新製品情報

テーラーメイド ステルスグローレが適合リストに掲載。カーボンフェース+カチャカチャを採用。2022年秋に発売か

テーラーメイド ステルスグローレ

発売周期からして2022年の秋頃にテーラーメイド グローレシリーズの新型が発売されると予想されていますが、ステルスグローレというモデル名のドライバーがUSGA適合リストに登録がされました。

池村寛世選手と石坂友宏選手がすでにテスト使用を開始しており、好感触を得ているようです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

テーラーメイド ステルスグローレが適合リストに掲載

数日前にTwitterの方で、そろそろカーボンフェースのグローレが来るような気がするというTweetをしていました。

予想どおりというか、既定路線ですがステルスドライバーで使われていた60層カーボンフェースを搭載したSIMグローレの後継モデルです。

フェースは赤色ではなくて黒色だそう。

その他のテクノロジーは、SIMグローレから変更はされていない様子で、スピードポケットやイナーシャジェネレーターなどが継続使用されています。

というわけで、これが今まででグローレの後継モデルとなります。

関連テーラーメイド SIMグローレドライバー試打&評価|これは名器の予感がする高初速ドライバー

 

カチャカチャ搭載のステルスグローレ+が面白そう

さて、注目すべきはこちらのステルスグローレ+でしょう。

ネックがカチャカチャ式になり、調整機能が備わっています。

ゼクシオエックスがカチャカチャを付けてきたので、恐らく次に来るグローレもこうなることは考えていましたが、これは嬉しいですね。

シャフトもいつでも付け替えることができますし、ライ角やロフト角の調整ができることで、幅が広がってきます。

画像を見る限りウェイトによる弾道調整機能は無さそうです。

やや難しいという意見の多いステルスドライバーでしたが、今作のプロの意見ではステルスよりもスピンが入りやすくボールも上げやすくなるとの事。

優しく打ててカーボンフェースの恩恵を受けられるゴルファーが増えそうな予感がします。

USGA適合リストに登録されているロフトラインナップは9.5°と10.5°です。

 

テーラーメイド ステルスグローレのまとめ

テーラーメイド グローレの2022年?モデルがようやく適合リストに追加されました。

ちなみにレディースモデルもリスト登録されていましたので、同時に発売されるのではないかと思います。

発売時期は発表されていませんが、2022年の秋頃が濃厚です。

今後新たな情報が入り次第、随時更新していきたいと思います。

合わせて読みたい

関連スリクソン ZX-7 MK2 LSが適合リストに掲載。2022年モデルがいよいよ登場か

関連PING G430が適合リストに掲載。新テクノロジー「CARBONFLY WRAP」とはなんだ

関連タイトリスト、2022年モデル「TSRドライバー・フェアウェイウッド」を発表

関連PINGの2022年モデルか?「i230アイアン」がついに登場【最新情報】

関連テーラーメイド Hi-Toeウェッジの2022年モデルか?新型が登場。

関連【試打評価】PING Chipr(チッパー)|使わないともったいない。簡単に寄せるならこれだ【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ステルスドライバー|間違いなく買い!新時代を切り拓くカーボンウッド【口コミ】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
ボーケイウェッジワークス60Bグラインド 新製品情報

ボーケイウェッジワークス、限定モデル「60Bグラインド」をラインナップに追加すると発表|取扱店も紹介

2021年4月10日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
タイトリストはボーケイウェッジワークスに新しく限定モデル「60Bグラインド」をラインナップに追加すると発表しました ウェッジワークスとはボ …