MENU
新製品情報

タイトリストSM8に新色「スレートブルー仕上げ」が登場!最安値ショップ情報も紹介

タイトリストSM8スレートブルーが発売

タイトリストの人気モデル「SM8ウェッジ」に新色のラインナップが追加されました。発売開始は2021年3月19日。すでに予約注文も可能となっています

今回新たに追加されたのは「Slate Blue(スレートブルー)仕上げ」。青みがかった独特な風合いのカラーなのですが、かなりカッコいい・・・これは最高だと思う

ただ、実はほんの少し前に個人的にSM8の56°を購入していたので、とても悔しい状況です(泣)

とはいえこればっかりはしょうがないところ。実際に使ってみても最高なウェッジなのでシンプルにおすすめできるクラブです。すでに3種類の仕上げが用意されていたので、今回のスレートブルーを含めると全部で4種類になります。選択肢の幅が増えて嬉しい限り

という事で、この記事ではSM8スレートブルー仕上げの特徴と、最安値で購入可能なショップの情報をまとめています

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

タイトリストSM8スレートブルー仕上げ

タイトリストSM8スレートブルー

仕上げが異なるだけで、SM8とヘッドは同じです

ボブボーケイ氏はSM8スレートブルー仕上げに関して以下のようなコメントをしています

「非常に多くの場合、ウェッジ仕上げは美しいことがありますが、長続きしません。同時に、最も耐久性のある仕上げは見事ではないことがよくあります。スレートブルーは2つを組み合わせたものです。ゴルファーは店でウェッジを見るとそれを気に入るだけでなく、フィニッシュは通常のプレーの過程で持続します。」

ボブ・ボーケイ

スレートブルー仕上げは従来のPVD仕上げ(物理蒸着)よりも時間とコストがかかるそうですが、その代わりに耐久性が向上し、長く美しい状態を保つことが可能になるとのこと

ウェッジは使用頻度も多く、摩耗しやすいので、耐久性が上がるに越したことはない。しかもカッコいい、とくれば最高でしょう

こちらがぼくが使用中のSM8。通常の仕上げです。これはこれでカッコいいけどスレートブルーのほうが断然好み

タイトリストSM8

小売価格は199ドル。発売は2021年3月19日となっています

関連タイトリスト「ボーケイSM8ウェッジ」特徴と特注カスタムウェッジについて紹介

タイトリストSM8スレートブルーの最安値ショップ情報

タイトリストSM8スレートブルーバックフェース

日本モデルは現段階で未発表(そのうち発売されそう)ですが、USモデルの方が金額的にはかなり安くなっているのでUSモデルを手に入れるのもありです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラRADSPEEDを購入しています

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

合わせて読みたい

関連タイトリストがTSi4とTSi1ドライバーを発売。特徴と最安値ショップ最新情報

関連タイトリストTSi2とTSi3ハイブリッドが登場|ツアーシーディングプロセスを開始

関連【2021】ウェッジおすすめランキング|アプローチを得意にする!激スピン&優しいウェッジ

関連ボーケイウェッジワークス、限定モデル「60Bグラインド」をラインナップに追加すると発表

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事