本サイトのコンテンツには、広告もしくは商品プロモーション(PR)を含む場合があります。

新製品情報

タイトリストが屋内弾道計測用のプロV1・プロV1x「RCT」を発表

タイトリスト プロV1RCTボールを発表

一般ユーザーにも何気にメリットが大きそうな特殊なボール「プロV1・V1x RCT」をタイトリストが発表しました

これはレーダータイプの弾道計測器を屋内で使用する場合において、より正確な弾道データをキャプチャできるというボールです

レーダータイプといえばトラックマンが有名で、最近では一般のゴルフユーザーが利用するゴルフショップにも導入されている店舗が多くなってきており、今回発表されたRCTを使用すればより正確な弾道データを入手することができるということ

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

タイトリスト PRO V1・V1x 「RCT」ボール

RCTは「レーダーキャプチャーテクノロジー(RadarCaptureTechnology」の略で、タイトリストとトラックマンのコラボレーションにより誕生しました

今作はレーダーベースの弾道計測機の最大の欠点である「屋内での計測時に生まれる問題点」を解決してくれる代物

トラックマンをはじめ、レーダーベースのユニットは実際に飛行している弾道を計測するので屋外では最大限のパフォーマンスを発揮できる一方、屋内ではスピン量などで誤読されることがありました

それを解決できるのが今作のRCTボール

タイトリスト プロV1RCTボールを発表

RCTボールの内部には特許出願中のレーダー反射テクノロジーが採用され、より正確なスピン量、ピーク時の高さ、降下角度、キャリー、トータル距離が計測可能になるとのこと 

これによってフィッターやゴルフスクールでのより正確なデータを検出できるため、屋内でのクラブフィッティングやレッスンにも大きな改善が期待できます

当然、すべてのゴルファーに影響を与えるわけではありませんが、トラックマンをはじめとした弾道計測器を使用する方への影響は少なからず大きいでしょう

ちなみにRCTのプロV1とプロV1xは標準のボールとパフォーマンスは同じとのことです

2022年4月からグローバル展開を予定しています。価格は1ダースあたり64.95ドル

合わせて読みたい

関連【弾道計測器】ガーミン Approach R10評価レビュー|コスパ最強!全ゴルファーが買うべきアイテム【口コミ】

関連個人で購入可能な「ゴルフ用弾道測定器」|おすすめ機種&アプリを用途別に紹介

関連スピン系ゴルフボールおすすめ人気ランキング|抜群の飛距離とスピン性能

関連プロV1 2021試打&評価|アゲでも飛ばせる空力性能とかかりすぎる異次元のスピン【タイトリスト】

関連 【先行予約開始】タイトリストTSRドライバー・フェアウェイウッドの最新情報【2022年モデル】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
三菱ケミカルMMTアイアンシャフト2 新製品情報

アイアン用カーボンシャフト『三菱ケミカル MMT』が発表!金属メッシュを組み込んだ複合シャフト。発売は2019年8月1日

2019年6月14日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
2019年の全米オープンウィークに三菱ケミカルから新作となるアイアン用カーボンシャフト『三菱ケミカル MMTアイアンシャフト』が発表され …
新製品情報

PING Blueprint(ブループリント)アイアン発売開始|購入可能な取扱店と特徴まとめ【マッスルバック】

2019年5月20日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
PINGといえばステンレス製のアイアンのイメージが強いですが、以前からPGAツアーのプロたちが使用していた軟鉄鍛造のマッスルバックアイア …
新製品情報

【予約開始】コブラ2023年モデル「エアロジェットドライバー」がついに登場。最高のスピードと安定性を追求

2023年1月20日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ブライソン・デシャンボーが以前から匂わせていたコブラの次期モデルドライバー(2023年モデルか)らしきリーク写真が2022年9月14日ごろ、 …