MENU
三菱ケミカル

三菱ケミカルTENSEI CK PROオレンジ試打レビュー|振り抜き抜群で飛距離アップ!

TENSEI CK PROオレンジ試打評価レビュー
まさ
まさ
どうもまさです

世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介という記事でも紹介していますが、現在最もホットなシャフトとして話題の「三菱ケミカルTENSEI・CKPROオレンジ」を購入しました

そこでこの記事では、TENSEI CK PROオレンジシャフトの性能や特徴を試打計測データをもとに、良かった点・気になった点を正直にレビューしていきます

まさ
まさ
タイガーやジャスティン・ローズをはじめ、世界のトッププロに人気のモデルです

TENSEI CK PROオレンジのUSモデルを選択するのも賢い選択

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います

三菱ケミカル TENSEI CK PROオレンジの特徴

タイガーやジャスティン・ローズなど世界のトッププロがこぞって使用したことで話題沸騰となったTENSEI CK PROオレンジ。 低トルクのシャフトでキックポイントは手元調子となっています

弾道的には低・中弾道が想定されており、バックスピン量を抑えて風に負けない強弾道が打てるシャフトです

TENSEIには通常のCKシリーズとPROシリーズという風に分けられていますが、PROシリーズにはシャフトの全長に高弾性のプレミアム40トンプリプレグシートが組み込まれ、シャフト先端側には強度をアップさせるボロンシートが積層されています

通常のCKシリーズと比較してもシャフト全体の剛性感が高く、方向性・安定性共に強化されたモデルです

その中でもオレンジは更に特別で、PROシリーズの中でも唯一、MR70という高強度のカーボン繊維を先端部に積層しています

これによって先端が非常に硬くなり、ハードに叩きにいっても当たりまけすることなくコントロール性がアップし、スピン量も抑えることが可能となります

また手元重心設計のカウンターバランス設計なので振り抜きの良さも抜群という特徴があります

  • MR70採用で先端部の剛性が高く当たり負けしない
  • 低スピンの強弾道
  • カウンターバランスで振り抜きが最高

 

三菱ケミカル TENSEI CK PROオレンジ試打レビュー

TENSEI CK PROオレンジ試打クラブ

実際に購入しているキャロウェイの最新モデルEPIC FLASHドライバーにTENSEI CK PROオレンジ60のSシャフトを装着しました

ロフト角は9.0°

クラブの全長は装着時で45.0インチ

バランスはD-2

総重量は315g

個人的に好みのスペックになり非常に満足度の高い仕上がりとなりました

それでは弾道計測器GC2にてデータ計測を行ったのでまずはデータを見ていきましょう

 

TENSEI CK PROオレンジ:試打計測データ

TENSEI CK PROオレンジ試打計測データ
 TENSEI CK PROオレンジ純正シャフト
ヘッドスピード(m/s)46.546.3
ボールスピード(m/s)67.467.2
打ち出し角(°)14.015.1
サイドスピン(rpm)117右45右
バックスピン(rpm)22972561
キャリー(ヤード)261257
総距離(ヤード)285278

EPIC FLASHドライバー試打&評価|キャロウェイ|松山英樹使用モデルの実力はいかに!?という記事でも紹介していますが、純正シャフトを装着した際のデータと比較して、どういった違いが出たのかを見ていきます

結果からいうと、飛距離アップに繋がるという結果になりました

まさ
まさ
これには明確な理由がありますのでフィーリングと共に順番に解説していきます

 

シャフト先端の高剛性によってボール初速アップ&低スピン化

TENSEI CK PROオレンジはシャフト先端が硬めに設定されています

シャフト先端の剛性が高いのでインパクト時のロフト角が立って当たりやすくなります。結果として打ち出し角が低くなり、ロフトが立ってヒットするのでバックスピン量も減ります

データ的にも純正シャフトよりも低打ち出しでバックスピン量も少なく、より前へ前へと飛んでいく推進力の強い打球となりました

同じヘッドでキャリーが4ヤードも伸び、かなりの好結果ですね

サイドスピン量的には若干スライス回転が増加していますが、ほぼ気にするほどではないでしょう。左に巻くという打球も少なく、思い切って叩いていける安心感は最高の一言です

 

手元側にしなりを感じ、コントロール性が高い

先端側はかなりのしっかり感を感じますが、手元側はしなりを感じやすいマイルドな設計です

特に切り返し時のタイミングが取りやすく、間を作りやすいので打ち急ぎが少なくなるというメリットがあります

先端がしっかりしているのでインパクトゾーン周辺でのヘッドの挙動も落ち着いているので球筋のコントロールもしやすく感じます

またミスヒット時もヘッドがブレにくくなるので安定感は確実にアップします

 

PROという名称だが意外と軽く振りやすい

PROという名称ながら、今回チョイスした60のSシャフトは63.5gとツアー系のシャフトの中では割と軽量な部類です

同一ヘッドで組み上げたわけですが、総重量で3グラム軽くなるという結果になりました

シャフトとして硬めのタイプですが、軽い。いわゆる最近流行りの軽硬シャフトと思ってもらっても良いのかなと思います

さらに手元側に重心位置が来るカウンターバランス設計なので、非常に振り抜きやすく、データからもわかるとおりヘッドスピードのアップにも繋がっています

 

軽くて叩けるシャフトではあるがハードなシャフトであることは間違いない

軽くて振り抜きやすいというシャフトではありますが、全体的に見ても硬めでハードなシャフトではあります

非力な方が使いこなせるとは正直思いませんし、さらにタメが自分のスイングでしっかり作れるタイプのゴルファーでなければ推奨はしません

ヘッドスピードだけでみれば45m/s以上ないとバックスピン量が減りすぎる恐れがあります

逆に言うとスイングスピードが速く、タメをしっかり作れる方にはおすすめしたいモデルであることは間違いありません

 

総合評価:振り抜きやすく、それでいて操作性抜群の飛ばせるシャフト

こんな方におすすめ
  • 打球が高く吹き上がって飛距離ロスしている方
  • 左を恐れずしっかり振り抜いていきたい方
  • 軽硬で操作性の高いシャフトを求める方

総合評価:

総合的に振りやすさ、操作性、飛距離性能とココ最近打った中ではかなりの好感触です

データ的にも申し分ない結果となりました

ある程度ヘッドスピードがあり、吹き上がりや左へのミスを減らしていきたという方にはかなりおすすめのシャフトとなっていますので、そういった方は是非チェックしてみてください

以上、三菱ケミカル TENSEI CK PROオレンジ試打レビュー|振り抜き抜群!飛距離アップ!という話題でした

TENSEI CK PROオレンジを買うならUSモデルもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがフェアウェイゴルフさん

ぼくが普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います