試打&評価

【試打評価】テーラーメイド ステルス2ドライバー|期待どおりの飛距離性能ではあるけど【口コミ・評判】

テーラーメイド ステルス2ドライバー試打レビュー

今回はテーラーメイド ステルス2ドライバーの試打評価です。

ステルス第二弾のドライバーは初代同様に3モデル展開。その中の真ん中のスタンダードモデルがステルス2ドライバーになります。

ステルス2プラスとは異なり、可変式のウェイトギミックは非搭載。その代わりに前作ではなかった外部ウェイトがヒール寄りの箇所に配置されています。ウェイトのポジションはSIM2ドライバーによく似ています。

実際に打ってみた結論を言っておくと、記事執筆時点では現市場でトップ10に入る飛ぶドライバーです。ただ、前作も飛んでいたので飛距離性能では互角。見てくれもそうだけど、前作からの劇的な変化は感じにくいというのが正直な感想です。

とはいえ間違いなく飛ぶドライバーではあるので、買って損はしない優秀な1本です。

それでは詳しいデータを見ながら、テーラーメイド ステルス2ドライバーについてレビューしていきます

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。(ドル円相場に影響されるのでちょこちょこ見ておきましょう)

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイド ステルス2ドライバー
  • ロフト角:9.0°
  • シャフト:テーラーメイド純正 TENSEI 50
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

テーラーメイド ステルス2ドライバーの試打計測データとレビュー

テーラーメイド ステルス2ドライバーの試打計測データ

平均データ

ヘッドスピード(m/s)46.4
ボールスピード(m/s)66.9
打ち出し角度(°)16.8
打ち出し方向(°)-0.4(左)
バックスピン(rpm)1817
サイドスピン(rpm)-100(左)
ピーク時の高さ(yd)39.2
降下角度(°)41.9
センターからのブレ(yd)-8(左)
キャリー(yd)269.8
総距離(yd)283.7
スマッシュファクター1.44

以上が計測データです。現在は下記が当サイトでの評価基準となります。ご了承ください。

  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ

テーラーメイド ステルス2ドライバーの平均キャリーは269.8ヤードランを含めた総距離が283.7ヤード。(総距離はフェアウェイ上に落ちた場合の想定値です。)

平均キャリーは270ヤードにせまっており、明らかに飛ぶドライバーです。冒頭でも触れたように、この数値を上回っているクラブは少なく、トップオブトップの性能になります。

ちなみに前作ステルスドライバーは平均キャリーが270.4ヤードだったのでわずかに劣りますが誤差の範囲。というか変わってませんね・・・前のやつも飛ぶ。

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーの弾道

打つ前は前作よりもバックスピン量は増える、というような予想をしていましたが、ステルス2ドライバーの方がステルスよりも減りました。

平均値で言えば500回転ほどです。これはステルス2プラスドライバーの時もそうでしたので、シリーズを通して低スピン化している可能性を感じます。

 

最高到達点の平均値は39.2ヤード。全体平均よりも1ヤード〜2ヤード低いぐらいで、低スピン化の影響も出ていると思います。

ここでも前作と比較すると2ヤードほど低く、同時に降下角度も2°程度緩やかになりました。前作よりもランに期待の持てる飛び方もしています。

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーの弾道イメージ

次は弾道についてです。

弾道はニュートラルと言えばいいのでしょうか。捕まりは特別強くもないですし、弱くもありません。右下は捕まりすぎましたけど、その他は概ねストレートからフェードです。

捕まり方はSIM2によく似ています。

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーの弾道まとめ

それぞれの打球を重ねて見たのがこちら。

一発だけ結構捕まったので大きく広がっていますが、球筋も前作との大きな違いは感じにくい。基本的にはニュートラルな球筋です。

安定感は普通、まあ並というところ。というのも、打点ブレに対する強さは左右よりも上下に広がっているという感じで、縦距離は前後しにくくなっていますが、それに比べると左右ブレに対する許容度はそこまで際立っていません。

これならステルス2よりもステルス2プラスドライバーの方が前作よりも扱いやすくなったし、飛距離も上、おまけに調整機能も付いているのでおすすめ。

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。(ドル円相場に影響されるのでちょこちょこ見ておきましょう)

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーの外観やデザインについて

ブラックにレッドのカラーリングは前作同様。

 

ヒール寄りに外部ウェイトが付いています。前作よりもドローバイアス気味なのかな?と思いましたが、そうでもなかったです。

 

ヘッド後方には25gのウェイトが装着されています。深重心を狙うための構造ですが、打点ブレへの強さは並。

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーのヘッド形状

ヘッド形状がこちら。

形状には大きな変化は見られませんが、ヘッド後方に赤いのが見えるのでわずかに大きく見えるような気もします。

あと、前作よりもわずかにフックフェースな印象があります。打ち出しも左に出やすかったです。

 

横からみるとこんな感じ。

 

