中空だったらこれで間違いなし【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイドP7MCアイアン(2023)|フィーリングと打ちやすさを兼ね備えたマッスルキャビティ【口コミ・評判】

関連【2023年モデル】テーラーメイド スパイダーツアーZ、V、Sが発売|特徴&取扱ショップ情報まとめ

関連【限定】テーラーメイド ステルス2ドライバー「ライダーカップモデル」が発売開始|特徴&取扱ショップ情報まとめ

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事