MENU
試打&評価

【試打評価】タイトリスト AVX 2022ボール|プロV1よりも低スピン化させたいならアリ【口コミ・評判】

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール11

今回はタイトリスト2022年モデルのツアー系ボール「AVX2022ボール」の試打計測を行いました。AVXの読み方はエイヴィエックスだそう

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール8

タイトリストのツアー系ボールといえばプロV1シリーズが有名ですが、今回購入したAVX2022は同メーカーのプレミアムボールの中でも最も低スピンかつソフトな打感を求めるゴルファーのために誕生した、とタイトリストは言ってます

コアは柔らかいものにし、外側のレイヤー層を固くすることで初速性能を維持するというのが特徴。とりわけドライバーを含めたロングゲームでのスピン低減を狙った設計です

低コンプレッションのボールはロングショットでのスピンを減らせる反面、ボールスピードが低下しやすいので、ここが新AVXボールの課題であり、いかに改善してくるかが注目点です

加えてグリーン周りなどのスピン性能が心配になるだろうから、そのあたりも実戦でのテストに加えて弾道計測機を使って計測してみました

なお、今回もいつものようにツアープロも使用する弾道計測器「GC Quad」を使って計測を行いました

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール12弾道計測器 GC Quad

それではショットデータを見ながら、タイトリスト AVX2022年モデルについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

テーラーメイドsimドライバー11
  • ヘッド:テーラーメイド SIM
  • ロフト角:9.0°
  • シャフト:USTマミヤ アッタスダース
  • フレックス:S
  • ボール:タイトリスト AVX 2022(比較対象:タイトリスト プロV1x)
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です

安いのはフェアウェイゴルフ

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

タイトリスト AVX 2022ボール試打計測データ(ドライバー)

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール

平均データ

 AVX 2022プロV1 X
ヘッドスピード(m/s)46.346.5
ボールスピード(m/s)66.267.2
打ち出し角(°)17.615
打ち出し方向(°)-1.7-0.9(左)
バックスピン(rpm)21732319
サイドスピン(rpm)209(右)-99(左)
ピーク時の高さ(yd)43.238.2
降下角度(°)44.942.8
センターからのブレ(yd)4(右)-9(左)
キャリー(yd)261260
総距離(yd)273.9273.6

以上が計測データになりますが、キャリーと総距離はプロV1 Xと同等でなかなか優秀です

AVX 2022のほうがプロV1 Xよりもバックスピン量が少なくなっており、メーカーが意図しているとおりの結果が今回の計測でも出ました。しかし、懸念していたとおりコアが柔らかいことでボールスピードは出ていませんね

プロV1Xと比較した場合であり、ツアー系ボールの中では優秀なボールスピードです

とはいえ、狙い通りドライバーショットでは低スピン化した事で飛距離は稼げています。プロV1シリーズとの明確な差別化はできていると感じます

そしてもうひとつ注目したいのが打ち出し角度です。AVXは低弾道をアピールポイントとしていますが、実際に打ってみるとそんなことはありませんでした。これは実戦での使用でも同様の結果でした。計測上はAVXのほうが高くなっており、実際のラウンドでの体感だとほぼ同じような印象です。ほんとに低弾道化するのだろうか

以外に弾道の高さは確保されつつも低スピンボールが打てます

タイトリスト AVX 2022ボールのスピン性能を検証

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール4

タイトリスト AVX 2022を実際にラウンドに持ち出してGC Quadでスピン性能も確認しました

 

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール1

7番アイアンでのショットのデータです(使用クラブはRADSPEED 7番)

アイアンは両者ともに抜群の性能です。結果は下記

  • AVX2022:5500〜5800rpm
  • プロV1x:5374rpm〜5700rpm

プロV1xと比べてもほぼ同じようなスピン量でした。飛び方にも大きな違いはなく、遜色ない性能だといえます

 

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール2

100ヤード以内のスピン量も十分です

 

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール6

20ヤード前後でもスピン量は4000回転前後は確保できるため、ショートゲーム時のスピン性能は高いです。プロV1やツアーBなどと同レベル

タイトリスト AVX 2022ボールの内部構造について

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール5

今作は前AVXよりもコンプレッションが3〜4ポイント低くなっています。つまり柔らかいと言われていた前作よりもさらにソフトということです。ドライバーショットなどのロングゲームではボールの潰れが大きくなるため打感も非常にソフト

しかし、冒頭でも触れたように、低コンプレッションボールはロングショットでのスピン量を減らせる反面、初速が遅くなってしまうデメリットもあります(反対にコアが硬いとスピン量は増えやすくなります)

そこでタイトリストのエンジニアが採用したのが、外側にいくに連れて固くなる段階的コア。柔らかなコアをハイフレックスケーシングレイヤーで覆うというものです。そしてウレタンは前作よりも薄く設計しています。コアとレイヤー層の差を明確につけることで、ロングゲームではスピンを減らし、それでいて初速を維持。さらにショートゲームではスピン性能を高めるということを目指しました