アドレス時の見え方がこちら。

ほんの少しフックフェースに見えます。

 

打感は前作とほぼ同じで、カーボンフェースとは思えない適度な弾き感があります。というか個人的にはまったく違いがわからないです。とはいえ、そもそも打感は悪くないので据え置きで問題なし。

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。(ドル円相場に影響されるのでちょこちょこ見ておきましょう)

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーはこんな人におすすめ

テーラーメイド ステルス2ドライバーがおすすめな方は以下

  • 飛距離性能をとにかく優先する方
  • ニュートラルな捕まりと弾道を求める方。
  • 上下の打点ブレで飛距離ロスしている方。

前作からの進化があまり感じられないので印象が良いとは言い難いですが、飛距離性能は相変わらず高く、現在のところはトップ10に余裕で入ってくる性能です。

飛びを優先する場合には候補に入れてもらいたいドライバー。

また、捕まり方は至ってニュートラルなので、特別捕まりが良いとか、捕まらないとか、極端な味付けは嫌だ!という方にちょうど良いと思います。

そして上下の打点ブレには結構な強さがあり、上側や下側に当たった場合のキャリーに誤差が出にくいので計算が立てやすいです。傾向としては上下にブレがちな方にもおすすめしやすいです。

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。(ドル円相場に影響されるのでちょこちょこ見ておきましょう)

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーの総合評価

テーラーメイド ステルス2ドライバー評価

繰り返しになるけれど、前作からの進化はあまり感じられないので少し厳しい評価にはなりますが、性能は決して悪くない

むしろ飛ぶし性能は高いです。要するにハードルが上がりすぎているのがこう考えてしまう要因。

まあ、前作ステルスドライバーを使用している方が買い換えるほどではありませんが、新たにカーボンウッドを買うというならステルス2でOK。飛距離性能は超高いので普通におすすめできます。

というわけで、ステルスドライバーを所持している方なら、ステルス2プラスドライバーが使いやすくなっている上に飛距離性能はさらに上なので、そちらも試してみるのが面白いと思います。

おすすめ度

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。(ドル円相場に影響されるのでちょこちょこ見ておきましょう)

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

テーラーメイド ステルス2ドライバーを安く買うならUSモデルもおすすめ

ドル円相場の状況によっては日本モデルよりUSモデルの方が金額的に安い場合もあります。当然円高になった場合は金額の差が顕著なのでチェックしておくことをおすすめ。

そこでおすすめしたいショップが、USモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん。

もちろんぼくも愛用しているショップで、コブラLTDxやテーラーメイドステルスなど、USモデル購入する際には必ず利用しています。

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので、なんと言っても安心感が段違いです。

一時期よりもやや円高傾向にあり、国内モデルよりも安い場合もあるため、USモデルの価格も随時フェアウェイゴルフでチェックしておくのがおすすめです。(ドル円相場に影響されるのでちょこちょこ見ておきましょう)

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|最高の飛距離性能を求めるならこれだ【口コミ&評判】

関連【試打評価】グラインドワークス Equinox Limitedドライバー|エース確定!最高の完成度【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2プラスドライバー|最強の飛びはそのままに捕まりが向上【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2HDドライバー|捕まりよりも上がりやすさが凄まじい【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2プラスフェアウェイウッド|いじり甲斐のある調整システムと高い基本性能【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2フェアウェイウッド|安定感がヤバい【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2レスキュー|優しさと安定性に止めやすさが共存【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルス2プラスレスキュー|強弾道と左に行かない安心感【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイドP7MBアイアン(2023)|外ブラ最高峰の打感と操作性【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイドP7MCアイアン(2023)|フィーリングと打ちやすさを兼ね備えたマッスルキャビティ【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイドP770アイアン(2023)|コンパクト中空アイアンの中では屈指の完成度【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド300ミニドライバー|並のドライバーを蹴散らす飛距離と最強の操作性【口コミ】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスドライバー|間違いなく買い!新時代を切り拓くカーボンウッド【口コミ】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスプラスドライバー|超パワーフェードの爆飛びカーボンウッド【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスHDドライバー|一番曲がらないカーボンウッド【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスプラスフェアウェイウッド|チタン系フェアウェイウッドの頂点【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスレスキュー|アイアン並に安定するユーティリティ【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスフェアウェイウッド|高弾道で万能なフェアウェイウッド【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスアイアン|見た目は地味だけど簡単で超安定【口コミ・評判】

関連テーラーメイド、2023年モデル「スパイダー GTX」を発表|史上最も寛容なスパイダー

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
JPX921ホットメタル試打評価レビュー 試打&評価

ミズノ JPX921ホットメタルアイアン試打評価レビュー|高初速はウソじゃない新時代の飛び系アイアン

2020年10月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ミズノの2020年モデルアイアンであるJPX921ホットメタルアイアンの試打を行いました 今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを …