試打&評価

テンセイプロホワイト1K試打評価レビュー|飛距離性能を維持しながら安定性を向上できる有能シャフト

TENSEI PRO WHITE 1K試打評価レビュー

三菱ケミカル「TENSEIプロホワイト1K」の試打計測を行いました

今回は弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データを元にレビューしていきます

TENSEIシリーズで日本国内発売となるのは、CK PROオレンジに引き続きこれで2本目です

そしてTENSEIのホワイトはUSモデルも含めるとこれで3作目

▼今回新たに盛り込まれた新テクノロジーは「1Kクロス」と呼ばれる新素材カーボンです

TENSEI PRO WHITE 1K手元

炭素繊維の一束あたりのフィラメント数が最も少なく、緻密な織目の「1Kクロス」をバット部に使用。⦆高賦形性を維持し、そのしな やかさから成形品に加工する際の自由度が高く、⦆精密な設計が可能となります。⦆一般的なクロスと比較して織目が細かいため蛇 行が少なく、レジン量も抑えて、⦆より効率的に補強効果を発揮することができます。

三菱ケミカルプレスリリースより引用

▼シャフト先端には「Boron」ではなくて「クロスリンクテック」の文字が入りました。これも新テクノロジーみたいです

TENSEI PRO WHITE 1K先端

マトリクス樹脂の組成を最適化して、強固な「架橋構造(=クロスリンク)」を構築し、成型品の物性を強度14%、弾性率15%、破断伸度 8%*向上させる新マトリクステクノロジー。原料からの製造開発が 可能な弊社アドバンテージを生かして開発された#371レジンが、 MR70の持つポテンシャルを最大限引き出しています。

三菱ケミカルプレスリリースより引用

という感じなんだけど、シャフトの新素材の話は難しすぎて、これを聞いてたところさっぱりわからないよって方がほとんどだと思います。なのでシンプルに、実際に打ってみてどうだったのか、というのが下記

結論から言っておくと「ヘッドの飛距離性能を損なわずに、方向安定性を見事に改善してくれる有能シャフト。50gもかなり硬いので、軽量化してスイングスピードを上げる選択肢もありだと思う。左へのミスも防げるし、めっちゃ叩ける

国内モデルは50g台からラインナップされるけど、ぶっちゃけハードヒッター向けなシャフトです

TENSEIの文字がホログラム加工されています。

TENSEI PRO WHITE 1K試打クラブ

 

それでは試打計測データと共に詳しく見ていきましょう

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

テンセイプロホワイト1Kの試打クラブスペック

▼テーラーメイドSIM2ドライバーに「TENSEI PRO WHITE 1K」 50sを装着して試打を行いました

本当は60Sを打ちたかったけど、入手できなかったので50Sでテスト。ちなみに60TXは試せてたけど、硬すぎてぼくには手に負えなかったから諦めました笑

結果的には50Sで良かった

TENSEI PRO WHITE 1Kスペック

総重量は304g

TENSEI PRO WHITE 1K総重量

振動数は260cpm。50g台でこの数値は非常に硬いです。VENTUSブルーの6Sとかで264cpm前後っていえば何となくイメージできるかな?

TENSEI PRO WHITE 1K振動数
  • ロフト角は9.0°
  • フレックスは50 S
  • 総重量は304g
  • 長さは45.25インチ
  • 振動数260cpm

テンセイプロホワイト1Kの試打計測データ

▼いつもどおり、4球の平均値を取りました

TENSEI PRO WHITE 1K計測データ

下記が平均値だけをまとめた表になります

ヘッドスピード(m/s)48.1
ボールスピード(m/s)70.0
打ち出し角(°)15
打ち出し方向(°)-0.15
バックスピン(rpm)2541.2
サイドスピン(rpm)100(右)
センターからのブレ(yd)4.3
キャリー(yd)262.2
総距離(yd)280.4

平均初速は70.0m/sでSIM2の飛距離性能を損なっていません。最高でしょう

平均キャリーも260ヤード以上を維持しています。飛距離性能も十分な印象

続いてバックスピン量は2541rpm。中スピンです

打ち出し角は15°

方向性に関してはストレートからフェード寄り

落下地点は右へ最大14.3ヤード、左へ1.3ヤード。それぞれの打球に関しては後述します

まさ
まさ
SIM2の飛距離を損なわずに方向性が見事にアップしました

テンセイプロホワイト1Kの試打評価

▼5項目の評価を付けさせてもらったのが下記

TENSEI PRO WHITE 1K評価チャート

SIM2の性能の良さもありますが、良いところを残しつつ、純正シャフトでは弱かった点だけを改善したという結果です

魅力だった初速もキャリーも維持できているので、飛距離性能の評価は5点で良いでしょう

そして今回最も良かったのは方向性の向上です。特にデータに顕著に現れたのは打ち出し方向の改善ですね

純正シャフト時では左方向へ3°以上の角度で打ち出す打球が出ています。それによって左方向に28ヤードほど飛ぶなどしていましたけど。TENSEIプロホワイト1Kは先端剛性の高さからか、インパクトゾーンでのフェース向きの安定度が段違いです