狙いどおりにはできているし、パフォーマンスはとても優秀でバランスはいいです。カバーは薄くなっているけど耐久性も十分あります

 

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール7左からAVX、プロV1、プロV1X

結果、狙い通り低スピン化はできているし、ミドルアイアンや100ヤード以内、30ヤード以内でのスピン性能も申し分ありません

ただし、計測結果からもわかるとおり、プロV1Xよりはボールスピードが出ませんでした。まあ構造的に仕方のないことではあるし、その中でも初速低下を最小限に抑えられているのかなと思います

低スピン化したことで飛距離は変わらずなので、AVX2022は飛ばないということではありませんし、実はスピン系のツアーボールの中では初速は出ているほうで飛距離性能はとても優秀です

空力性能はプロV1などと同レベル。現時点で最高の出来といえるでしょう。パッティングやアプローチなど、ショートゲーム時のフィーリングはほぼ同じです

タイトリスト AVX 2022ボールの総合評価

【試打評価】タイトリストAVX2022ボール10

プロV1シリーズよりも低スピン化させたいという明確な理由が存在するゴルファーの方にはおすすめであり良いボールです。が、スピンをとにかく減らしたいというのが特にないならプロV1シリーズから乗り換える必要性は特に感じません。それだけプロV1が完成されているということです

とはいえ、タイトリストとしてもプロV1層が最もニーズを満たすことはわかっているだろうし、今作はとてもニッチなボール

あと、低コンプレッションなので、プロV1だとドライバーで硬さを感じるようなヘッドスピードの方にはこちらのほうが感触は良くなるかもしれませんし、弾道も最適化できる可能性があります。メーカーが謳うように低弾道化しなかったので、意外に良いかもしれません。試してみる価値は大いにあるでしょう

おすすめ度:

国内正規品を買うならゴルフ5公式オンラインストアがおすすめ

ゴルフ5公式オンラインストア

国内正規品のゴルフクラブをネット通販で購入するなら「ゴルフ5公式オンラインストア」がおすすめです

お得なポイントは多々ありますが、その中でも特にメリットになる点は下記

  • 最大5%ポイント還元。ポイントは実店舗でも使える
  • 5,500円以上で送料無料
  • 午前9時までの注文だと当日発送
  • 希望店舗にて最短30分で受け取り可能
  • オンラインストア限定クーポン&キャンペーン
  • 模倣品リスクがない
  • スペック交換企画もあって安心

ポイント還元率最大5%と高く、さらに楽天カードとアルペングループの提携クレジットカードからの購入だと6.5%までアップするのも魅力的

貯めたポイントはもちろんゴルフ5をはじめとしたアルペングループ各店で利用可能です

そしてなにより、国内最大手のゴルフストアなので模倣品リスクがありません。ぼくはゴルフ5オンラインストアに在庫があるなら優先的に利用しています

午前9時までの注文で当日発送してもらえたり、希望店舗での受け取りだと最短30分後には手に入るスピード感もありがたいところです

最後に、他のオンラインストアではなかなか利用できない最大のメリットをご紹介しておきましょう、それは購入後に満足できなかったら「無料で交換が可能(30日以内)」が利用できるところです。これは新製品などのクラブで行われるキャンペーンなので全ての商品が対象ではりませんが、商品ページに記載されているのでチェックしてください

交換キャンペーン:購入から30日以内に1回限り。実店舗への持ちこみに限ります。交換できるのは同一ブランド品。使用していても大丈夫。納品書兼領収書が必要

間違いない国内正規品のゴルフ用品を購入するなら、まずは候補に加えてもらいたいおすすめオンラインショップです

タイトリスト AVX 2022をなるべく安く買うならUSモデルを選択するのもおすすめ

日本モデルよりもUSモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからも多数購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

関連ゴルフボールおすすめ人気ランキング|スピン系とディスタンス系の飛ぶボールをジャンル別に徹底解説

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連「優しい&激スピンウェッジ」おすすめ人気ランキング|選び方も解説【口コミ&評価】

関連【試打評価】本間 TW-S/TW-X 2021ボール|価格とスピン性能は優秀【口コミ・評判】

関連【試打評価】ネクスジェンTOUR-SPEC 2021ボール|飛距離性能に優れたウレタンスピン系ボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール|意外とスピン性能の高い2ピースディスタンス【口コミ・評判】

関連【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール|食いつきが凄い!そして飛ぶ【口コミ・評判】

関連【試打評価】コストコ カークランドシグネチャーVer2.0ボール|最強のコスパボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ クロムソフト 無印、 X、LS 2022|ツアー系の中でも屈指の飛距離性能【口コミ・評判】

関連【試打評価】テーラーメイド ツアーレスポンス 2022|コスパ重視ウレタンボールでは最強か【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事