MENU
新製品情報

【2023年モデル】テンセイ1K PROブルーがツアーに登場。松山英樹も密かにテスト。

テンセイ1Kプロブルー

PGAツアーのヒューストンオープンの会場でUS三菱ケミカルの2023年モデルとなる「テンセイ1K PROブルー」が発見されました。

現在のところ多くの情報は公開されていませんが、このシャフトはテンセイシリーズの最新モデルとして2023年中に市販化される見込みです。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

三菱 テンセイ1K PROブルーシャフト

テンセイ1Kプロブルーは中打ち出し、中低スピンになると予想されています。

これで1KファミリーはUSタイトリストの純正装着シャフトである1Kブラックを含めると4モデルです。

今作はツアーリリースの初期段階にも関わらず多くの選手がテストを行っている様子で、データ収集も順調に進んでいるそう。

シャフトの性能で一部明らかになっているのはカイリブルーよりも中央部が硬い特性がある点

当サイトでも実際に試打計測を行ったカイリブルーは非常に滑らかなフィーリングで癖がない挙動でしたが、テンセイ1Kプロブルーはもう少しハードな印象なのかもしれません

一般販売の正確な日付は未定としていますが、2023年のどこかで発売がされるとのことです。

松山英樹選手も密かにテスト

ヒューストンオープンのドライビングレンジでは、松山英樹選手がテンセイ 1Kプロブルーをテストしている様子も撮影されています。

やはりベースはツアーAD DIですが、新モデルのチェックにも余念がない様子。

合わせて読みたい

関連松山英樹クラブセッティング|スペックも詳しく紹介【最新版】

関連世界中で話題のシャフト「TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介

関連【試打評価】TENSEI PROオレンジ1K|無類の安定感だけどスペック選びに注意【口コミ・評判】

関連テンセイプロホワイト1K試打評価レビュー|飛距離性能を維持しながら安定性を向上できる有能シャフト

関連【試打評価】カイリホワイト|ローフェードを操れる三菱の新ブランドシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】三菱ケミカル カイリブルー|これは流行っても良い。スムーズなしなりのロースピン中調子シャフト【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事