打ち出し方向がとにかく安定したことで、方向性が格段にアップしています。これは優秀すぎる。しかもこれで50のS。軽いから叩けるんだけど、それでもブレにくいのは嬉しいところ

ということで、センターからのブレ幅も左方向へはほぼ行かず、右方向へ集約しています。左へのミスは高確率で減らせるというのがわかりました。左にいきにくいシャフトです

ちなみに高さ十分でるし、スピン量も2500rpm前後で飛び方の安定度も高かかったです。

50Sってのもありますけど、TENSEI CK PROホワイトやAV RAWホワイトほど低スピン化はしなかったです。まあ、重量とフレックスを上げればさらに低スピン化はできるはず

最大距離が出たのがこれです

TENSEI PRO WHITE 1K弾道③

これはやや上目でヒットしたことで低スピン化しています。打ち出し方向も良いですし、サイドスピンも少ない打球です。ストレートと言って良いでしょう

これも超ストレート

TENSEI PRO WHITE 1K弾道①

こっちの方がよりストレートです。サイドスピンも無

スピン量はもう少し減らせたら最高ではあるけど、安定した飛び方をしていたからオッケーにしておきたい

▼これはややトウ側の打点

TENSEI PRO WHITE 1K弾道②

先端剛性が高くて当たり負けしなかったので、初速も結構出ています。ギア効果でフック系の回転となっていますけど、問題なし

こちらは結構こすった感じ

TENSEI PRO WHITE 1K弾道④

これはちょっと開きましたけど、まあ問題ないかなーといった打球。これでバックスピンの平均は上がっているってのはあります

テンセイプロホワイト1Kの弾道イメージまとめ

▼スカイトラックでの弾道イメージをまとめたものです

TENSEI PRO WHITE 1K弾道まとめ

弾道はストレートからフェード寄りです。左方向のミスは大幅に改善できそう

テンセイプロホワイト1Kの総評

TENSEI PRO WHITE 1K試打クラブ

TENSEIプロホワイト1Kの紹介でした。60Sが本当は打ちたかったんですけど、個人的には50Sでも十分でした

打ち出し方向が劇的に改善されたし、サイドスピンも少ないです。特に左方向へのミスが大幅に減らせたので、左が嫌だ!という方は絶対試してもらいたいシャフトです

TENSEI CK PROホワイトの方が硬いんで、ちょっとマイルドになった印象はありますね。VENTUSと比べてもしなやかです

おすすめ度:

関連キャロウェイ「EPIC SPEED」「EPIC MAX」|特徴と最安値取扱い店を紹介

 

合わせて読みたい

まとめ【2021】飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ばせるドライバー37機種を厳選紹介!

関連【2021】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

関連【テーラーメイド SIM2ドライバー】試打評価レビュー|高初速で飛ぶ!フィーリング面も向上。最高です

関連【テーラーメイド SIM2 MAXドライバー】試打評価レビュー|かなり飛ぶし、捕まりが格段に良くなった

関連テーラーメイド「SIM2ドライバー」特徴&最安値ショップを紹介|今までにない高慣性モーメントと許容性

 

関連記事
フジクラ スピーダーSLK 試打&評価

【スピーダーSLK試打評価レビュー】短尺専用シャフトでドライバーを44インチにして効果を検証してみた

2019年7月12日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
スピーダーSLKの試打評価レビューです 以前から気になっていたドライバー用のシャフトを入手しました それが短尺専用のドライバーシャフ …
ミズノJPX921ツアー試打評価レビュー 試打&評価

ミズノ JPX921ツアーアイアン試打評価レビュー|モダンなツアー系アイアン

2020年10月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ミズノの2020年モデルアイアンであるJPX921ツアーアイアンの試打を行いました 今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを使って …
試打&評価

テーラーメイド M6 ドライバー試打レビュー|データ計測してみたらめちゃくちゃ飛んだ!!

2019年1月26日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
そこで当ページでは、正確に距離や弾道を計測できることでも有名な「弾道計測器GC2」を使用し、実際の試打データをもとに、テーラーメイドM6 …