MENU
新製品情報

タイトリスト プロ支給品「プロV1 レフトドットボール」を数量限定発売

タイトリストプロV1レフトドット数量限定発売

タイトリストがついにツアープレーヤーにのみ支給されていたCPO(カスタムパフォーマンスオプション)モデル「プロV1レフトドット」を数量限定ではありますが、発売することを発表しました

CPOは市販品のプロV1とプロV1xとは異なる、特定のボールフライトと、スピン性能、フィーリングのバリエーションを提供するタイトリストのボールカテゴリです

有名なCPOモデルでは2019年モデルに発売されたレフトダッシュがあります

プロV1 レフトドットは低打ち出しで低スピン

タイトリストのコメントでは、「最も低く飛ぶプロV1」というボールです

ツアープレーヤーの中でも高い打ち出しでスピン過多となっているゴルファー向けのモデル。有名どころでは、ジェイソン・ダフナー、ヘンリク・ステンソン、パトリック・リード、ダニエル・バーガー、トニー・フィナウなどの選手が使用しています

構造的は3ピースで、コアの配合と、ケーシング層が通常のモデルとは異なります

プロV1レフトドットは今シーズンのPGAツアーでの使用率は5位

 

AVXよりもアイアンとウェッジでスピン量が増加

タイトリストからはAVXというティーショット時に低弾道化するボールが発売されていますが、レフトドットも同様です。ただし、ティーショット時のスピン量はプロ V1と同等程度だそう

違いはグリーンサイドでのスピン量。ショートゲーム時のアイアンとウェッジではより多くのスピンがかかるとのこと

 

ディンプル数が36個少ない

プロV1の場合は388個のディンプル数ですが、レフトドットは352個と、36個少ないです

ショートゲームではスピンの増加するレフトドットですが、ミドルアイアン以上の長い番手、つまりフルショットするアイアンでは約200〜400回転スピン量が低下。降下角度も浅くなると予想されています

 

プロV1 レフトドットは9月1日から発売。価格は49.99ドル

2021年9月1日からタイトリストウェブサイトと一部ショップにて購入が可能になります

1ダースあたり49.99ドル。在庫がなくなり次第販売は終了

日本での発売アナウンスはいまのところありませんが、購入可能ショップの情報などがあれば、随時更新していきます

合わせて読みたい

関連プロV1 2021試打&評価|アゲでも飛ばせる空力性能とかかりすぎる異次元のスピン【タイトリスト】

関連スピン系ゴルフボールおすすめ人気ランキング|抜群の飛距離とスピン性能

関連タイトリスト TSi3ドライバー試打評価レビュー|圧倒的初速で名器確定の最強ドライバー

 

関連記事